糖尿病コラム

視力の低下を引き起こす「糖尿病黄斑症」と糖尿病の関係は?


重大な目のリスク「糖尿病黄斑症」とは?

黄斑とは、網膜の中央にある黄褐色の部分の名称です。視細胞には、光の明暗を感じ取る「杆体細胞(かんたいさいぼう)」と、明るいところで細かいものを区別する「錐体細胞(すいたいさいぼう)」の2種がありますが、黄斑にはそのうちの錐体細胞が密集しています。そのため、黄斑は視力を維持する上で非常に重要な部分なのです。

黄斑症とは、この黄斑が何らかのダメージを受けることによって、網膜の他の部分に問題がなくても視力の低下が起こることを指します。その中でも糖尿病が原因となって引き起こされた症状は「糖尿病黄斑症」と呼ばれ、その他の黄斑症とは区別されています。

さらに、糖尿病患者さんの場合は、「黄斑浮腫」にも注意が必要です。
糖尿病にともなう血流の悪化の影響が網膜の血管に及ぶと、血管から血液中の成分が漏れ出すなどの理由から、むくみや腫れといった浮腫を引き起こします。

黄斑以外の部分に生じた浮腫であれば、自覚症状が生じることはありません。しかし、黄斑浮腫が生じた場合には、ものが歪んで見える「変視症」や、かすんで見える「かすみ目」、明暗や色の濃淡が曖昧なものが見えにくくなるコントラスト感度の低下といったさまざまな現象を引き起こします。

黄斑浮腫が生じる他の理由としては、高血糖状態が続くことによって「網膜色素上皮」という網膜内に不要な成分が入り込むのを防ぐ層がうまく機能しなくなるために生じるケースや、高血糖にともなうタンパクの硬化によって硝子体が収縮し、黄斑付近の網膜が引っ張られて黄斑に浮腫があらわれるケースがあげられます。

黄斑症は失明に至ることはない症状とされていますが、視力が低下すれば日常生活に支障が生じてしまいます。できるだけ予防し、症状が進むのを食い止めなくてはならないでしょう。

1 2 3

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

その他の記事

脳卒中予防に効果あり! アミノ酸「タウリン」のメリットとは?

全国の都道府県の中でも、香川県は脳卒中による死亡率が低い県だといわれています。その理由の1つとして、香川県民が昔から親しんでいる「タコ」が関係あるという説があります。タコには、アミノ酸の1種で ...

腎症を予防するウォーキングのポイントとは?

糖尿病の三大合併症である腎症の予防のポイントのひとつが、運動療法です。特に、ウォーキングをはじめとした有酸素運動は血糖値の上昇を抑制し、糖尿病腎症の予防の効果が期待できます。今回はその ...

血糖コントロールの悪化が皮膚病を招く。梅雨の注意点を紹介します

雨が多く、じめじめとする梅雨の時期には、多くの問題が発生しやすくなります。この時期に増殖するカビもその1つ。カビはさまざまな場所に繁殖するだけではなく、皮膚につくことで感染症を発症してしまう可 ...

足がつるのは糖尿病性神経障害のサイン? フットケアの重要性を紹介します

日常生活の中で、よく足がつってしまうことはないでしょうか。足がつるのは誰にも起こる現象ですが、糖尿病患者さんでその頻度が高い場合は、神経障害の可能性があります。糖尿病の合併症の1つであ ...

肥満防止だけじゃない! 注目の栄養成分「スルフォラファン」の効能とは?

ブロッコリーなどの野菜に含まれている「スルフォラファン」は、肥満防止やインスリン抵抗性の改善をはじめ、健康上のさまざまな効果があることで注目を集めている栄養成分です。 今回は、そんな「スルフォラファ ...

間食でも野菜の栄養を! 味よし、体によし、野菜を使ったヘルシーなおやつ

野菜の摂取は健康を維持するうえで大切ですが、実際に十分な量を食べ続けるのは難しいものです。そんなときは、おやつとして野菜を食べてみるのはいかがでしょうか。今回は、野菜を使ったヘルシーなおやつをご紹介し ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP