糖尿病コラム

インスリンだけじゃない?糖尿病治療の鍵となる「グルカゴン」とは?

糖尿病治療では膵臓から分泌されるホルモン「インスリン」が重要であることがよく知られていますが、そのほかにもインスリンと密接な関係のある重要なホルモンとして「グルカゴン」があります。
今回はその「グルカゴン」についてご紹介します。


「グルカゴン」は、どんなホルモン?

グルカゴンは、主に膵臓のα細胞から分泌されるホルモンです。血糖値を上げる作用があり、インスリンとは逆の働きをもちます。


◎グルカゴンの働き

・肝臓で貯蔵されているグリコーゲンをブドウ糖に分解する
・グリコーゲンの合成を抑制する
・体内のアミノ酸からブドウ糖を合成して血糖値を上昇させる
・インスリンや成長ホルモンの分泌を促進する効果もあると言われる
※ グリコーゲンとは、エネルギーを一時的に保管するためにブドウ糖が変化したもので、筋肉や肝臓に存在する物質のこと


糖尿病というと、血糖値を下げる作用のあるインスリンが特に重要視されますが、糖尿病患者さんが血糖コントロールをおこなう上では、インスリンのみならずグルカゴンの分泌にも注目する必要があります。


グルカゴンと糖尿病の関係

これまで、糖尿病の発症にはインスリン分泌不全とインスリン抵抗性(インスリンに対する感受性が低下し、インスリンの作用が十分に発揮できない状態)の2つが原因と考えられてきました。また、その背景には、遺伝要因や生活習慣といった環境要因がかかわっているとされていました。

グルカゴンは血糖値を上げるホルモンだということはすでに明らかになっており、インスリンと対になるホルモンであることはわかっていましたが、インスリンの研究ほどさかんに行われていませんでした。
しかし、近年ではグルカゴン分泌の調整が糖尿病治療に大きく関与することが再認識され、注目を浴びるようになりました。例えば最近の研究では、「グルカゴン分泌が抑制されると血糖値が低下した」という2011年のアメリカのUnger教授らの研究報告などがあります。これにより、インスリン中心の治療ではなく、グルカゴンがインスリンに与える影響にももっと注目されるべきなのではないかと考えられるようになってきました。

インクレチン関連薬(DPP-4阻害薬、GLP−1受容体作動薬)が開発されたのは、その流れを受けてのことです。なぜならインクレチンは、小腸から分泌されるホルモンで、血糖値が高いときだけ膵臓に働きかけ、インスリンの分泌を促進させて血糖値を低下させるという特徴があるからです。また、これらの薬は、インスリンの分泌を促進する働きだけでなく、グルカゴンの分泌を抑制する働きもあります。


グルカゴンは低血糖発作にも有効

これまでご紹介したように、グルカゴンは糖尿病の発症や血糖コントロールにおいて関わりが深いですが、その他、血糖値を上げる作用を利用して、低血糖発作時の対処にも役立ちます。


糖尿病患者さんは、血糖値を下げるべく、運動療法/食事療法/薬物療法を実施していると、血糖値が下がりすぎて低血糖発作を起こすことがあります。そんな場合に備えてブドウ糖を携帯している人も多いでしょう。しかし、低血糖発作がひどく、意識障害をおこしているときや、動悸、震えなどによりブドウ糖を経口摂取できない場合には救急処置としてグルカゴンを皮下注射または筋肉注射する場合があります。そのため、必要に応じてグルカゴンのバイアル(注射剤)を携帯する必要があります。

しかし、グルカゴンの所持は現状の日本ではまだ浸透しておらず、2013年に厚生労働省研究班(代表:坂根直樹・京都医療センター予防医学研究室長)の報告によると、インスリン療法をおこなっている1型糖尿病患者のグルカゴンの所持は15.9%にとどまっているとのことです。

これはあくまでも1型糖尿病患者さんのデータですが、重症な低血糖症状が現れた際には、2型糖尿病患者さんもグルカゴンを使用することは『糖尿病治療ガイド』においても推奨されています。したがって、グルカゴンとはどういう作用のあるホルモンなのかという知識やグルカゴン注射の使い方を患者さん本人と家族や周囲の人が知っておくことは糖尿病を管理する上でとても大切です。


もしもの時のためにグルカゴンの所持を

糖尿病についての研究、そして治療法は日進月歩です。昔は糖尿病といえば、インスリンの分泌が悪くなっていたり(分泌不全)、インスリンの効きが悪いこと(インスリン抵抗性)が原因とされていましたが、現在ではグルカゴンの分泌をいかに制御するかということも、糖尿病の発症・予防・治療に大きく関わると考えられています。

グルカゴンのバイアル(注射剤)は、日本ではまだ広く浸透していないため、医療機関によっては患者さん側から主治医に相談し処方をお願いするケースが多いとされていますが、相談すれば、処方してもらえます。

糖尿病の患者さんは、インスリンの知識だけではなく、グルカゴンというホルモンについて知っておくこと、そして低血糖症状に備えてブドウ糖の所持の必要性はもちろんのこと、救急処置薬として普段からグルカゴンのバイアル(注射剤)も所持しておいた方が良いということを知っておきましょう。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

新着糖尿病レシピ

中華風豆乳鍋

198kcal

5.7g

1g

さつまいものごま団子

99.9kcal

1.5g

0.05g

その他の記事

男性糖尿病患者さんは高確率で経験。EDと糖尿病の関係は?

男性特有の病気であるED(勃起障害)は血糖コントロールと関係しており、男性の糖尿病患者さんは特にリスクが高いと考えられています。 NIDDK(米国国立糖尿病・消化器・腎疾患研究所)が行った調査で ...

乾燥シーズンの到来! 糖尿病と皮膚トラブルの関係は?

空気が乾燥する冬は、暖房器具などの影響も加わり皮膚が乾燥しやすいシーズンです。特に糖尿病患者さんの場合皮膚が乾燥しやすく、皮膚トラブルを起こしやすいので注意が必要だといえます。 今回は、糖尿病と ...

糖尿病が危険因子!? 糖尿病とすい臓がんの深い関係

日本人の死亡原因第1位であるがんは、糖尿病患者さんに限らず注意が必要な疾患です。なかでもすい臓がんは自覚症状が現れにくく、早期の発見が難しいがんだとされています。じつは、糖尿病患者さんはすい臓がんを発 ...

糖尿病はインフルエンザのリスクにも影響。予防接種で対策を

冬に流行をみせるインフルエンザは、誰にとっても注意しなければいけない症状です。特に、糖尿病患者さんの場合は、その症状のリスクが高いことが知られており、入念な予防が欠かせません。 ワクチンの予防接 ...

動脈硬化対策にウォーキング。継続するメリットとは?

糖尿病患者さんにとって、大きなリスクである動脈硬化。そのリスクを低減する生活習慣の一つがウォーキングをはじめとする有酸素運動です。   今回は、動脈硬化のリスクをおさらいしつつ、人間の脳や感覚、身 ...

命に関わるCKD。積極的なチェックで対策を

近年、CKD(慢性腎臓病)という疾病概念が新たに提唱され、この対策が急務の課題として位置づけられました。腎臓の病気が以前よりも深刻なものと考えられるようになった背景には、糖尿病の合併症である糖尿病性腎 ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP