食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

認知症に要注意! 糖尿病患者さんは認知症の併発リスクが高い!?

認知症の併発を防ぐには

では、糖尿病患者さんが認知症を予防するためには、どういったことに注意すればよいのでしょうか。実は、認知症を予防するための取り組みは、糖尿病の治療と共通する部分が少なくありません。

例えば、ウォーキングなどの有酸素運動は、糖尿病の運動療法と同様に、認知症の予防にとっても効果的だとされています。一般社団法人認知症予防協会では、毎日30分から1時間程度のウォーキング、もしくは週2から3日程度の有酸素運動を行うことを推奨しています。これは、運動することで筋肉が刺激されて血中の成長ホルモンが増加し、脳神経細胞の生存や成長に関わる神経系液性蛋白質の分泌を促す働きがあるため、認知症の予防につながるとされているためです。

また、血糖コントロールも認知症の発症を予防する上で重要なポイントです。糖尿病はもとより、認知症を予防するためにも、糖尿病の食事療法に取り組みましょう。認知症予防協会では、食事の最初に炭水化物を食べてしまうと血糖値が上昇しやすくなってしまうため、野菜から食べ始めることを推奨しています。

今回は、認知症と糖尿病の関係についての情報をご紹介しました。糖尿病患者さんは認知症を発症しやすい一方で、糖尿病の食事療法や運動療法にしっかりと取り組むことで、認知症の予防にもつながります。糖尿病はもとより、認知症を予防するためにも、食封緘や運動習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

参照・参考
厚生労働省│認知症
厚生労働省│認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)の概要
厚生労働科学研究成果データベース│日本における認知症の高齢者人口の将来推計に関する研究(概要版)
一般社団法人認知症予防協会│認知症を予防しよう

1 2 3

糖尿病の放置はNG! 気をつけたい6大合併症とは?
糖尿病の放置はNG! 気をつけたい6大合併症とは?

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖
×BannerBanner