糖尿病神経障害で起こる「麻痺」。どんな症状があるの?予防法は?

糖尿病の合併症の中でも比較的早い段階で症状が現われると言われる「糖尿病神経障害」。
その症状としては、手足のしびれや痛みなどがよく知られていますが、悪化すると神経が「麻痺」を起こしてしまうこともあります。

今回は、糖尿病神経障害における「麻痺」について見ていきましょう。

糖尿病神経障害はなぜ起こる?

糖尿病で高血糖状態が続くと毛細血管がダメージを受け、血流が悪くなります。神経は毛細血管を通して酸素や栄養を供給されています。
そのため、血行不良になると十分な酸素や栄養が神経に行き渡らず、さまざまな神経障害を引き起こしてしまうのです。また高血糖により、神経自体が変性してしまい、神経障害が起こることもあります。

糖尿病性神経障害における「麻痺」の症状

糖尿病神経障害の最も典型的な症状としては、「手足のしびれ、痛み」があり、最初は足の裏や手先などの異常を感じますが、神経障害が進行してくるとしびれや痛みの範囲が体の中心に向かって広がり、次第に「麻痺」を起こすことがあります。「麻痺」してしまうと、たとえ傷があっても痛みを感じることができないため、傷の処置が遅れ、重症化させてしまうことも少なくありません。

また、障害される神経によってさまざまな症状が出ます。外傷に気付きづらいだけではなく、関節部の神経麻痺が起これば運動機能に支障が出たり、脳血管に小さな脳梗塞や麻痺が繰り返し起これば認知症の原因となることもあります。また、通常心筋梗塞や狭心症を起こすと激痛が走りますが、心臓の神経が麻痺している場合には痛みがなくそれに気づかないこと(無痛性心筋虚血)もあり、その結果突然死を招いてしまう可能性もあります。その他にも、顔面神経麻痺、外眼筋麻痺、胃不全麻痺などが「麻痺」の症状として挙げられます。

糖尿病神経障害と診断されたら・・・

糖尿病神経障害と診断されたら、麻痺を起こさないためにも重要なことは、糖尿病の基本治療である「血糖コントロール」。高血糖では血液がドロドロになり血流が悪くなってしまうため、血糖を正常に保って血行を良くすることが重要です。

<糖尿病神経障害を悪化させないために>

・食事療法と運動療法をきっちりと
 指示されたカロリー内で栄養バランス良く食事を摂りましょう。また、適度な運動も血流を改善に効果的です。ただし、運動は外傷を悪化させたりなどの可能性があるため、医師との相談のもと、病状を鑑みて行いましょう。

・こまめに血糖値を測定する
 食事や運動に気を付けるだけでなく、実際の血糖値を数値で知ることも大切。こまめに測定し、自分の血糖値の上下を把握し、改善に努めましょう。

・禁煙
 たばこは血管を収縮させる働きがあるため、血流を悪くさせます。また血糖値や血圧を上げてしまう働きもあるため、なるべく禁煙しましょう。

・ぬるめのお湯に入浴、マッサージ
 手軽な血流改善法として、ぬるめのお湯での入浴やマッサージも効果的です。その際、足に傷がないかなど、異変のチェックも合わせて行いましょう。また、温めると血流は改善しますが、カイロや電気毛布などは低温やけどを起こす可能性があり、またそれに気づけない場合もあるため、使用には十分に注意しましょう。

場合によっては薬物療法も。神経障害の症状があれば、まずは受診を

糖尿病の合併症として多い神経障害。悪化すると麻痺を起こして突然死に繋がるなど、重篤な状況にもなりかねないものです。
しびれなど気になる症状がある場合には、まずは受診し、医師の指導のもと血糖コントロールに努めましょう。

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら
あなたの漢字一文字&熟語2019大募集

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖