【医師監修】糖尿病患者さんは要注意。2つの急性合併症を紹介します

危険な合併症、糖尿病ケトアシドーシス

糖尿病ケトアシドーシスとは、インスリン分泌不足によって血糖値が十分に低下しないために生じる急性合併症です。

エネルギー源に血糖が使えないせいで体がエネルギー不足となり、代わりのエネルギー源として脂肪が分解されます。この時に血液中でケトン体という物質が増えるので、血液が酸性に傾く「アシドーシス」が起こり、脱水症状におちいります。血糖値も急激に上昇し、250mg/dl以上まで上がることもあります。

急にのどが渇くので、水を飲む量が増え、たくさんの尿が出ます。他にも全身がだるくなったり、お腹が痛くなったり、吐き気が生じることがあります。腹痛や吐き気を伴う段階になると、注意をしなければいけません。

命にも関わる症状なので、早く異常を察知して、すぐに治療を行うことが大切です。糖尿病ケトアシドーシスの治療は、入院による点滴やインスリン注射によって行われます。

1型糖尿病患者さんは、インスリン注射を打たなかったり、インスリンを正しく投与していないと、糖尿病ケトアシドーシスを起こしてしまいます。インスリン注射などを適切に行っていても、糖尿病以外の病気のせいで高血糖が起こり、同様の状況におちいってしまうケースがあります。

2型糖尿病患者さんでも、清涼飲料水を過剰に飲むと、多くの糖を摂取してしまい、ケトアシドーシスを起こします。この場合はソフトドリンクケトーシスと呼ばれます。

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖