糖尿病患者さんに多い「腕のしびれ」。治療法と応急処置の方法は?

糖尿病の三大合併症である、糖尿病腎症、神経障害、血管障害。
自覚症状が出づらい糖尿病の合併症ですが、中でも神経障害は、比較的早い段階で自覚症状が現われると言われています。
神経障害の中でも、多くの糖尿病患者さんが知覚する症状の一つに「しびれ」があります。

今回は、「しびれ」について詳しく見ていきます。

「しびれ」は足だけでなく、腕や手にも起こる

高血糖状態が長く続くことで血管や神経がダメージを受けますが、神経に病変が起きて生じるのが神経障害です。
日本糖尿病対策推進会議が2006~2007年に行った調査によると、糖尿病と診断されて10年ほど経過した患者さんの約半数に神経障害があり、このうちの半数に症状が認められました。

「しびれ」は、感覚神経が障害されることによって起こるもので、「ぴりぴり」「じんじん」「チクチク」といった痛みを伴うこともあります。
特に足のしびれを訴える患者さんが多いですが、腕や手にも同様にしびれは起こります。

病院でのしびれの治療は?

神経障害の治療の基本は、他の糖尿病や合併症の基本治療と同様に「血糖コントロール」です。
日々の食事療法や、運動療法をきちんと行っていくことが大切です。
病院行われるしびれに対しての治療は、主に薬物治療で、症状に合わせて次のような薬が処方されることがあります。

  • 抗不整薬(神経障害性疼痛治療薬)(神経の過敏性や筋肉の緊張を抑える薬)
  • 抗けいれん薬
  • 消炎鎮痛薬
  • 抗うつ薬
  • ビタミン剤
  • 血流改善薬
  • 不整脈薬

薬物治療の他にも、しびれが起きている腕や手、足をマッサージしたり温めたりすることで症状を緩和することもできます。
また、少ししびれや痛みを我慢して歩くことを解消すると考えられる場合は、そういった軽い運動が奨められることもあります。
他にも、鍼灸、指圧、温泉療法、アロマテラピーなど、さまざまなアプローチ方法が用いられることもあります。
いろいろな対処方法を医師に相談してみると良いでしょう。

しびれや痛みの症状を感じたら、すぐに医師の診察を

軽いしびれの症状だとたいしたことはないと軽視してしまって医師に相談せず、治療が遅れてしまう患者さんも多いようです。
しかし適切な対処を行わないと、症状がそのまま進行してしまうこともあります。
糖尿病患者さんでしびれや痛みを感じた場合には、なるべく早めに医師の診察を受けるようにしましょう。

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖