糖尿病コラム

シーズン到来! 血糖値が気になる方のためのお酒との上手なつきあい方


アルコールと血糖値の関連性について


糖尿病患者さんの食事療法のひとつに、禁酒があります。

なぜ、糖尿病患者さんにとって禁酒が必要なのかというと、アルコールには肝臓のブドウ糖放出を抑えて血糖値を下げる作用があるからです。そのため、血糖降下薬やインスリン治療をしている方がアルコールを摂取すると、低血糖のリスクが高くなります。

また、アルコール自体が高カロリーであることや、アルコールを摂取すると中性脂肪が高くなりやすくなることなどの理由もあります。こうした複数の要因から、糖尿病患者さんは「原則禁酒」となっているのです。

お酒と上手に付き合うために注意すべきポイント


WHOが発表したレポートによると、飲酒習慣のある日本人のうち、男性では約3人に1人、女性では約8人に1人がお酒を飲み過ぎているといいます。

たとえ糖尿病を発症していなくても、アルコールの過剰摂取は体に悪影響を与えてしまいます。多量飲酒が原因で体を壊さないためにも、以下の点に注意しながらお酒と上手に付き合うようにしましょう。

・「純アルコール量」は約20gまで

厚生労働省は1日のアルコール摂取量の目安を「純アルコール量」で約20g程度までとしています。これは缶ビール(350ml)では1~1.5本、日本酒では1合(180ml)、ウイスキーだとダブル1杯(60ml)に換算されます。上記を目安に、飲みすぎないような注意が必要です。

・定期的に肝臓の検査を受ける

アルコールの過剰摂取によって肝臓に負担がかかり過ぎると、脂肪肝やアルコール性肝炎などの肝臓病を発症しやすくなります。
習慣的にアルコールを摂取している方は、健康なうちから定期的に肝臓の検査を受けるようにしましょう。

・空腹時に飲まない

空腹時にアルコールを摂取すると、血中のアルコール濃度が急速に上がって、急性アルコール中毒を引き起こしてしまうおそれがあります。
食前に大量のお酒を飲むのは避けるようにし、食事と一緒にゆっくりと飲むようにしましょう。

1 2 3

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

その他の記事

子供の健康にも影響。妊娠糖尿病の注意点とは?

妊娠中に発症、もしくは妊娠中に見つかった高血糖のことを、「妊娠糖尿病」と呼びます。 妊娠糖尿病は母体への影響のみならず、胎児への影響も無視することができません。 こちらの記事では、妊娠糖尿 ...

揚げ物の注意点を理解して、肥満を予防しましょう

カロリーや脂質が多く含まれる揚げ物は、糖尿病患者さんならずとも食べ過ぎに注意しなければいけない食品の1つです。 しかし、「揚げ物はどれだけ高カロリーなのか」「揚げ物に多く含まれている脂質の種類は ...

今から対策! 季節性うつのリスクとは?

秋から冬にうつる時期は、『季節性うつ』と呼ばれるうつ病を発症する人が多くなります。うつ病と糖尿病は相互に関係していて、うつ病患者さんは糖尿病の発症に、逆に糖尿病患者さんはうつ病の発症に、それぞれ気をつ ...

リバウンドは心血管疾患の発症リスク。ダイエットの注意点とは?

肥満や過体重は、2型糖尿病、脂質異常症、高血圧などの発症リスクを高めます。こうしたリスクを回避するために、肥満や過体重に悩んでいる人は、適正な体重コントロールをすることが重要です。しかし、ダイエットで ...

どうしても食べたい時に! 糖質控えめインスタントラーメン!

時にはどうしても食べたくなってしまうインスタントラーメンですが、糖質が気になる食品のひとつ。でも、我慢しすぎてストレスになっては元も子もありません。そこで今回は、どうしても食べたい時に頼りになる、糖質 ...

どうしても気になるコンビニスイーツ。食べるなら低糖質のものを!

毎週のように新作が登場するコンビニスイーツ。仕事の帰りにふらりと立ち寄り、ついついスイーツコーナーに手が伸びる……という人も多いかもしれません。そこで今回は、コンビニスイーツの上手なつきあい方を紹介い ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP