糖尿病コラム

視力の低下を引き起こす「糖尿病黄斑症」と糖尿病の関係は?


重大な目のリスク「糖尿病黄斑症」とは?

黄斑とは、網膜の中央にある黄褐色の部分の名称です。視細胞には、光の明暗を感じ取る「杆体細胞(かんたいさいぼう)」と、明るいところで細かいものを区別する「錐体細胞(すいたいさいぼう)」の2種がありますが、黄斑にはそのうちの錐体細胞が密集しています。そのため、黄斑は視力を維持する上で非常に重要な部分なのです。

黄斑症とは、この黄斑が何らかのダメージを受けることによって、網膜の他の部分に問題がなくても視力の低下が起こることを指します。その中でも糖尿病が原因となって引き起こされた症状は「糖尿病黄斑症」と呼ばれ、その他の黄斑症とは区別されています。

さらに、糖尿病患者さんの場合は、「黄斑浮腫」にも注意が必要です。
糖尿病にともなう血流の悪化の影響が網膜の血管に及ぶと、血管から血液中の成分が漏れ出すなどの理由から、むくみや腫れといった浮腫を引き起こします。

黄斑以外の部分に生じた浮腫であれば、自覚症状が生じることはありません。しかし、黄斑浮腫が生じた場合には、ものが歪んで見える「変視症」や、かすんで見える「かすみ目」、明暗や色の濃淡が曖昧なものが見えにくくなるコントラスト感度の低下といったさまざまな現象を引き起こします。

黄斑浮腫が生じる他の理由としては、高血糖状態が続くことによって「網膜色素上皮」という網膜内に不要な成分が入り込むのを防ぐ層がうまく機能しなくなるために生じるケースや、高血糖にともなうタンパクの硬化によって硝子体が収縮し、黄斑付近の網膜が引っ張られて黄斑に浮腫があらわれるケースがあげられます。

黄斑症は失明に至ることはない症状とされていますが、視力が低下すれば日常生活に支障が生じてしまいます。できるだけ予防し、症状が進むのを食い止めなくてはならないでしょう。

1 2 3

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

その他の記事

子供の健康にも影響。妊娠糖尿病の注意点とは?

妊娠中に発症、もしくは妊娠中に見つかった高血糖のことを、「妊娠糖尿病」と呼びます。 妊娠糖尿病は母体への影響のみならず、胎児への影響も無視することができません。 こちらの記事では、妊娠糖尿 ...

揚げ物の注意点を理解して、肥満を予防しましょう

カロリーや脂質が多く含まれる揚げ物は、糖尿病患者さんならずとも食べ過ぎに注意しなければいけない食品の1つです。 しかし、「揚げ物はどれだけ高カロリーなのか」「揚げ物に多く含まれている脂質の種類は ...

今から対策! 季節性うつのリスクとは?

秋から冬にうつる時期は、『季節性うつ』と呼ばれるうつ病を発症する人が多くなります。うつ病と糖尿病は相互に関係していて、うつ病患者さんは糖尿病の発症に、逆に糖尿病患者さんはうつ病の発症に、それぞれ気をつ ...

リバウンドは心血管疾患の発症リスク。ダイエットの注意点とは?

肥満や過体重は、2型糖尿病、脂質異常症、高血圧などの発症リスクを高めます。こうしたリスクを回避するために、肥満や過体重に悩んでいる人は、適正な体重コントロールをすることが重要です。しかし、ダイエットで ...

どうしても食べたい時に! 糖質控えめインスタントラーメン!

時にはどうしても食べたくなってしまうインスタントラーメンですが、糖質が気になる食品のひとつ。でも、我慢しすぎてストレスになっては元も子もありません。そこで今回は、どうしても食べたい時に頼りになる、糖質 ...

どうしても気になるコンビニスイーツ。食べるなら低糖質のものを!

毎週のように新作が登場するコンビニスイーツ。仕事の帰りにふらりと立ち寄り、ついついスイーツコーナーに手が伸びる……という人も多いかもしれません。そこで今回は、コンビニスイーツの上手なつきあい方を紹介い ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP