増えている逆流性食道炎。糖尿病との関係は?

食生活の欧米化や肥満、高齢者の増加によって、近年増えていると言われている「逆流性食道炎」。
今回は、この「逆流性食道炎」とは一体どんなものなのか、また糖尿病との関係についても見ていきましょう。

「逆流性食道炎」って?

最近よく耳にする「逆流性食道炎」ですが、簡単に言うと、胃の内容物が食道に逆流することによって起こります。胃には強い酸性の胃酸があり、胃酸も一緒に逆流することで、食堂粘膜が炎症を起こしてしまう病気です。健康な状態では、胃液や胃の内容物が逆流しないように、食道と胃の間にある筋肉(下部食道括約筋)や、食道のぜん動運動(食べ物を胃の方向へと運ぶ運動)が機能していますが、さまざまな原因によってその働きが鈍ってしまうことで「逆流性食道炎」が起こります。

<逆流性食道炎の原因例>

・食べ過ぎ
 常に食道の筋肉(下部食道括約筋)が緩んでいる状態となることや、胃が大きく引き伸ばされることで、胃液や内容物が逆流しやすい状態となる。
・脂肪・たんぱく質の摂り過ぎ
 脂肪を摂り過ぎることで十二指腸から分泌されるホルモンの働きによって食道の筋肉(下部食道括約筋)が緩み、胃液が逆流しやすくなる。
 また、たんぱく質は消化に時間がかかり、胃に食べ物が長く留まるため逆流しやすい。
・加齢
 食道にある筋肉(下部食道括約筋)や食道のぜん動運動の力が弱まってしまう。
・肥満
 日本人におけるデータがないため、断定はできませんが、内臓脂肪による腹圧の上昇が胃液の逆流を助長しやすいといわれています。

<逆流性食道炎の症状例>

  • 胸やけ
  • 呑酸(食後に横になったり、前屈した姿勢を取ると酸っぱい胃液が逆流する)
  • げっぷ、嘔吐
  • 咳、喉の違和感、声のかすれ
  • 胸の痛み
  • 咳・喘息          など

糖尿病の合併症「神経障害」との関わりが?糖尿病と逆流性食道炎の関係

糖尿病を患っている期間が長いほど体にはさまざまな合併症が現れますが、近年の研究では、糖尿病の三大合併症の一つ「神経障害」と逆流性食道炎との関係も指摘されています。
東京女子医科大学糖尿病センターによると、次のような説明がされています。

“糖尿病神経障害によって食道蠕動が低下するために、糖尿病患者さんに 逆流性食道炎 が発症しやすい可能性が示唆されています。また糖尿病では内臓肥満を伴いやすく、内臓脂肪により腹圧が上昇することによって食道裂孔ヘルニアが発症しやすくなります。このような原因からも糖尿病患者さんに 逆流性食道炎 の合併率が高いと考えられています。”

日本における糖尿病と逆流性食道炎の関係性についての研究は多くはないようですが、健康な人よりもリスクが高いと考えられているのです。

逆流性食道炎の改善法、予防法

逆流性食道炎は、普段の生活の中で次のようなことに気を付けることによって、症状を緩和したり、改善・予防することができます。また、肥満がある場合には、食事や運動によって解消に努めましょう。

  • 脂質、たんぱく質の摂り過ぎに注意する。糖尿病患者さんの場合は、その分の栄養が炭水化物に偏らないよう、医師や管理栄養士に相談を。
  • かんきつ類(みかん、レモンなど)、甘いお菓子などは胃酸の分泌を増やすので控えめに。
  • 食べ過ぎ・早食いに注意し、腹八分目に。
  • 食後すぐに横になることを避ける。夕食は就寝3時間前くらいまでに済ませて。
  • きついベルト、ガードル、和装の帯などで体を締め付けないように。
  • たばこやアルコールは逆流性食道炎の悪化につながるため、禁煙・禁酒を。

早めに治療を。症状がある場合は、医師にきちんと伝えて

糖尿病患者さんで定期的に病院に通っている方でも、軽い胸やけや呑酸などは、慣れてしまうと医師に症状を報告することを忘れてしまいがち。どんな症状にも言えますが、早い段階で治療することが大切です。
逆流性食道炎のことを知り、気になる症状が少しでもある場合には、きちんと医師に伝えて、必要であれば治療を受けるようにしましょう。

参照・参考
日本消化器病学会│食道で増えている病気―逆流性食道炎と食道癌―
アステラス製薬│逆流性食道炎
J-STAGE│糖尿病患者における胃食道逆流症の現況
東京女子医科大学 糖尿病センター│糖尿病の情報連携

注目記事

記事一覧
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖