緑内障が急増中!? 緑内障の予防のポイントとは

緑内障はどんな病気?

緑内障とは、眼圧が高くなることによって視神経が圧迫され、視野が狭くなったり、視力が低下したりする症状です。緑内障の症状は徐々に進行するため異変に気づきにくく、気が付いたときにはすでに症状がかなり進行しているケースが多いのが特徴です。また、すでに圧迫されてしまった視神経が元に戻ることはなく、緑内障による失明を防ぐためには早期に発見して進行を遅らせる方法しかないのが現状です。

先述の通り、日本における緑内障患者さんの数は増加傾向にあり、40歳以上の20人に1人は緑内障を発症していることが報告されています。また、緑内障を発症している人の中でも約8割は、緑内障を発症しているにも関わらず、自覚症状がなく治療を受けていないということも判明しています。

糖尿病との関係は?

では、糖尿病と緑内障にはどういった関係あるのでしょうか。糖尿病の合併症のひとつに糖尿病網膜症があります。糖尿病網膜症もまた自覚症状が現れにくい目の症状であり、糖尿病患者さんの5人に1人は糖尿病網膜症を発症しているとされています。

糖尿病網膜症が悪化することで目の虹彩や隅角に新しい血管ができ、房水の流れを阻害して眼圧を上昇させてしまう場合があります。そうして発症するのが、糖尿病患者さんが注意するべき症状である「新生血管緑内障」です。

1 2 3

注目記事

記事一覧
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖