美容にも健康にも効く! りんごの優れた効能とは?

りんごの栄養価は?

りんごは、9月中旬から11月上旬頃の、秋から冬に旬を迎えます。最近は収穫したりんごを保存することが可能なため、品種によっては夏前くらいまで店先に並べられるものもあるそうです。では、まずりんごの基本的な栄養価についてご紹介しましょう。

<りんご(生、皮つき)の栄養価(可食部100g)>

・エネルギー(カロリー):61kcal
・食物繊維総量:1.9g
・食塩相当量:0g
・糖質:14.3g

(参考:文部科学省 食品成分データベース)

さらに、りんごには、「リンゴポリフェノール」と呼ばれるポリフェノールが含まれていますが、その種類は、なんと100種類以上にも及ぶと言われています。ポリフェノールには老化を防止する抗酸化作用があると言われており、血流の改善効果も期待されています。

オハイオ大学農業研究開発センターの研究に、毎日1個のりんごを食べると、酸化LDLが減少するという報告があります。この酸化LDLは、悪玉コレステロールが酸化されてできるもので、血管の壁を傷つけ、心血管疾患の原因になりうると言われている物質です。りんごの効果を示す研究の一つと言えるでしょう。

また、りんごには水溶性食物繊維ペクチンが多く含まれています。食物繊維には、コレステロールの吸収を抑え、ブドウ糖の吸収を穏やかにするといった効果も期待されています。

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖