自覚症状が出づらい眼の病気「網膜症」。検査内容や予防策は?

網膜症は、成人してからの失明原因として緑内障に次いで多い病気。
後天性視覚障害者のうち実に5人に1人が、糖尿病が原因で起こる「糖尿病網膜症」によって失明していると言われています。

ここでは、糖尿病網膜症についてと、その検査内容や予防策について見ていきましょう。

糖尿病網膜症は、糖尿病の三大合併症の一つ

糖尿病によって高血糖状態が続くと、神経や血管にダメージを与えてしまいます。
眼の網膜には無数の細い血管が集まっています。そのため、高血糖の影響を受けやすく、血糖が高い状態が長く続くと、血管が傷ついたり、変形したり詰まってしまったりします。血管がつまると、酸素不足を補うため新しい血管がつくられますが、この新生血管はもろいため容易に出血を起こします。このような繰り返しによって網膜症が発症します。

糖尿病の三大合併症は、神経障害/糖尿病腎症/糖尿病網膜症(以下、網膜症)。
網膜症は、糖尿病患者さんの約40%に見られ、多くの人が患う病気です。

自覚症状がほとんどない状態で進行する網膜症

糖尿病も初期の段階には自覚症状が出づらいと言われますが、網膜症も同様に初期の自覚症状に乏しい病気。
網膜の血管が少し出血しているだけでは、自分ではなかなか異変に気付くことが難しいと言われています。

「目が見えづらくなった(視力低下)」「目がかすむ」「黒い点が飛んでいるように見える(飛蚊症)」などの網膜症の症状が出たときには、病気が進行してしまっていることも多いものです。
末期になると、眼の中で大きな出血を起こしたり、網膜剥離などを起こして、最悪の場合、ある日突然失明してしまうこともあります。

早期発見、早期治療が肝要。定期的な検査を欠かさずに

初期症状の分かりづらい網膜症を早期に発見するには、定期的な検査が不可欠。
特に糖尿病患者さんは、症状を感じなくても、6~12ヶ月に1回は眼科で「精密眼底検査」を受けましょう。
網膜症は現在のところ完全に治すことができない病気ですが、早期に発見できれば、症状の進行を食い止めたり、失明のリスクを下げる治療を受けることができます。

また、もし網膜症と診断されたら、眼科医と内科医の治療方針に従って血糖コントロールを行い、定期的な受診も必ず怠らないようにしましょう。

<精密眼底検査とは?>

散瞳(さんどう)薬という目薬で瞳孔を拡げ、光をあて、瞳孔から眼球の奥のほうを覗き込み、出血などの異常がないかを検査します。眩しいですが、痛みはありません。

網膜症の予防は、血糖コントロール

糖尿病患者さんが、合併症である網膜症を起こさないためには、糖尿病の基本治療である「血糖コントロール」が最も重要。
1日の指示エネルギー(摂取カロリー)内のバランスのとれた食事や、適度な運動をきちんと継続して血糖値を良好に保ち、網膜症を予防しましょう。

(ただし、網膜症と診断された場合には、激しい運動の刺激が眼底出血のきっかけになることもあるため、医師とよく相談しましょう。)

参照・参考
科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン2013|南江堂|日本糖尿病学会(編集)
東海光学株式会社│糖尿病網膜症
日本眼科学会│目の病気 糖尿病網膜症
日本糖尿病眼学会│糖尿病網膜症について

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖