糖尿病の症状

自覚症状が出づらい眼の病気「網膜症」。検査内容や予防策は?

網膜症は、成人してからの失明原因として緑内障に次いで多い病気。
後天性視覚障害者のうち実に5人に1人が、糖尿病が原因で起こる「糖尿病網膜症」によって失明していると言われています。

ここでは、糖尿病網膜症についてと、その検査内容や予防策について見ていきましょう。


糖尿病網膜症は、糖尿病の三大合併症の一つ

糖尿病によって高血糖状態が続くと、神経や血管にダメージを与えてしまいます。
眼の網膜には無数の細い血管が集まっています。そのため、高血糖の影響を受けやすく、血糖が高い状態が長く続くと、血管が傷ついたり、変形したり詰まってしまったりします。血管がつまると、酸素不足を補うため新しい血管がつくられますが、この新生血管はもろいため容易に出血を起こします。このような繰り返しによって網膜症が発症します。

糖尿病の三大合併症は、神経障害/糖尿病腎症/糖尿病網膜症(以下、網膜症)。
網膜症は、糖尿病患者さんの約40%に見られ、多くの人が患う病気です。


自覚症状がほとんどない状態で進行する網膜症

糖尿病も初期の段階には自覚症状が出づらいと言われますが、網膜症も同様に初期の自覚症状に乏しい病気。
網膜の血管が少し出血しているだけでは、自分ではなかなか異変に気付くことが難しいと言われています。

「目が見えづらくなった(視力低下)」「目がかすむ」「黒い点が飛んでいるように見える(飛蚊症)」などの網膜症の症状が出たときには、病気が進行してしまっていることも多いものです。
末期になると、眼の中で大きな出血を起こしたり、網膜剥離などを起こして、最悪の場合、ある日突然失明してしまうこともあります。


早期発見、早期治療が肝要。定期的な検査を欠かさずに

初期症状の分かりづらい網膜症を早期に発見するには、定期的な検査が不可欠。
特に糖尿病患者さんは、症状を感じなくても、6~12ヶ月に1回は眼科で「精密眼底検査」を受けましょう。
網膜症は現在のところ完全に治すことができない病気ですが、早期に発見できれば、症状の進行を食い止めたり、失明のリスクを下げる治療を受けることができます。

また、もし網膜症と診断されたら、眼科医と内科医の治療方針に従って血糖コントロールを行い、定期的な受診も必ず怠らないようにしましょう。


<精密眼底検査とは?>

散瞳(さんどう)薬という目薬で瞳孔を拡げ、光をあて、瞳孔から眼球の奥のほうを覗き込み、出血などの異常がないかを検査します。眩しいですが、痛みはありません。


網膜症の予防は、血糖コントロール

糖尿病患者さんが、合併症である網膜症を起こさないためには、糖尿病の基本治療である「血糖コントロール」が最も重要。
1日の指示エネルギー(摂取カロリー)内のバランスのとれた食事や、適度な運動をきちんと継続して血糖値を良好に保ち、網膜症を予防しましょう。

(ただし、網膜症と診断された場合には、激しい運動の刺激が眼底出血のきっかけになることもあるため、医師とよく相談しましょう。)


参照・参考
科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン2013|南江堂|日本糖尿病学会(編集)
東海光学株式会社│糖尿病網膜症
日本眼科学会│目の病気 糖尿病網膜症
日本糖尿病眼学会│糖尿病網膜症について

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

新着糖尿病レシピ

中華風豆乳鍋

198kcal

5.7g

1g

さつまいものごま団子

99.9kcal

1.5g

0.05g

その他の記事

身長が関係している!? 妊娠高血圧症候群とは

妊娠中の女性が注意すべき症状の一つに、「妊娠高血圧症候群」というものがあります。妊娠高血圧症候群は妊婦さんの20人に1人が発症し、高血圧や肥満体型のかた、さらには糖尿病患者さんに発症しやすい症状とされ ...

糖尿病患者さんが注意するべき「シックデイ」とは?

「シックデイ」という言葉をご存知でしょうか? この症状は、多くの糖尿病患者さんが経験しているにも関わらず、認知が十分に進んでいないことが、問題点の1つとなっています。 糖尿病に向き合いつつ ...

あなたは知っていますか? 隠れた糖尿病の発症リスク「異所性脂肪」とは?

「異所性脂肪」という言葉をご存知でしょうか? これは読んで字のごとく、お腹まわりなどの蓄積しやすい場所とは違う部分についてしまう脂肪のことです。 異所性脂肪の多い人は外見的には肥満に見えにくいと ...

ほてりが糖尿病のサイン!? 異変を見逃さずに早期発見

糖尿病患者さんの中には、突然顔のほてりが現れるといった症状がみられることがあります。 顔のほてりと糖尿病はあまり関係がないようにも思えますが、どうしてこのような症状が起こるのでしょうか? その理 ...

「最近、肌にかゆみが出るようになった」 糖尿病との関係は?

以前には感じなかったかゆみが出るようになったという人はいませんか? それはもしかしたら糖尿病のサインかもしれません。 今回は、糖尿病と肌のかゆみの関係性とともに、かゆみの予防法をご紹介しま ...

2型糖尿病は記憶力が低下する!? 血糖値が脳に与える影響

「記憶力」と「糖尿病」。一見関係性がなさそうですが、近年その意外な関係が注目されています。 今回は、「糖尿病」と「記憶力」についての研究と、記憶力低下を防ぐ方法をご説明します。 2型糖尿病 ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

Q&A

最新記事

PAGETOP