【医師監修】血糖値が高いと外科手術ができない?

高血糖と手術のリスク

・感染症の危険が高まる
糖尿病にり患すると白血球の機能が低下し、体の免疫力が衰えて感染症にかかりやすくなります。このため、手術後に合併症としての感染症を生じる可能性が高いのです。術後の経過には慎重にならなければなりません。

・傷の治りが遅くなる
高血糖状態が続くと免疫力が低下したり、またヘモグロビンが糖化したHbA1cが増加するために酸素の供給が不足することから、外傷の治りが遅くなります。「創傷治癒遅延」と呼ばれる現象です。外科手術のあとの傷の回復も遅くなる可能性が高いため、ケアに注意する必要があります。

・手術の負担と血糖値への影響
手術による全身・局所麻酔や身体への侵襲にともなうストレスは、血糖値の乱れを引き起こすことがあります。

ちなみに手術を行う場合、よほど異常がない限りは手術前日の夕食を取らないようにして点滴で脱水にならないように補液し、下剤なをど飲んで胃腸を空にしたうえで全身麻酔の準備をします。手術中術後の誤嚥を予防するためです。高血糖が続いている人は入院時に内服ではなくインスリンの注射や持続注射などで術前、術中、術後コントロールをしていく場合があります。

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖