糖尿病コラム

視力の低下を引き起こす「糖尿病黄斑症」と糖尿病の関係は?


大切なのは早期の発見と早期治療

糖尿病黄斑症の改善に適切とされる治療は、段階によって異なります。

視力の低下の度合いが比較的低い「局所性浮腫」であれば、血液が漏れている箇所をレーザー光凝固術で凝固することにより、視力が回復する場合があります。

また、浮腫がくまなく広がっている「びまん性浮腫」の場合には、局所凝固を行うと共に浮腫が生じている範囲全体に光凝固を行うか、硝子体手術を行うことによって、視力の回復が期待できます。

ただし、びまん性浮腫が進行した嚢胞様黄斑浮腫を発症してしまうと、光凝固を行っても視力障害が残ってしまいます。

他の治療手段としては、薬物療法や網膜細胞に大量の酸素を送り込んで活性化させる高気圧酸素両方と呼ばれる方法が存在しています。

ただし、これらの治療方法は、あくまでも補助的な役割であり、糖尿病黄斑症を完治させるためには、早い段階での症状の発見と治療が欠かせないのです。そのためにも、自覚症状があらわれる前から定期的な検査を受けることが大切です。

糖尿病が進行することによって、身体にはさまざまな影響が生じてしまいます。ここで紹介した糖尿病黄斑症も、眼に生じる重大なリスクの1つであり、注意しなければいけません。

そのためには、定期的な健診はもちろんのこと、糖尿病の進行を抑えるために日ごろの生活習慣に気を付けることも重要です。糖尿病患者さんは、糖尿病黄斑症も含めたあらゆるリスクが生じることを念頭においた上で、生活習慣の改善を心がけてください。

参照・参考
糖尿病黄斑浮腫ドットコム│糖尿病黄斑浮腫について
糖尿病黄斑浮腫ドットコム│眼科検診の大切さ
糖尿病ネットワーク│糖尿病による失明・網膜症
糖尿病ネットワーク│糖尿病黄斑症

1 2 3

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

その他の記事

糖尿病患者さんが発症しやすい「関節リウマチ」について

リウマチというと、高齢の方に多いイメージをもつ方も多いかもしれません。けれども、リウマチ性疾患の1つである関節リウマチは、40代前後に発病する可能性が高く、年齢だけで安心できるものではありませ ...

ヨーグルトを食べてインフルエンザ対策! ヨーグルトのインフルエンザ予防効果とは

空気が乾燥し、寒くなる冬の時期。風邪はもちろんですが、インフルエンザの流行シーズンでもあります。そこで今回は、日頃から心がけたいインフルエンザの予防法とともに、インフルエンザの予防を助ける食品として注 ...

冷え対策にウォーキング! 寒い季節の注意点とは?

冬本番を迎え、寒さが厳しい季節になってきました。みなさんは体の冷えに悩まされていませんか? 筋肉量を増やすことは、冷え対策としても有効です。 今回は寒い季節に体を温める方法を、ウォーキングなどの運 ...

トランス脂肪酸の摂りすぎには要注意! いますぐ食事内容を見直そう

「トランス脂肪酸が身体に有害」という話を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?実際に、トランス脂肪酸を規制する風潮は世界的にも広がりつつあります。今回は、トランス脂肪酸がどのよ ...

食べたいけどカロリーが気になる… カロリー控えめのおやつは?

スーパーマーケットやコンビニに並んでいるおやつを見ると、つい手が伸びてしまうことがあると思います。ですが、おやつはカロリーが気になるという方も少なくないのではないでしょうか?そこで今回 ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP