食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

糖尿病患者さんの“シックデイ”。気を付けるべきことは?

糖尿病患者さんが風邪をひいたり、感染症にかかったり、ケガをしたりなどの体調不良を起こすと、いつもに増して血糖値が乱れやすくなります。このような状況のことを“シックデイ(sick day)”と呼び、特に注意が必要な状態となります。

ここでは、糖尿病患者さんにおける“シックデイ”について詳しくみていきましょう。

“シックデイ”は、高血糖にも低血糖にも要注意

<“シックデイ”で高血糖になりやすい理由>

“シックデイ”は、風邪や感染症などによる、下痢・嘔吐・発熱・腹痛など比較的身近な体調不良も含まれます。体調が良くない状態では、体はストレスを感じ、抗ストレスホルモンが分泌されます。この抗ストレスホルモンは、血糖値を下げる働きのあるホルモン「インスリン」の働きに拮抗し、その作用を低下させてしまいます。また、インスリンの効き自体も悪くなる(インスリン抵抗性)ため、より血糖値が上昇しやすくなるのです。

<“シックデイ”で低血糖になりやすい理由>

“シックデイ”のときには、食欲が落ちて十分なカロリーを補給できない場合があります。インスリンの薬物療法を行っている場合では、十分な食事が取れていないのに通常量のインスリンを投与すると血糖値が下がり過ぎて、低血糖を起こしてしまうことがあります。

“シックデイ”は、急性合併症「ケトアシドーシス」に要注意。インスリン注射は自己判断で中止しない

先述のように、病気のときは、抗ストレスホルモン=インスリン拮抗ホルモンが多くなり、糖をエネルギーとして使いづらい状態になります。また、病気で食欲がなく食べられない場合には、体はさらにエネルギー不足となるため、体に貯蔵してある脂肪をエネルギー源として使い始めます。このとき「ケトン体」という物質が産生され、ケトン体が増えると血液が酸性に傾き(通常は弱アルカリ性)、「ケトアシドーシス」と呼ばれる危険な急性合併症を起こすことがあります。

「ケトアシドーシス」を起こすと、悪心、腹痛などから始まり、症状が進むと昏睡状態に陥り命の危険もあるため、早急な治療が必要となります。

「ケトアシドーシス」は、インスリン療法を行っている方のシックデイで起こりやすくなります。食事が十分に摂れなかったとしても、自己判断でインスリン注射を中止することは禁物。病気ではないときに、シックデイ時のインスリン注射の対応を医師によく確認しておくようにしましょう。

「高血糖高浸透圧症候群」にも注意。十分な水分補給を

高血糖状態では、浸透圧利尿によって脱水が起きやすい状態にもなります。さらに発熱や下痢、嘔吐などを起こしている場合にはさらに脱水を強めてしまいます。

著しい高血糖と脱水で血液がドロドロの状態になると、「高血糖高浸透圧症候群」という急性合併症を起こすことがあります。この状態では、さまざまな臓器の働きが低下し、意識障害、昏睡の可能性もあるため、「ケトアシドーシス」同様すぐに病院で治療することが必要です。

「高血糖高浸透圧症候群」は、もともと体の水分が少ない高齢の方で起きやすいと言われています。シックデイのときは、食欲はなくても十分な水分補給を心がけましょう。

<シックデイの基本的な対応>

  • 温かくして、安静にする
  • 水分/電解質(ミネラルウォーター、みそ汁など)、炭水化物(おかゆ、茶碗蒸しなど消化の良いもの)を摂る

<こんなときはすぐに受診>

  • 腹痛、下痢、嘔吐、息苦しいなどの症状が激しい
  • 高熱が続く
  • 著しい高血糖(血糖値:350mg/dL以上。尿糖:強陽性)
  • 食事を口にできない
  • 症状が良くならない、酷くなる

家族や周りの人も、シックデイ時の対応を心得ておこう

シックデイのときは、糖尿病患者さん自身の対応も大切ですが、病気の症状が酷いときには自分で対処することが困難になることもあります。家族や周りの人も糖尿病患者さんのシックデイ時の対応について心得ておくことも大切です。

糖尿病の放置はNG! 気をつけたい6大合併症とは?
糖尿病の放置はNG! 気をつけたい6大合併症とは?

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖
×BannerBanner