糖尿病コラム

今、韓国で感染拡大中の「MERS」ってどんな病気?

最近隣国の韓国で感染が広がっている「MERS」。2015年6月19日現在、韓国では感染者165人となり、23人が死亡していると報道されています。


◎韓国のMERS 新たに3人死亡 死者23人に
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150618/k10010118681000.html


この「MERS」という病気は一体どんな感染症なのでしょうか?


MERS(マーズ)=中東呼吸器症候群。現在のところ、日本での感染はない

MERS(マーズ)とは、Middle East Respiratory Syndromeの略で、中東呼吸器症候群のこと。「中東」と名前に付くように、アラビア半島のあたりの中東地域で2012年に発見された「MERSコロナウイルス」による比較的新しい感染症です。

主に、サウジアラビアやヨルダンなどの中東地域で感染者が多いですが、ヨーロッパ、アフリカ、アジアなど世界各国で感染者が確認されています。またすべての感染者は、中東地域への渡航歴がある、もしくは渡航歴がある人と接触したケースであるということも分かっています。ただ、感染経路については未だはっきりとは分かっていない状況。ヒトコブラクダが感染源のひとつと考えられていますが、人から人への感染の報告もあります。


また、隣国韓国での感染が広まっている状況がありますが、現在(2015年6月19日)のところ日本での感染者は確認されていません。
ちなみに、似た名前の感染症に「SERS(サーズ)=重症急性呼吸器症候群」があり、同じコロナウイルスの仲間ですが、2つは別の病気です。


<MERSの主な症状と治療法>

  • 発熱
  • せき
  • 息切れ
  • 重症な呼吸器症状
  • 下痢 など

治療には特効薬はなく、対症療法が主になります。また、現在のところ予防のためのワクチンもないため、渡航先がMERSの発生地域であれば細心の注意を払う必要があります。


高齢者、糖尿病・慢性肺疾患・免疫不全などの基礎疾患がある人は要注意!

どんな感染症にも言えますが、高齢者や糖尿病、慢性肺疾患などの基礎疾患を持つ方は、免疫力が低下しているため、特に注意が必要です。
万一感染してしまった場合にも、免疫力が低下した状態では症状が重症化しやすく、最悪の場合死に至る可能性もあります。


MERSの感染を防ぐには、渡航先での衛生管理を徹底

MERS発生地域に渡航する場合、渡航先では衛生管理を徹底しましょう。


  • 生肉を食べない、加熱が不十分、あるいは不衛生な環境で調理されたものを口にしない。果物や野菜などは清潔な水でよく洗う。
  • 動物(特にラクダ)との接触を避ける。
  • こまめに手洗いを行う。

帰国時は、発熱・咳などの症状がある場合は、必ず空港の検疫所へ。帰国後2週間以内に体調不良で病院にかかる場合には、MERS発生地域に渡航していた旨をきちんと伝えましょう。


糖尿病などを持つ方は、渡航前に医師に相談を

旅行などでMERS発生地域に渡航する場合、特に糖尿病や肺疾患などの基礎疾患を持っている方は、渡航前に医師に相談をするようにしてください。渡航先で注意すべき点などアドバイスを仰ぎ、それを守るようにしましょう。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

新着糖尿病レシピ

中華風豆乳鍋

198kcal

5.7g

1g

さつまいものごま団子

99.9kcal

1.5g

0.05g

その他の記事

男性糖尿病患者さんは高確率で経験。EDと糖尿病の関係は?

男性特有の病気であるED(勃起障害)は血糖コントロールと関係しており、男性の糖尿病患者さんは特にリスクが高いと考えられています。 NIDDK(米国国立糖尿病・消化器・腎疾患研究所)が行った調査で ...

乾燥シーズンの到来! 糖尿病と皮膚トラブルの関係は?

空気が乾燥する冬は、暖房器具などの影響も加わり皮膚が乾燥しやすいシーズンです。特に糖尿病患者さんの場合皮膚が乾燥しやすく、皮膚トラブルを起こしやすいので注意が必要だといえます。 今回は、糖尿病と ...

糖尿病が危険因子!? 糖尿病とすい臓がんの深い関係

日本人の死亡原因第1位であるがんは、糖尿病患者さんに限らず注意が必要な疾患です。なかでもすい臓がんは自覚症状が現れにくく、早期の発見が難しいがんだとされています。じつは、糖尿病患者さんはすい臓がんを発 ...

糖尿病はインフルエンザのリスクにも影響。予防接種で対策を

冬に流行をみせるインフルエンザは、誰にとっても注意しなければいけない症状です。特に、糖尿病患者さんの場合は、その症状のリスクが高いことが知られており、入念な予防が欠かせません。 ワクチンの予防接 ...

動脈硬化対策にウォーキング。継続するメリットとは?

糖尿病患者さんにとって、大きなリスクである動脈硬化。そのリスクを低減する生活習慣の一つがウォーキングをはじめとする有酸素運動です。   今回は、動脈硬化のリスクをおさらいしつつ、人間の脳や感覚、身 ...

命に関わるCKD。積極的なチェックで対策を

近年、CKD(慢性腎臓病)という疾病概念が新たに提唱され、この対策が急務の課題として位置づけられました。腎臓の病気が以前よりも深刻なものと考えられるようになった背景には、糖尿病の合併症である糖尿病性腎 ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP