糖尿病の症状

「HbA1c」と糖尿病の深い関係

毎年の健康診断結果でも見かける「HbA1c」という検査項目。一般的な「血糖値」や「コレステロール値」は気になっても、耳慣れない「HbA1c」は意外と見落としがちなのではないでしょうか。

しかし、「HbA1c」は「血糖値」を知る上でとても重要な検査なのです。今回はそんな「HbA1c」をわかりやすく解説していきます。


HbA1c検査ってどんなもの?

「HbA1c」は「ヘモグロビン・エーワンシー」と読み、血糖と深い関係を持っています。
まずは語句の意味を整理しておきましょう。


HbA1c

血液中の赤血球に含まれるヘモグロビン(Hb)にブドウ糖が結合(糖化)したもの

HbA1c検査

血中のヘモグロビンのうち何%がブドウ糖と結合(糖化)しているかを調べる検査

ヘモグロビン

赤血球内にあるたんぱく質のひとつ。血液が赤いのは主にヘモグロビンの赤い色素によるもの。体中の細胞に酸素を運搬する働きを持ち、赤血球中のヘモグロビンの量が減ると、身体の細胞に酸素不足が生じて貧血を引き起こす


ヘモグロビンは、一見血糖値とは全く関係のないように思えますが、血糖値の高い状態(血中にブドウ糖が多い状態)が続くと、ヘモグロビンと血中のブドウ糖が結合して「HbA1c」に変化し、赤血球の寿命(120日)が尽きるまでそのままの状態が続きます。
これにより、血糖値検査では検査時の血糖値しかわからないのに対して、HbA1c検査はおおよそ過去1~2か月前から検査時までの平均血糖値を知ることができるのです。
検査時に、血糖値は正常値でもHbA1c値が高い場合、過去1~2か月間は血糖のコントロールができていないということになります。

このように、血糖値だけでは糖尿病の病状を知るには不十分のため、HbA1c検査を併せて行うことが重要とされています。



HbA1c検査の仕方

HbA1c検査は採血によって行われます。
血糖値検査が空腹や満腹などの影響を受けるのに対し、HbA1c検査は、そういった影響を受けることなく、いつでも検査が可能です。

しかし、糖尿病の状態を知るにはHbA1c値だけでは判断できません。その他の検査として、空腹時血糖値、75gOGTT2時間値、随時血糖値などから総合的に判断され、診断や治療方針の決定、血糖コントロール目標値が決定されます。したがって、血糖検査では通常、HbA1c検査と血糖値検査を同時に行います。

参考:2016―2017糖尿病治療ガイド:日本糖尿病学会


HbA1c値が高くなるとどうなるの?

健康診断などでHbA1c値が高い結果が出た場合、少なくとも1か月以上にわたり血糖コントロールができていない状態であることがわかります。
血糖コントロールが正常に行われていない期間が長くなるほど、膵臓のβ細胞のインスリン分泌機能が低下したり、インスリンがうまく働かなくなり、その結果糖尿病を発症、悪化させる要因に繋がります。

HbA1c値が高くなることでもっとも気をつけたいのが合併症です。
高血糖状態が長く続くと小さく細い血管の血流が阻害されやすく、糖尿病の特徴的な症状である「糖尿病性細小血管障害」を引き起こします。
糖尿病性細小血管障害は、糖尿病の三大合併症である「糖尿病腎症」や「糖尿病神経障害」、「糖尿病網膜症」に深く関係し、なかでも目に異変が生じる糖尿病網膜症は、血糖コントロールができていない期間に比例してその症状が進行していくことが知られています。

また、血管の細い足先や手先などにある末梢血管の血行障害により、末梢の血行が悪くなると、しびれなどの神経障害が生じ「糖尿病神経障害」を引き起こす恐れもあります。
このような合併症を引き起こさないためにも、血糖のコントロール状況を知ることのできるHbA1c値は糖尿病治療において重要な検査となっているのです。

糖尿病患者さんのためのHbA1cのコントロール目標

検査時のHbA1cの値は、糖尿病の診断に用いる基準値だけでなく、糖尿病患者さん個々の病状に合わせたコントロール目標値の指標にもなります。コントロール目標値は3段階に分けて定められ、年齢、罹病期間、臓器障害、低血糖の危険性、サポート体制などを考慮して、主治医が個別に設定する仕組みとなっています。


基準値 コントロール目標値
血糖正常化を目指す際の目標 合併症予防のための目標 治療強化が困難な際の目標
HbA1c(%) 4.6~6.2 6.0未満 7.0未満 8.0未満

※成人に対する数値目標であるため、子供や妊婦には適応しません。


1) 血糖正常化を目指す際の目標 

適切な食事療法や運動療法だけで達成可能な場合、または薬物療法中でも低血糖などの副作用なく達成可能な場合の目標。


2) 合併症予防のための目標 
合併症予防の観点からHbA1cの目標値を7%未満とする。対応する血糖値としては、空腹時血糖値130mg/dL未満、食後2時間血糖値180mg/dL未満をおおよその目安とする。


3) 治療強化が困難な際の目標 
低血糖などの副作用、その他の理由で治療の強化が難しい場合の目標とする。


定期的なHbA1c検査と血糖値検査で糖尿病悪化を防ごう

HbA1cと血糖値をコントロールするには、まず定期的な受診と検査を欠かさず、今の自分の状態を知ることが重要なポイントです。
血糖値が抜き打ちテストなら、HbA1c検査はいわば過去1~2か月間の復習テストのようなもの。糖尿病の治療中であれば、ここ数か月、糖尿病と向き合ってきた成果を知ることができるため、これからの治療の励みにもなることでしょう。

HbA1c値が以前の検査よりも高くなっていたのならば、まずは日常生活を見直し、日々の血糖値を下げる努力が必要となります。
もし、「ここ数か月外食が多かった」、「忙しくて運動をする日が減っていた」など心当たりがある場合は、その問題をクリアし血糖値の上昇を抑えることがHbA1c値を下げる第一歩となるでしょう。
自分のHbA1c値をしっかりと把握して、糖尿病と上手に向き合っていきましょう。


参照・参考

熊本宣言2013 ―あなたとあなたの大切な人のために Keep your A1c below 7%―:日本糖尿病学会 The Japan Diabetes Society
HbA1c 表記見直しへの対応について:厚生労働省
病気がみえる vol.3: 糖尿病・代謝・内分泌:メディックメディア; 第4版 (2014/9/17) 医療情報科学研究所 (編集)

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

新着糖尿病レシピ

中華風豆乳鍋

198kcal

5.7g

1g

さつまいものごま団子

99.9kcal

1.5g

0.05g

その他の記事

身長が関係している!? 妊娠高血圧症候群とは

妊娠中の女性が注意すべき症状の一つに、「妊娠高血圧症候群」というものがあります。妊娠高血圧症候群は妊婦さんの20人に1人が発症し、高血圧や肥満体型のかた、さらには糖尿病患者さんに発症しやすい症状とされ ...

糖尿病患者さんが注意するべき「シックデイ」とは?

「シックデイ」という言葉をご存知でしょうか? この症状は、多くの糖尿病患者さんが経験しているにも関わらず、認知が十分に進んでいないことが、問題点の1つとなっています。 糖尿病に向き合いつつ ...

あなたは知っていますか? 隠れた糖尿病の発症リスク「異所性脂肪」とは?

「異所性脂肪」という言葉をご存知でしょうか? これは読んで字のごとく、お腹まわりなどの蓄積しやすい場所とは違う部分についてしまう脂肪のことです。 異所性脂肪の多い人は外見的には肥満に見えにくいと ...

ほてりが糖尿病のサイン!? 異変を見逃さずに早期発見

糖尿病患者さんの中には、突然顔のほてりが現れるといった症状がみられることがあります。 顔のほてりと糖尿病はあまり関係がないようにも思えますが、どうしてこのような症状が起こるのでしょうか? その理 ...

「最近、肌にかゆみが出るようになった」 糖尿病との関係は?

以前には感じなかったかゆみが出るようになったという人はいませんか? それはもしかしたら糖尿病のサインかもしれません。 今回は、糖尿病と肌のかゆみの関係性とともに、かゆみの予防法をご紹介しま ...

2型糖尿病は記憶力が低下する!? 血糖値が脳に与える影響

「記憶力」と「糖尿病」。一見関係性がなさそうですが、近年その意外な関係が注目されています。 今回は、「糖尿病」と「記憶力」についての研究と、記憶力低下を防ぐ方法をご説明します。 2型糖尿病 ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

Q&A

最新記事

PAGETOP