視力の低下を引き起こす「糖尿病黄斑症」と糖尿病の関係は?

重大な目のリスク「糖尿病黄斑症」とは?

黄斑とは、網膜の中央にあり視力に特に関わる重要な細胞が集中している部分の名称です。黄斑では、光によって得られる情報のほとんどである、ものの形、大きさ、色、奥行きなどを識別しています。そのため、黄斑は視力を維持する上で非常に重要な部分なのです。

黄斑症とは、この黄斑が何らかのダメージを受けることによって、網膜の他の部分に問題がなくても視力の低下が起こることを指します。その中でも糖尿病が原因となって引き起こされた症状は「糖尿病黄斑症」と呼ばれ、その他の黄斑症とは区別されています。

さらに、糖尿病患者さんの場合は、「黄斑浮腫」にも注意が必要です。
糖尿病にともなう血流の悪化の影響が網膜の血管に及ぶと、血管から血液中の成分が漏れ出すなどの理由から、むくみや腫れといった浮腫を引き起こします。

黄斑浮腫が生じた場合には、ものが歪んで見える「変視症」や、かすんで見える「かすみ目」、明暗や色の濃淡が曖昧なものが見えにくくなる「コントラスト感度の低下」といったさまざまな自覚症状があらわれます

黄斑浮腫が生じる他の理由としては、高血糖状態が続くことによって血管から血液中の成分があふれ出すケース、網膜内に不要な成分が入り込むのを防ぐ層がうまく機能しなくなるために生じるケースや、硝子体が収縮し、黄斑付近の網膜が引っ張られて黄斑に浮腫があらわれるケースがあげられます。

黄斑症は失明に至ることはない症状とされていますが、視力が低下すれば日常生活に支障が生じてしまいます。できるだけ予防し、症状が進むのを食い止めなくてはならないでしょう。

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖