糖尿病患者さんは要注意! 夏場の熱中症対策を忘れずに

熱中症対策を忘れずに

厚生労働省では、熱中症を予防するためのポイントとして「こまめな水分補給」と「暑さを避ける」ことを推奨しています。

屋外、室内にかかわらず、こまめに水分補給することが大切です。喉の渇きを感じていない場合でも、水分・塩分、経口補水液などを補給するようにしましょう。

外出時には日傘や帽子を着用し、できるだけ日陰を利用するようにしましょう。また、こまめに休憩をはさむことも大切です。室内では扇風機やエアコンを利用して温度を調節し、室温をこまめに確認しましょう。

高齢の方や糖尿病患者さんに限らず、夏は熱中症に注意が必要です。こまめな水分補給と暑さを避ける工夫を心がけて、暑い夏を乗り切りましょう。

参照・参考
厚生労働省│熱中症予防のために
国立研究開発法人 国立環境研究所│熱中症患者速報 平成27年度報告書
環境省 熱中症予防情報サイト│熱中症の予防方法と対処方法
環境省│熱中症環境保険マニュアル 2014

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖