糖尿病コラム

視力の低下を引き起こす「糖尿病黄斑症」と糖尿病の関係は?


大切なのは早期の発見と早期治療

糖尿病黄斑症の改善に適切とされる治療は、段階によって異なります。

視力の低下の度合いが比較的低い「局所性浮腫」であれば、血液が漏れている箇所をレーザー光凝固術で凝固することにより、視力が回復する場合があります。

また、黄斑部の毛細血管が障害されることで黄斑部や黄斑部の周りに血液中の成分があふれだした結果、浮腫がくまなく広がっているものが「びまん性浮腫」です。この「びまん性浮腫」の場合には、局所凝固を行うと共に浮腫が生じている範囲全体に光凝固を行うか、硝子体手術を行うことによって、視力の回復が期待できます。

ただし、びまん性浮腫が進行した嚢胞様黄斑浮腫を発症してしまうと、光凝固を行っても視力障害が残ってしまいます。

ただし、これらの治療方法は、あくまでも補助的な役割であり、糖尿病黄斑症を完治させるためには、早い段階での症状の発見と治療が欠かせないのです。そのためにも、自覚症状があらわれる前から定期的な検査を受けることが大切です。

糖尿病が進行することによって、身体にはさまざまな影響が生じてしまいます。ここで紹介した糖尿病黄斑症も、眼に生じる重大なリスクの1つであり、注意しなければいけません。

そのためには、定期的な健診はもちろんのこと、糖尿病の進行を抑えるために日ごろの生活習慣に気を付けることも重要です。糖尿病患者さんは、糖尿病黄斑症も含めたあらゆるリスクが生じることを念頭においた上で、生活習慣の改善を心がけてください。

参照・参考
糖尿病黄斑浮腫ドットコム│糖尿病黄斑浮腫とは?
日本眼科学会│糖尿病網膜症

1 2 3

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

新着糖尿病レシピ

中華風豆乳鍋

198kcal

5.7g

1g

さつまいものごま団子

99.9kcal

1.5g

0.05g

その他の記事

男性糖尿病患者さんは高確率で経験。EDと糖尿病の関係は?

男性特有の病気であるED(勃起障害)は血糖コントロールと関係しており、男性の糖尿病患者さんは特にリスクが高いと考えられています。 NIDDK(米国国立糖尿病・消化器・腎疾患研究所)が行った調査で ...

乾燥シーズンの到来! 糖尿病と皮膚トラブルの関係は?

空気が乾燥する冬は、暖房器具などの影響も加わり皮膚が乾燥しやすいシーズンです。特に糖尿病患者さんの場合皮膚が乾燥しやすく、皮膚トラブルを起こしやすいので注意が必要だといえます。 今回は、糖尿病と ...

糖尿病が危険因子!? 糖尿病とすい臓がんの深い関係

日本人の死亡原因第1位であるがんは、糖尿病患者さんに限らず注意が必要な疾患です。なかでもすい臓がんは自覚症状が現れにくく、早期の発見が難しいがんだとされています。じつは、糖尿病患者さんはすい臓がんを発 ...

糖尿病はインフルエンザのリスクにも影響。予防接種で対策を

冬に流行をみせるインフルエンザは、誰にとっても注意しなければいけない症状です。特に、糖尿病患者さんの場合は、その症状のリスクが高いことが知られており、入念な予防が欠かせません。 ワクチンの予防接 ...

動脈硬化対策にウォーキング。継続するメリットとは?

糖尿病患者さんにとって、大きなリスクである動脈硬化。そのリスクを低減する生活習慣の一つがウォーキングをはじめとする有酸素運動です。   今回は、動脈硬化のリスクをおさらいしつつ、人間の脳や感覚、身 ...

命に関わるCKD。積極的なチェックで対策を

近年、CKD(慢性腎臓病)という疾病概念が新たに提唱され、この対策が急務の課題として位置づけられました。腎臓の病気が以前よりも深刻なものと考えられるようになった背景には、糖尿病の合併症である糖尿病性腎 ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP