糖尿病コラム

血糖値の上昇をおだやかにする!糖尿病患者さん向けの食品 ~飲み物編~

糖尿病患者さんの水分補給は、水やお茶のカロリーや糖質の含まれていない飲み物が基本です。
清涼飲料水は、炭酸飲料などさほど甘味を感じないものでも多量の砂糖が入っていて血糖値に悪影響を及ぼしてしまう可能性が高いので注意が必要です。


通常、水やお茶は血糖値を上げたり下げたりする効果はありませんが、中には、糖尿病患者さんや血糖値を気にする方向けに、「食後の血糖値の上昇をおだやかにする」ように作られた飲み物もあります。


今回は、糖尿病患者さん向けの飲み物についてご紹介します。


サンスター 糖健茶料 (とうけんさりょう)

img2

「糖健茶料」は食事と一緒に飲むことで、食後の血糖値の上昇をおだやかにしてくれるお茶です。
「糖健茶料」には「難消化性デキストリン」という食物繊維の一種が含まれ、これが小腸での糖の吸収をゆるやかにし、血糖値の上昇をおだやかにしてくれるのです。


粉末タイプで水にサッと溶け、持ち運びにも便利。どんな食事にも合いやすいウーロン茶風味なのもうれしいポイントです。「特定保健用食品(トクホ)」なのも安心ですね。
オンラインショップで買うことができます。


※「特定保健用食品」とは、特定の保健の目的が期待できる食品であることを厚生労働省から認可された食品です。身体の生理学的機能などに影響を与える保健機能成分(関与成分)を含んでいます。
http://www.sunstar-tuhan.com/products/detail.php?product_id=14


カルピス 健茶王

000007326

「健茶王」も「糖健茶料」と同じく、「特定保健用食品」で食後の血糖値が気になる方向けのお茶です。
血糖値の上昇をおだやかにするメカニズムも「難消化性デキストリン」によるものです。


「健茶王」はペットボトルタイプで、「ウーロン茶」味、「緑茶」味、「黒豆黒茶」味の3種類があります。
コンビニなどで手軽に買うことができるので、食事のお供におすすめです。

http://www.calpis.co.jp/kenchaou/index.html


ヤクルト 蕃爽麗茶

016108_b

「糖健茶料」「健茶王」と同様に、糖の吸収を抑え、食後の血糖値の上昇をおだやかにしてくれる「トクホ」の商品です。血糖値の上昇をおだやかにしてくれているのは、「グァバ葉ポリフェノール」。
この「グァバ茶ポリフェノール」には、体内で炭水化物がブドウ糖になる前の段階で、糖を分解する酵素の働きを抑える働きがあります。


コンビニなどで買うことができ、200ml、500ml、2000mlの3サイズから選ぶことができます。

http://products.nisshin-oillio.com/katei/syukan/016108.php


食事と一緒に上手に取り入れよう

今回紹介した3つのお茶はどれも「特定保健用食品(トクホ)」の商品なので、血糖値の上昇をおだやかにするためには効果的と言えます。
血糖値を気にしている方は、食事の際にはこういった飲み物を選ぶのがおすすめです。


しかし、食品に関してはどれもたくさん摂ったからといって病気が治るということではありません。
あくまで普段の食事の補助的な存在として上手に取り入れていきましょう。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

新着糖尿病レシピ

中華風豆乳鍋

198kcal

5.7g

1g

さつまいものごま団子

99.9kcal

1.5g

0.05g

その他の記事

男性糖尿病患者さんは高確率で経験。EDと糖尿病の関係は?

男性特有の病気であるED(勃起障害)は血糖コントロールと関係しており、男性の糖尿病患者さんは特にリスクが高いと考えられています。 NIDDK(米国国立糖尿病・消化器・腎疾患研究所)が行った調査で ...

乾燥シーズンの到来! 糖尿病と皮膚トラブルの関係は?

空気が乾燥する冬は、暖房器具などの影響も加わり皮膚が乾燥しやすいシーズンです。特に糖尿病患者さんの場合皮膚が乾燥しやすく、皮膚トラブルを起こしやすいので注意が必要だといえます。 今回は、糖尿病と ...

糖尿病が危険因子!? 糖尿病とすい臓がんの深い関係

日本人の死亡原因第1位であるがんは、糖尿病患者さんに限らず注意が必要な疾患です。なかでもすい臓がんは自覚症状が現れにくく、早期の発見が難しいがんだとされています。じつは、糖尿病患者さんはすい臓がんを発 ...

糖尿病はインフルエンザのリスクにも影響。予防接種で対策を

冬に流行をみせるインフルエンザは、誰にとっても注意しなければいけない症状です。特に、糖尿病患者さんの場合は、その症状のリスクが高いことが知られており、入念な予防が欠かせません。 ワクチンの予防接 ...

動脈硬化対策にウォーキング。継続するメリットとは?

糖尿病患者さんにとって、大きなリスクである動脈硬化。そのリスクを低減する生活習慣の一つがウォーキングをはじめとする有酸素運動です。   今回は、動脈硬化のリスクをおさらいしつつ、人間の脳や感覚、身 ...

命に関わるCKD。積極的なチェックで対策を

近年、CKD(慢性腎臓病)という疾病概念が新たに提唱され、この対策が急務の課題として位置づけられました。腎臓の病気が以前よりも深刻なものと考えられるようになった背景には、糖尿病の合併症である糖尿病性腎 ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP