手軽!便利!糖尿病患者さん向けの食品 ~おやつ編~

糖尿病の食事療法中でも、何かちょっと甘いものが食べたかったり、間食がしたくなることもありますよね。
基本的に間食は血糖コントロールに影響してしまうため、食事療法中の方には推奨されませんが、無理をしすぎてストレスをため込んでしまうのも良くありません。

最近では、砂糖を使わないスイーツも増えてきて、普通のスイーツと比べても遜色ないおいしさになっています。

そこで今回は、糖尿病患者さんも楽しめる「ゼロカロリー」の市販のおやつを紹介します。

遠藤製餡のゼロカロリーシリーズ

51HjipPaE3L

遠投製餡では、ゼリーやあんみつ、水ようかん、くずもちなどの和菓子をゼロカロリーシリーズとして販売し、大ヒットを飛ばしています。

中でもこの「きなこわらびもち」はユーザの評価も高く、クオリティの高い本格的な味わいになっています。
コンビニで取り扱っている場合もありますが、ない場合にはインターネットで買うことができます。

ブルボン 粒ジュレシリーズ

1884

粒つぶのゼリーが入っていて、飲みごたえのあるスイーツ感覚のドリンクです。
ソーダ・マンゴー・マスカット・グレープフルーツ・オレンジ・イタリアングレープ・トマトなどの味があります。

小腹が空いたときにも満足できるボリューム感たっぷりの新感覚スイーツです。

ラカント ヘルシーキャンディー

20120606

初めてカロリーゼロの飴を最初に発売したのがこのラカント。
パインなどの定番のフルーツ味から、ヨーグルトやいちごミルク、ハーブミント、ミルク珈琲など実にさまざまな味の種類があります。
ちょっと口さみしいとき、甘いものが欲しくなったときなどに重宝します。

※低血糖時の対策のために飴を食べる場合、こういった砂糖不使用の飴では血糖は上がらないためご注意ください。

「カロリーゼロ(ノンカロリー)」の表記は注意が必要

このように、カロリーを摂らずに甘いものを楽しめるのは食事療法中の方にとってはとても嬉しいものですよね。

ただ一つ注意したいのが、「ゼロカロリー」の表記。
ここで紹介した商品もすべて「ゼロカロリー」という表記がありますが、実は厳密には「ゼロカロリー」ではない可能性があるのです。

栄養表示基準では、100gあたり5kcal未満の食品において「ゼロカロリー(ノンカロリー)」と表示することができる決まりになっています。
つまり、「ゼロカロリー」の食品を300g食べた場合には、最大で15kcal程度のカロリーが含まれている可能性があるということです。

栄養成分表示の内容をよく理解した上で、こういった商品を上手に利用できると良いですね。

注目記事

記事一覧
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖