糖尿病コラム

血糖値の「正常値」って知ってる?自分の血糖値を知ろう

今や「国民病」とも言われる糖尿病。糖尿病は、血糖値を下げるインスリンの分泌が減ったり、効きが悪くなったりして血糖値が高い状態が続き、全身の血管や神経に障害が出る病気です。

主な健康診断では「血糖値検査」もありますが、「血糖値の正常値」をご存じでしょうか?


血糖値が高くても自覚症状はほとんどない。定期的な検査が肝要

「血糖値が高い」という状態は、通常私たちの体に自覚症状はほとんどありません。
普段、私たちは体に異常がないと病院に行ったり、生活習慣を見直したりすることがなかなかできないものですが、知らぬ間に高血糖状態が続き、糖尿病を起こしているといった可能性もあります。
初期の自覚症状に乏しい糖尿病を早いタイミングで見つけるのは、定期的な血糖値の検査が肝要となります。


今すぐ健康診断結果をチェック!一般的な血糖値の検査と基準値(正常値)は?

血糖値は常に変動しているものなので、1回の血糖値検査で異常値だったとしてもすぐに「糖尿病」と診断されるというわけではありません。
また、「要再検査」でなかったとしても、血糖値や中性脂肪値が高めという場合には、将来糖尿病にかかるリスクが高いため、早めに生活習慣を見直すことが大切です。


定期的に行われる健康診断結果が手元にとってある場合は、今すぐチェックしてみましょう。
検査項目には、糖尿病の「血糖」という項目があると思います。
これは「空腹時血糖値」と呼ばれるもので、9時間以上絶食した状態で行われる検査の値です。


◎空腹時血糖値の基準値(正常値)
→60~109mg/dl


この基準値を超えると要再検査となり、再検査では、「空腹時血糖値」に加えて、「経口ブドウ糖負荷試験」も行われます。
この検査は、75gのブドウ糖を水に溶かして飲み、30分/1時間後/2時間後(検査の間隔は医師の指示に従ってください)の血糖値を調べる検査です。


◎経口ブドウ糖負荷試験2時間後の血糖値の基準値(正常値)
→140mg/dl未満


再検査において、これら2つの検査が上記の基準値内であれば「正常型」=「糖尿病ではない」と診断されます。


血糖値における糖尿病の判定

反対に、基準値をオーバーして、以下の数値に1つでも当てはまると「糖尿病型」つまり糖尿病であると診断されます。
「正常型」と「糖尿病型」の中間の数値の場合には、「境界型」といって、いわゆる「糖尿病予備軍」となり、早めに生活習慣の見直しを行っていく必要があります。


1.空腹時血糖値・・・126mg/dL以上
2.随時血糖値・・・200mg/dL以上
3.経口ブドウ糖負荷試験の2時間値・・・200mg/dL以上
※随時血糖値…食事の時間に関係なく測定した血糖値

定期的な検査を。また検査結果は大切に保管しておこう

冒頭にも書きましたが、血糖値が高いことによる自覚症状はほとんどありません。
必ず年に一度はきちんと検査を受けるようにし、基準値を理解するようにしましょう。

また、毎年の検査結果は保管しておくことをおすすめします。
正常の範囲内でも、昨年に比べて数値が悪化しているようであれば、早めの対策をとるようにしていけると良いですね。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

新着糖尿病レシピ

中華風豆乳鍋

198kcal

5.7g

1g

さつまいものごま団子

99.9kcal

1.5g

0.05g

その他の記事

男性糖尿病患者さんは高確率で経験。EDと糖尿病の関係は?

男性特有の病気であるED(勃起障害)は血糖コントロールと関係しており、男性の糖尿病患者さんは特にリスクが高いと考えられています。 NIDDK(米国国立糖尿病・消化器・腎疾患研究所)が行った調査で ...

乾燥シーズンの到来! 糖尿病と皮膚トラブルの関係は?

空気が乾燥する冬は、暖房器具などの影響も加わり皮膚が乾燥しやすいシーズンです。特に糖尿病患者さんの場合皮膚が乾燥しやすく、皮膚トラブルを起こしやすいので注意が必要だといえます。 今回は、糖尿病と ...

糖尿病が危険因子!? 糖尿病とすい臓がんの深い関係

日本人の死亡原因第1位であるがんは、糖尿病患者さんに限らず注意が必要な疾患です。なかでもすい臓がんは自覚症状が現れにくく、早期の発見が難しいがんだとされています。じつは、糖尿病患者さんはすい臓がんを発 ...

糖尿病はインフルエンザのリスクにも影響。予防接種で対策を

冬に流行をみせるインフルエンザは、誰にとっても注意しなければいけない症状です。特に、糖尿病患者さんの場合は、その症状のリスクが高いことが知られており、入念な予防が欠かせません。 ワクチンの予防接 ...

動脈硬化対策にウォーキング。継続するメリットとは?

糖尿病患者さんにとって、大きなリスクである動脈硬化。そのリスクを低減する生活習慣の一つがウォーキングをはじめとする有酸素運動です。   今回は、動脈硬化のリスクをおさらいしつつ、人間の脳や感覚、身 ...

命に関わるCKD。積極的なチェックで対策を

近年、CKD(慢性腎臓病)という疾病概念が新たに提唱され、この対策が急務の課題として位置づけられました。腎臓の病気が以前よりも深刻なものと考えられるようになった背景には、糖尿病の合併症である糖尿病性腎 ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

セルフチェック

最新記事

PAGETOP