糖尿病コラム

食後の眠気の原因は低血糖!?集中力を上げるランチの摂り方5箇条


これで解決!?食後の眠気を防ぐ低血糖にならないご飯の食べ方

明日から実践できる、食後の低血糖を防ぐためのご飯の食べ方をご紹介しましょう。

1. 炭水化物だけの食事はやめる

炭水化物だけの食事は吸収する栄養素のほとんどが糖質といえますので、血糖値を急激にあげてしまいます。
例えばこんな食事はしていませんか?思い当たる方は要注意です。

低血糖

ラーメン+ライス
菓子パン
カレーライス
コロッケ定食
うどんとおにぎり

これらの組み合わせは炭水化物と炭水化物の重ね食べになります。ついついやってしまいがちな組み合わせですが、血糖値の急上昇につながりますので、食物繊維の多い野菜などをプラスするようにしましょう。

例えばラーメンの場合にはライスはやめて餃子にする。またはわかめやネギ、ホウレンソウなどの野菜をトッピングするとよいでしょう。

菓子パンは炭水化物+糖質とかなり危険な組み合わせです。パンを食べたい場合はレタスサンドなどを取り入れましょう。

カレーライスやコロッケ定食も基本的にはほぼ炭水化物だけの組み合わせです。両方ともサラダなどを追加するとよいですね。

うどんとおにぎりもよくある組み合わせですが、うどんはわかめうどんにしたり、おにぎりは昆布を選ぶなど工夫しましょう。

参考:タニタ(http://www.tanita.co.jp/content/ucheck/pphg/pphg_info_1.html)

2. 白米・白いパンを玄米・ライ麦パン・玄米パンに変える

白米や白いパンはほとんど糖質ですがライ麦や玄米には食物繊維も含まれているので、血糖値をあげにくくします。
白いものより色のついたもの、と覚えるとよいでしょう。
次の表は血糖値を上げにくくする代表的な食品の例です。食事の際の参考にしてください。
低血糖
参考:興和株式会社

3. 糖分を控えるため、甘いデザートや缶コーヒー・清涼飲料水は控える

例えば缶コーヒー(小)場合はスティックシュガー6本分程度使用しているものもあり、清涼飲料水の中には15本分もの糖分が含まれているものもあります。

食後の缶コーヒーはカフェインの影響で一時的に目が覚めるかもしれませんが、しばらくすると低血糖状態に陥ることもありますので、注意が必要です。
低血糖
参考:保健指導における学習教材集

4. 食事はゆっくり30分以上かけて食べ、腹八分目を意識する

早食いですと必要以上にたくさん食べてしまいがちです。その結果、大量の炭水化物を食べることにつながり血糖値が急上昇してしまいます。
脳が満腹感を得られるまで15分以上かかるといわれていますので、ゆっくりとよく噛んで食べることで、少量でも満腹感を得られやすくなりますし、血糖値もあがりにくくなります。
参考:糖尿病ネット(http://www.tounyou.tank.jp/46.html)

5. 食べる順番を変える

最初に食物繊維が含まれた食材から食べると血糖値の上昇を緩やかにしますので、次の順番で食べるようにするとよいでしょう。

【食べる順番】
食物繊維が含まれる野菜など
↓  ↓
タンパク質が中心のメインのおかず
↓  ↓
炭水化物を含む主食(ご飯や麺類など)

低血糖
参考:健康サポート(http://kenkousupport.kyoukaikenpo.or.jp/support/01/20130405.html)

血糖値を意識した食事で低血糖を防ぐ

食後の眠気の原因である低血糖と予防方法をご紹介しました。
低血糖にならないためにも血糖値を意識して、血糖値を上げ過ぎない食事を心がけるようにしましょう。

また、低血糖状態が常に続く場合は「低血糖症」という病気の可能性もあります。低血糖症は通常の健康診断だけではわからないこともあります。低血糖の症状が続くな、多いなと不安になった方は一度病院で検査をしてみることをおすすめします。

1 2 3

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病クイズ 〜低血糖が気になるあなたに〜

問題

血糖値を下げる働きをもつのは「インスリン」、では、血糖値をあげる働きを持つホルモンは次のうちどれでしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

その他の記事

脳卒中予防に効果あり! アミノ酸「タウリン」のメリットとは?

全国の都道府県の中でも、香川県は脳卒中による死亡率が低い県だといわれています。その理由の1つとして、香川県民が昔から親しんでいる「タコ」が関係あるという説があります。タコには、アミノ酸の1種で ...

腎症を予防するウォーキングのポイントとは?

糖尿病の三大合併症である腎症の予防のポイントのひとつが、運動療法です。特に、ウォーキングをはじめとした有酸素運動は血糖値の上昇を抑制し、糖尿病腎症の予防の効果が期待できます。今回はその ...

血糖コントロールの悪化が皮膚病を招く。梅雨の注意点を紹介します

雨が多く、じめじめとする梅雨の時期には、多くの問題が発生しやすくなります。この時期に増殖するカビもその1つ。カビはさまざまな場所に繁殖するだけではなく、皮膚につくことで感染症を発症してしまう可 ...

足がつるのは糖尿病性神経障害のサイン? フットケアの重要性を紹介します

日常生活の中で、よく足がつってしまうことはないでしょうか。足がつるのは誰にも起こる現象ですが、糖尿病患者さんでその頻度が高い場合は、神経障害の可能性があります。糖尿病の合併症の1つであ ...

肥満防止だけじゃない! 注目の栄養成分「スルフォラファン」の効能とは?

ブロッコリーなどの野菜に含まれている「スルフォラファン」は、肥満防止やインスリン抵抗性の改善をはじめ、健康上のさまざまな効果があることで注目を集めている栄養成分です。 今回は、そんな「スルフォラファ ...

間食でも野菜の栄養を! 味よし、体によし、野菜を使ったヘルシーなおやつ

野菜の摂取は健康を維持するうえで大切ですが、実際に十分な量を食べ続けるのは難しいものです。そんなときは、おやつとして野菜を食べてみるのはいかがでしょうか。今回は、野菜を使ったヘルシーなおやつをご紹介し ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP