【医師監修】菌の持ち越し・増殖に注意!靴から考える秋の水虫ケア

ブーツをはくときの注意点は?

靴の中での「蒸れ」を防ぐには、通気性のよい靴を選ぶことが大切です。

ブーツをはく場合には、長時間はき続けない工夫や、湿った空気をこもらせないケアをすることで「蒸れ」を防ぐことができます。例えば長時間のデスクワークがある方はデスクに予備の靴(サンダルなど)をおいておき、可能な範囲ではきかえることで「蒸れ」を軽減できます。

また、同じブーツは続けてはかず、湿度の高い日にはいた時やブーツをはいた足が汗ばんでいると感じた時には、何日間か休ませてしっかり乾燥させてからはきましょう。インターバルをはさむことで、靴の寿命も長くなります。菌を残さないため、シーズンが過ぎたら1度靴を洗っておくことも大切です。

ブーツの中にはく靴下は指のないものより、5本指のものの方が「蒸れ」を防ぐのに適しています。汗を吸収し、指の間の水虫を予防するにも有効です。

参照・参考
熱中症とは
皮膚科Q&A|公益社団法人日本皮膚科学会
白癬(水虫・たむしなど) Q5 – 皮膚科Q&A(公益社団法人日本皮膚科学会)
あすなろ武川薬局だより 2012/07 夏に悪化しやすい水虫対策
白癬:診断と治療ガイドラインへの一つの提案
体部白癬(足白癬含む)
日本医科大学医学会雑誌第9巻第1号

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖