糖尿病コラム

視力の低下を引き起こす「糖尿病黄斑症」と糖尿病の関係は?


大切なのは早期の発見と早期治療

糖尿病黄斑症の改善に適切とされる治療は、段階によって異なります。

視力の低下の度合いが比較的低い「局所性浮腫」であれば、血液が漏れている箇所をレーザー光凝固術で凝固することにより、視力が回復する場合があります。

また、浮腫がくまなく広がっている「びまん性浮腫」の場合には、局所凝固を行うと共に浮腫が生じている範囲全体に光凝固を行うか、硝子体手術を行うことによって、視力の回復が期待できます。

ただし、びまん性浮腫が進行した嚢胞様黄斑浮腫を発症してしまうと、光凝固を行っても視力障害が残ってしまいます。

他の治療手段としては、薬物療法や網膜細胞に大量の酸素を送り込んで活性化させる高気圧酸素両方と呼ばれる方法が存在しています。

ただし、これらの治療方法は、あくまでも補助的な役割であり、糖尿病黄斑症を完治させるためには、早い段階での症状の発見と治療が欠かせないのです。そのためにも、自覚症状があらわれる前から定期的な検査を受けることが大切です。

糖尿病が進行することによって、身体にはさまざまな影響が生じてしまいます。ここで紹介した糖尿病黄斑症も、眼に生じる重大なリスクの1つであり、注意しなければいけません。

そのためには、定期的な健診はもちろんのこと、糖尿病の進行を抑えるために日ごろの生活習慣に気を付けることも重要です。糖尿病患者さんは、糖尿病黄斑症も含めたあらゆるリスクが生じることを念頭においた上で、生活習慣の改善を心がけてください。

参照・参考
糖尿病黄斑浮腫ドットコム│糖尿病黄斑浮腫について
糖尿病黄斑浮腫ドットコム│眼科検診の大切さ
糖尿病ネットワーク│糖尿病による失明・網膜症
糖尿病ネットワーク│糖尿病黄斑症

1 2 3

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

その他の記事

植物性食品を摂取しよう! 糖尿病予防につなげるポイントとは

野菜やフルーツ、さらには全粒穀物など、植物性の食品は健康に良いというイメージをお持ちの方も多いことでしょう。近年の研究では、これらの植物性食品を積極的に食事に取り入れることが糖尿病の予防につながると指 ...

失業中の人・再就職したばかりの人は、脳卒中に要注意

就業状況の変化が脳卒中の発症リスクに影響する可能性が高いことが、研究によって示されました。 その理由の1つには、無職になったことや再就職したことによる、心理的なストレスが関わっていると考えられて ...

食物繊維は第6の栄養素!? 食物繊維が豊富な食べ物は?

自然なお通じのために摂るイメージがある食物繊維ですが、実は健康にうれしいさまざまな効果があるといわれています。 しかし、どうしても現代の日本人の食生活では不足しがちなのも事実です。 195 ...

夏から秋が旬!  実はすごいぶどうの効能

夏から秋にかけて出回るフルーツの代表例であるぶどう。スーパーなどで幅広く販売されていますが、実はぶどうには高い栄養価と効能があることをご存知ですか? 今回はそんなぶどうの栄養価と効能について、ま ...

栄養満点! 夏野菜のめぐみをおやつでも取り入れよう!

旬の野菜は、その季節の変化に対応するための栄養素が含まれていいます。つまり、夏に旬を迎える野菜には、夏に負けないための栄養が詰まっているのです。そこで今回は、夏野菜の栄養価と、おやつとして夏野菜を食べ ...

おやつにも米ぬか、玄米のビタミンパワーで夏バテ防止!

夏の悩みのひとつ、夏バテの対策におすすめなのが、米ぬかや玄米などの全粒穀物です。今回は、全粒穀物の夏バテ防止効果と、全粒穀物を使ったおやつを紹介します。 全粒穀物の夏バテ防止効果 夏バテは、暑 ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP