食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

糖尿病診療の疑問を全て解決!最新・糖尿病診察ガイド

「定期健診で血糖値の値が高く、受診を勧められた」といった場合、まずどの科に受診するのが良いのでしょうか?

また実際にどんな診察があるのかなど不安も多いもの。

今回は糖尿病を扱う診療科や診察の流れ、病院の選び方などをご紹介いたします。

病を扱う診療科は?

健康診断で血糖値が高い、ヘモグロビンA1c値が高いといった検査結果が出たら、糖尿病の疑いがあります。
そんなときはなるべく早めの受診が必要です。
でも、実際にどの科に行けば良いのでしょうか?

糖尿病はすい臓から分泌されるホルモンの一種であるインスリンの不足やインスリンの効きが悪くなることが原因となる内分泌系の病気です。
内分泌器官はすい臓のほか、甲状腺、脳下垂体、副腎などがあり、その器官の疾患を総合して診療する科を「内分泌科」または「代謝内科」といい、糖尿病もこの「内分泌科」「代謝内科」が専門の科となります。

ただ病院によってはこのような専門科が細かく分かれていない場合もありますので、個人医院やクリニックなどでは「内科」を受診すれば良いでしょう。

初めての受診。どんな診察が待っているの?

糖尿病が疑われて、最初に病院に出向くとき、「どんな診察があるの?」と誰でも不安になるものです。
そこで、初診時の診察内容についてご説明したいと思います。

診察・・・病歴、家族の病歴のヒアリング、身体計測や聴診、触診による全身状態のチェック、血液検査(空腹時血糖値または随時血糖値、ヘモグロビンA1c、必要に応じて75gOGTT)、尿検査などをおこないます。

診断・・・日本糖尿病学会のガイドラインを元に、医師が診察の結果を総合的に判断し「糖尿病」の判定をおこないます。

治療方針の決定・・・糖尿病あるいは糖尿病予備群の場合、検査結果における程度、他の自覚症状をふまえ、治療の内容や目標値を決定し本格的な治療が始まります。

※受診時の注意点
初診の際には前もって問い合わせを行い、予約を取ることをおすすめします。
血糖値の検査を行う際は前日夜から絶食を指示される場合もありますし、問い合わせ時に健診時の数値や諸症状をヒアリングがあることもあります。
事前の準備によりスムーズな診察が可能となります。

糖尿病の病院選びは?3つのタイプから自分にピッタリの病院を探そう!

糖尿病を扱う病院には大きく分けて3タイプあります。
それぞれの特徴からライフスタイルや希望に合った病院を選びましょう。

病院:
病床数が20床以上の入院施設をもつものが病院と定義されます。多種な診療科を持つことが多く、内分泌科や代謝内科、糖尿病科など、専門的な科があることもあります。また入院設備を備えているので、食事療法を目的とした教育入院や、悪化した際の入院受け入れがスムーズです。

合併症を起こした際には他の診療科と連携しトータル的な治療を行うことも可能です。

また、管理栄養士やカウンセラーなどの専門スタッフを配置しているので、より専門的な食事療法や精神的なケアなどを受けることができることが多いです。

注意点として、初診には紹介状が必要な場合も多く、診察は予約制。
診療時間は平日の午前のみということが大半です。

内科医院、クリニック:
国内の診療科の中でも最も多くの医院数を誇る内科医院、クリニック。
町のお医者さんとして一番身近な存在です。
そのため幼い頃からかかりつけている場合も多く、これまでの病歴や家族の病歴などまで把握されていれば、より安心して気軽に診察を受けることができるかもしれません。

また、大規模な病院とは違い、診療時間が長く、継続して通いやすいのも便利な点です。

病状が進行した場合、入院設備を持たない医院も多いので大規模病院に紹介され、治療を引き継がれることがあります。

医院によっては医師が糖尿病専門医の資格を持っている場合もあります。

内分泌科、代謝内科医院
糖尿病を中心とする内分泌系の疾患を専門に扱う病院です。
内科を併設している医院が多いですが、最近では糖尿病患者の増加に伴い、内分泌疾患の中でも糖尿病を専門にかかげる糖尿病科医院も増えています。

糖尿病専門の医院は多くが糖尿病専門医で、管理栄養士が常勤している医院もあり、より糖尿病に特化した、専門性の高い治療を行っています。
個人医院なので、内科医院同様、診療時間が長く、患者のニーズに合わせ土日の診療や夜遅くまでの診察を行っている医院もあります。
ただ増えてきているとはいえ、このような専門病院が自分の住んでいる地域にあるとは限りません。

病院選びをご自宅でも。おすすめサイト紹介

                              

病院を選ぶときに参考にするのは、家族や友人からの口コミですか?
それとも新聞、地域情報紙などでしょうか?

もちろん口コミや地域の情報は重要です。
しかし最近ではインターネット上で手軽に病院検索を行える便利で信頼性のあるサイトもあり、多くの情報から自分に合う病院が選べる時代です。

1.日本糖尿病学会HP
(http://www.jds.or.jp/modules/senmoni/)
糖尿病専門医のいる病院を各都道府県より検索できます。

2.日本糖尿病協会(http://www.nittokyo.or.jp/jadec_db/index.php?search_type=1)
日本糖尿病協会に登録の病院や医療スタッフを、都道府県や医療スタッフの資格などから検索できます。

3.病院口コミサイトcaloo(http://caloo.jp/)
糖尿病科の検索も可能で、患者さんの生の声を聞くことができます。

これらは信頼性も高く、多くの患者さんが利用しているサイトなので参考にしてみてください。

自分に合った病院選びを

糖尿病の治療は、自分の生活と向き合って長い目で見ていかなければなりません。
どんな病院を選ぶかだけでなく、治療の重要なパートナーである医師や医療スタッフとの相性も重要です。
ライフスタイルや治療に対する考え方、医療スタッフとの相性等を総合的に加味して自分に合った病院を選ぶことは糖尿病治療にとってとても重要なウェイトを占めているといっても過言ではありません。

糖尿病の疑いがあれば、まずは臆することなく早めの受診が肝要です。
どのような病院があるかを把握し、通いやすさや情報サイトなども参考にしながら、自分にぴったりの病院を見つけてください。

参照・参考
Welby│糖尿病って何科にいくの?~糖尿病と疑われたら、診断されたら~

糖尿病の放置はNG! 気をつけたい6大合併症とは?
糖尿病の放置はNG! 気をつけたい6大合併症とは?

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖
×BannerBanner