糖尿病コラム

1日1g(小さじ1/4)のシナモンは糖尿病に効く!

シナモンは、コーヒーや紅茶などに使うシナモンシュガーや、アップルパイ、シナモンロールなどに使われる香り高いスパイスの一つです。


元々「シナモン」は熱帯に生育するクスノキ科の樹木の名前で、スパイスとしての「シナモン」もその樹皮から作られます。消化を促進する、血行を良くする、殺菌・解熱作用などによる風邪予防・改善などの効果が知られています。


シナモンは昔から糖尿病にも良いと言われていましたが、実際にアメリカの糖尿病学会や米国内科学会の学術誌で「血糖値、脂質値を抑制する」という論文が掲載されています。
(「Diabetes Care 2003」12月号 )(「Annals of Family Medicine」2013年9月/10月号)


1日わずか1gで血糖値、脂質値が低下

これは米Western University of Health SciencesのRobert W. Allen氏らによる、2型糖尿病の研究報告で、シナモンの摂取が及ぼす血糖値と脂質値への影響を調査した論文です。


論文によると、1日120 mg~6 gのシナモンを4~18週間摂取することで、血糖値と血中脂質値が有意に低下した、ということです。


糖尿病では、血糖値が下がりづらくなっていたり、合併症である脂質異常症(高脂血症)が起こりやすい状態にあります。
そのため、このシナモンの効果は糖尿病の改善、合併症の予防に期待ができるのです。


摂り過ぎには注意。1日1g、小さじ1/4程度を目安に

しかしいくら糖尿病に効果があるからと言って、シナモンを摂り過ぎるのは良くありません。
目安の量としては、1日1g、小さじ1/4程度。ごく少量で十分効果が期待できるということです。
ちなみに、シナモンのカロリーは1gで3kcalほどなので、シナモン自体のカロリーの心配はしなくても良いでしょう。


シナモンスティックとシナモンパウダー

シナモンは、主にスティック状のものとパウダー状のものが売られています。
シナモンスティックはコーヒーやカフェオレなどに浸して香り付けをして楽しみます。
カレーなどの煮込み料理に少し浸してもコクが出ておいしくなります。


また、そのまま振りかけて使えるパウダー状のものも便利。
シナモンパウダーと砂糖が一緒になったシナモンシュガーもあります。
そのままコーヒーに入れたり、バターを塗ったトーストに振りかけたり、焼きリンゴやバニラアイスに振りかけても香り豊かでアクセントのきいた上品な味わいになります。


普段の食事療法にプラスして、取り入れてみては

シナモンが血糖値や脂質値を下げる効果があって糖尿病に良いからと、普段の食事療法をおろそかにしてはいけません。
あくまで補助的な存在として、シナモンの香りや味わいを楽しみながら取り入れてみてはいかがでしょうか。


ただしシナモンは食欲をそそる効果もあるので、食べ過ぎには注意してくださいね。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

新着糖尿病レシピ

中華風豆乳鍋

198kcal

5.7g

1g

さつまいものごま団子

99.9kcal

1.5g

0.05g

その他の記事

男性糖尿病患者さんは高確率で経験。EDと糖尿病の関係は?

男性特有の病気であるED(勃起障害)は血糖コントロールと関係しており、男性の糖尿病患者さんは特にリスクが高いと考えられています。 NIDDK(米国国立糖尿病・消化器・腎疾患研究所)が行った調査で ...

乾燥シーズンの到来! 糖尿病と皮膚トラブルの関係は?

空気が乾燥する冬は、暖房器具などの影響も加わり皮膚が乾燥しやすいシーズンです。特に糖尿病患者さんの場合皮膚が乾燥しやすく、皮膚トラブルを起こしやすいので注意が必要だといえます。 今回は、糖尿病と ...

糖尿病が危険因子!? 糖尿病とすい臓がんの深い関係

日本人の死亡原因第1位であるがんは、糖尿病患者さんに限らず注意が必要な疾患です。なかでもすい臓がんは自覚症状が現れにくく、早期の発見が難しいがんだとされています。じつは、糖尿病患者さんはすい臓がんを発 ...

糖尿病はインフルエンザのリスクにも影響。予防接種で対策を

冬に流行をみせるインフルエンザは、誰にとっても注意しなければいけない症状です。特に、糖尿病患者さんの場合は、その症状のリスクが高いことが知られており、入念な予防が欠かせません。 ワクチンの予防接 ...

動脈硬化対策にウォーキング。継続するメリットとは?

糖尿病患者さんにとって、大きなリスクである動脈硬化。そのリスクを低減する生活習慣の一つがウォーキングをはじめとする有酸素運動です。   今回は、動脈硬化のリスクをおさらいしつつ、人間の脳や感覚、身 ...

命に関わるCKD。積極的なチェックで対策を

近年、CKD(慢性腎臓病)という疾病概念が新たに提唱され、この対策が急務の課題として位置づけられました。腎臓の病気が以前よりも深刻なものと考えられるようになった背景には、糖尿病の合併症である糖尿病性腎 ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP