脳卒中のリスクにも影響。気温差に注意して生活を

温度の変化が激しい環境では、入念な対策を

では、なぜ気温差によって脳卒中リスクが高まるのでしょう。寒暖の差が激しいと、大きな血圧変動が起こり、血管や心臓に負担がかかります。その影響によって細くて壁が薄い脳の血管が破れてしまう可能性があり、脳卒中を起こしやすくなると考えられています。

特に冬は、室内と室外の気温差が原因で脳や心臓に負担がかかりやすく、注意が必要です。入浴時に起こるヒートショックでは、冬になると発症数が増える傾向にあり、多くの人が亡くなっています。そのため、入浴時は「冷えやすい浴室や脱衣所は暖めておく」「お湯の温度は41℃以下に保つ」「比較的冷え込まない、夕食前や日没前の時間帯に入浴する」「体をお湯に慣らしてから入浴する」などの工夫が必要だといえるでしょう。

寒い日の外出も注意が必要です。体温が下がらないように、重ね着をしたり、手袋やマフラー、レッグウォーマーなどを活用しましょう。ウォーキングは健康のために大切な習慣ですが、その際には防寒に注意をはらうとともに、充分なウォーミングアップをしてから出かけるなどして、外に出た時の急激な温度変化に備えましょう。

脳卒中のリスクに備えるためには、定期的な血圧測定、食事や運動といった生活習慣に気をつけて、血圧の上昇を抑えることが大切です。しかし、大きな気温の変化という外的要因もまた、脳卒中の発症を引き起こす危険な要素の1つであることを意識しておく必要があるでしょう。

寒い日の外出や入浴の際は、充分な対策をとって、温度差による身体への影響をできるだけ減らしましょう。日常の様々なことに注意を払うことが、深刻な症状の発症予防につながるのです。

参照・参考
Various meteorological conditions exhibit both immediate and delayed influences on the risk of stroke events: The HEWS–stroke study
冬に怖い脳卒中 ~早めのチェックと対策を!~|ときわ会グループ|福島県いわき市
寒暖の差が突然死を招く『ヒートショック』 | 医療法人社団 つるかめ会 新宿海上ビル診療所

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖