食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

【医師監修】こんな症状が出たら要注意!糖尿病患者さんがうつ病になりやすい理由

糖尿病患者さんは、うつ病を併発しやすいと言われています。ここでは、糖尿病とうつ病の関係、そしてうつ病を併発することによる糖尿病治療への影響についてひも解いていきます。

糖尿病とうつ病の関係とは

糖尿病があるとうつ病になりやすく、また逆にうつ病があると糖尿病になりやすいという相互関係があると言われています。糖尿病とうつ病の関係を見ていきましょう。

<データで見る糖尿病とうつ病の関係>

独立行政法人 国立精神・神経医療研究センターが糖尿病とうつ病の併発について調べた研究結果によると、糖尿病患者さんでうつ病を併発している人は11.4%、うつ病を併発している疑いのある人は31.0%であると報告されています。

厚生労働省によると、うつ病の生涯有病率(これまでにうつ病を経験したことのある人)は日本人全体の3〜7%ですので、糖尿病患者さんはうつ病を併発しやすいことが分かります。

<糖尿病がうつ病を引き起こす理由>

糖尿病だと、どうしてうつ病になりやすいのでしょうか。
まず、突然糖尿病と診断されたとき、糖尿病患者さん本人や家族の心理的混乱は大きく、認めたくないという思いや悲しみや今後の不安などから、うつが引き起こされることがあります。
治療をスタートすると、食事制限や運動、血糖値測定などの自己管理を求められることに負担を感じ、そのストレスからうつ病になることもあります。

また、血糖コントロールがうまくいかなかったり、合併症を併発してしまった場合には、日常生活の制限が厳しくなったり、薬の量が増えるなど治療が強化されることがあります。このことで、これまでの治療への取り組み方が悪かったのではないかと自分を責めてしまい、罪悪感や後悔からうつ病を誘発してしまうこともあるといいます。

<うつ病が糖尿病を引き起こす理由>

前述とは逆に、うつ病があると、糖尿病になりやすいとも言われています。2010年11月、内科学アーカイブスに掲載された論文によると、うつ病と糖尿病は互いにリスクを高めるという結果を発表しています。
論文では、うつ病だと糖尿病にかかりやすくなる理由について、運動不足やストレスによる過食など、うつ自体が原因で糖尿病が生じる可能性と、一部の抗うつ薬の副作用により体重増加が起こり、それが糖尿病につながる可能性の二つが考察されています。

うつ病を併発することで起こりうる悪影響とは

糖尿病とうつ病を併発すると、生活の質が低下してしまうだけでなく、さまざまな合併症を引き起こしたり、悪化させたり、最悪の場合、命に関わる状態を引き起こすことさえあります。
たとえば、うつ病により、糖尿病治療において治療の肝となる食事療法や運動療法への意欲が低下してしまい、血糖コントロールが乱れやすく、神経障害、糖尿病腎症、網膜症などの合併症が起きやすくなります。また、血糖コントロールの悪化が続くと、心筋梗塞や脳梗塞など命にかかわる深刻な合併症を引き起こすリスクも高くなります。

糖尿病患者さんに現れるうつ病のサインとは

厚生労働省のサイトによると、糖尿病患者さんの約半数は、うつ病になったことに気付いていないと言われています。

うつ病はこころの不調だけでなく、体にも不調が現れることがあるので、家族や周りの人がそのサインに気付いてあげることが大切です。また糖尿病患者さん自身も、周りとのコミュニケーションをとるうちに、以前の自分とは何かメンタル面で違和感を覚えるようなことがあれば、周囲の人や主治医に相談してみることも大切です。

糖尿病とうつ病を併発しても、両方の治療を同時におこなうことは可能です。
ひとつの目安として、次のような症状(サイン)が見られた場合は、主治医にこころと体の不調について相談してみましょう。

  • 最近、体重が減った
  • 食欲が低下した
  • 日中に異常に眠気を感じる
  • 寝つきが悪い、途中で目が覚めて眠れないなど眠りが浅い
  • 動きや話し方が遅くなった
  • 性欲が減ってきた
  • 集中したり、物事の判断が難しく感じられるようになった
  • 悲しい気持ちが消えない
  • これまで楽しめていた趣味などに興味がなくなった、楽しめない
  • 自分を大切に思えず、死にたくなるときがある
  • 罪悪感にさいなまれることがある

周りとのコミュニケーションが予防&改善のカギ

今回は、糖尿病とうつ病の関係についてご紹介しました。

糖尿病とうつ病は、関係が深い病気。しかし、もし糖尿病とうつ病を併発してしまってもどちらも治療は可能です。うつ病が悪化することで、血糖コントロールにも大きく影響を及ぼし、他の合併症を招く前に、まずはうつ病に気付くことが大切です。
うつ症状のサインを自覚するためにも、周りとのコミュニケーションを大切にし、何か心配事や不安なことがあれば主治医や家族など、周りの人に相談するようにしましょう。

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

第7回 糖尿病川柳

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖
×BannerBanner