糖尿病コラム

視力の低下を引き起こす「糖尿病黄斑症」と糖尿病の関係は?


重大な目のリスク「糖尿病黄斑症」とは?

黄斑とは、網膜の中央にある黄褐色の部分の名称です。視細胞には、光の明暗を感じ取る「杆体細胞(かんたいさいぼう)」と、明るいところで細かいものを区別する「錐体細胞(すいたいさいぼう)」の2種がありますが、黄斑にはそのうちの錐体細胞が密集しています。そのため、黄斑は視力を維持する上で非常に重要な部分なのです。

黄斑症とは、この黄斑が何らかのダメージを受けることによって、網膜の他の部分に問題がなくても視力の低下が起こることを指します。その中でも糖尿病が原因となって引き起こされた症状は「糖尿病黄斑症」と呼ばれ、その他の黄斑症とは区別されています。

さらに、糖尿病患者さんの場合は、「黄斑浮腫」にも注意が必要です。
糖尿病にともなう血流の悪化の影響が網膜の血管に及ぶと、血管から血液中の成分が漏れ出すなどの理由から、むくみや腫れといった浮腫を引き起こします。

黄斑以外の部分に生じた浮腫であれば、自覚症状が生じることはありません。しかし、黄斑浮腫が生じた場合には、ものが歪んで見える「変視症」や、かすんで見える「かすみ目」、明暗や色の濃淡が曖昧なものが見えにくくなるコントラスト感度の低下といったさまざまな現象を引き起こします。

黄斑浮腫が生じる他の理由としては、高血糖状態が続くことによって「網膜色素上皮」という網膜内に不要な成分が入り込むのを防ぐ層がうまく機能しなくなるために生じるケースや、高血糖にともなうタンパクの硬化によって硝子体が収縮し、黄斑付近の網膜が引っ張られて黄斑に浮腫があらわれるケースがあげられます。

黄斑症は失明に至ることはない症状とされていますが、視力が低下すれば日常生活に支障が生じてしまいます。できるだけ予防し、症状が進むのを食い止めなくてはならないでしょう。

1 2 3

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

その他の記事

糖尿病患者さんが発症しやすい「関節リウマチ」について

リウマチというと、高齢の方に多いイメージをもつ方も多いかもしれません。けれども、リウマチ性疾患の1つである関節リウマチは、40代前後に発病する可能性が高く、年齢だけで安心できるものではありませ ...

ヨーグルトを食べてインフルエンザ対策! ヨーグルトのインフルエンザ予防効果とは

空気が乾燥し、寒くなる冬の時期。風邪はもちろんですが、インフルエンザの流行シーズンでもあります。そこで今回は、日頃から心がけたいインフルエンザの予防法とともに、インフルエンザの予防を助ける食品として注 ...

冷え対策にウォーキング! 寒い季節の注意点とは?

冬本番を迎え、寒さが厳しい季節になってきました。みなさんは体の冷えに悩まされていませんか? 筋肉量を増やすことは、冷え対策としても有効です。 今回は寒い季節に体を温める方法を、ウォーキングなどの運 ...

トランス脂肪酸の摂りすぎには要注意! いますぐ食事内容を見直そう

「トランス脂肪酸が身体に有害」という話を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?実際に、トランス脂肪酸を規制する風潮は世界的にも広がりつつあります。今回は、トランス脂肪酸がどのよ ...

食べたいけどカロリーが気になる… カロリー控えめのおやつは?

スーパーマーケットやコンビニに並んでいるおやつを見ると、つい手が伸びてしまうことがあると思います。ですが、おやつはカロリーが気になるという方も少なくないのではないでしょうか?そこで今回 ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP