糖尿病コラム

糖尿病患者さんは要注意。胆石がおよぼす影響とは?


糖尿病の患者さんは「急性胆のう炎」に注意が必要

突然激しい痛みが起こる胆石は、誰にとっても抱えたくはない症状です。

しかし、胆石があることによって生じるリスクはこれだけではありません。「急性胆のう炎」という症状にも、充分に注意しなければいけないのです。

急性胆のう炎は転がった胆石が胆管に詰まり、胆汁が流れなくなったために細菌が繁殖することで発症します。糖尿病患者さんの場合は、神経障害によって胆汁が流れにくくなる可能性もあることから、他の人よりも胆のう炎を発症しやすくなっています。

具体的な症状としては発熱や嘔吐、上腹部の痛みなどがあります。炎症によって胆汁がさらに流れにくくなることで黄痰が発生したり、進行すると敗血症を発症する可能性もあります。場合によっては命にも関わる、非常に危険な症状です。

急性胆のう炎を発症した場合には、手術によって胆のうを摘出するか、薬で胆石を融解させる方法、衝撃派によって胆石を細かく砕く方法などがあげられます。しかし、後者2つの方法の場合は、胆石が再発する可能性があります。

こうした本格的な治療が必要となる前に、胆石ができる原因を廃除することが何よりも大切です。そのためには脂肪分の多い食事を避けて、食事の量も控えめにしましょう。

肥満である人には注意が必要な胆石のリスクですが、糖尿病患者さんの場合は神経障害が起こりやすいという要因も加わるため、特に気をつけなくてはいけません。

胆石の発生リスクを抑えるためには、糖尿病の治療と同様に、食事習慣にも充分に気を配ることことが重要です。糖尿病の患者さんはこのリスクも念頭におき、食習慣の改善に努めましょう。

参照・参考
保健指導リソースガイド│胆石の原因と対策 症状がないまま早期にみつかる人が増加
糖尿病ネットワーク│25. 糖尿病と感染症

1 2 3

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

その他の記事

糖尿病患者さんが発症しやすい「関節リウマチ」について

リウマチというと、高齢の方に多いイメージをもつ方も多いかもしれません。けれども、リウマチ性疾患の1つである関節リウマチは、40代前後に発病する可能性が高く、年齢だけで安心できるものではありませ ...

ヨーグルトを食べてインフルエンザ対策! ヨーグルトのインフルエンザ予防効果とは

空気が乾燥し、寒くなる冬の時期。風邪はもちろんですが、インフルエンザの流行シーズンでもあります。そこで今回は、日頃から心がけたいインフルエンザの予防法とともに、インフルエンザの予防を助ける食品として注 ...

冷え対策にウォーキング! 寒い季節の注意点とは?

冬本番を迎え、寒さが厳しい季節になってきました。みなさんは体の冷えに悩まされていませんか? 筋肉量を増やすことは、冷え対策としても有効です。 今回は寒い季節に体を温める方法を、ウォーキングなどの運 ...

トランス脂肪酸の摂りすぎには要注意! いますぐ食事内容を見直そう

「トランス脂肪酸が身体に有害」という話を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?実際に、トランス脂肪酸を規制する風潮は世界的にも広がりつつあります。今回は、トランス脂肪酸がどのよ ...

視力の低下を引き起こす「糖尿病黄斑症」と糖尿病の関係は?

「黄斑症」という症状をご存知でしょうか?これは、網膜の中の「黄斑」という部分に生じる視覚障害であり、中でも糖尿病が原因で生じる黄斑症は「糖尿病黄斑症」と呼ばれています。ここでは、糖尿病 ...

食べたいけどカロリーが気になる… カロリー控えめのおやつは?

スーパーマーケットやコンビニに並んでいるおやつを見ると、つい手が伸びてしまうことがあると思います。ですが、おやつはカロリーが気になるという方も少なくないのではないでしょうか?そこで今回 ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP