2型糖尿病の発症や進行に関わりが?腸内フローラとは

「腸内フローラ」とは

人間の腸の中には、約500~1000種類、500~1000兆個の腸内細菌がすみついているといわれています。特に大腸は、腸内細菌の増殖に適した環境であり、菌がかたまっていわゆる腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)を作っています。この腸内細菌叢は、花が開いたように見えることから、「腸内フローラ(最近ではマイクロバイオータとも)」と呼ばれています。

腸内フローラを形成する腸内細菌には、身体に必要なビタミンや短鎖脂肪酸などの物質を作る乳酸菌などの善玉菌(有用菌)と、身体に有害な物質を作る大腸菌などの悪玉菌(有害菌)があります。善玉菌が悪玉菌の働きを抑えて優勢に働いていると、腸内環境のバランスが保たれ、良い腸内環境ということになります。

腸内フローラの乱れによる影響

腸内フローラが乱れると、体にはどのような影響や症状が出るのでしょうか?

<下痢や便秘>
通常、腸内フローラは安定していますが、一度乱れると下痢や便秘を繰りかえすこともあります。たとえば、抗生物質を服用した時に急激にバランスが崩れて、腸炎を起こし下痢になることがあります。

<免疫機能の低下>
腸内フローラは免疫システムが正常に働くために重要な役割を持ち、感染症や炎症の発症に関係していることがわかってきました。たとえば、有害な病原菌が入ってきた場合に、正常な腸内フローラであれば病原菌を排除して感染が起きないように働きますが、腸内フローラが乱れていると病原菌に打ち勝つことができず、感染症を発症することになります。

<さまざまな病気の原因>
腸内の悪玉菌の代謝によって作られる毒素や発がん物質が、いろいろな病気発症の原因になっている可能性もあります。腸内を無菌化した動物を用いた実験では、炎症性の腸炎、腸管の腫瘍、食物アレルギー、多発性硬化症、リウマチのほかさまざまな病気が、発病しないことが報告されています。

これらのことから、腸内フローラを整えておくことが健康につながることが推測できますね。

2型糖尿病患者さんの腸内フローラ

スウェーデンのヨーテボリ大学の研究によると、70歳以上の2型糖尿病の女性の便を遺伝子解析したところ、ブドウ糖と脂肪の代謝に関係する酪酸を産生する善玉菌が少ないという特徴がみられました。また、米国のイリノイ大学で行われた糖尿病の発症リスクの高い男性を対象とした調査では、血糖コントロールの不良なグループの腸内フローラには善玉菌が少なく、良好なグループではアッカーマンシアという善玉菌が多いことが報告されました。

一方の日本では、順天堂大学の研究グループが、2型糖尿病と糖尿病でない日本人各50人ずつの糞便を用いて腸内フローラの遺伝子解析をしました。その結果、腸内細菌の総数に変化はないものの、その構成する菌のバランスが異なることがわかりました。また、良好な腸内環境の場合、腸内細菌は腸のバリア機能によって血液中に入ることはありませんが(検出率4%)、2型糖尿病患者では28%の割合で、腸内細菌が生きたまま血液中から検出されました。

これらの結果から、糖尿病患者さんの腸内フローラは善玉菌が少ないだけでなく、腸内細菌のバランスが変わることによって、腸壁のバリア機能が低下していることが見て取れます。これにより、腸から侵入した腸内細菌や毒素が、血液中に炎症を起こす物質を増加させ、筋肉や肝臓、脂肪組織で慢性的な炎症を起こし、インスリンが効きにくい状態をひき起こしている可能性が示されました。

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖