糖尿病コラム

糖尿病患者の方が守っておきたい間食チェックリスト


そもそも”間食”とは?

「朝昼晩の3食以外に食べるもの」を「間食」と呼びます。そのため、3時のおやつだけが「間食」ではありません。小腹がすいたときに食べる軽食や夜食も「間食」に含まれます。

お菓子やデザート、ジュース類などの嗜好(しこう)食品などを指す「おやつ」にくらべ、より広い範囲の意味をもつ言葉といえるでしょう。


「間食」で注意するべきことは、その1食分の食事の内容だけではなく、他の食事との兼ね合いや、1日の総カロリー、総摂取糖質を考えながら管理する必要がある点です。

糖尿病患者さんの場合、無意識・衝動的に手近にある食物を食べてしまうと、血糖コントロールがうまくいかなくなってしまう危険性があります。


「間食」を楽しむためには、食べるものをきちんと理解して管理した上で、上手に工夫していくことが重要です。


おやつ・間食依存をセルフチェック!

カロリーや糖質の面からいうと、間食はできれば控えめにした方がよいものですが、それでもどうしても間食が止められない方もいます。
それは「間食」や「おやつ」が習慣化してしまい依存してしまっているせいかもしれません。

まずは、おやつ・間食の依存度をチェックしてみましょう。


Q.甘いものが大好きで、「おやつ」を常備していませんか?

デスクの引き出しや、カバンの中にそっと「おやつ」を忍ばせてはいませんか?

自分の近くに置いてあると、ついつい食べてしまうものです。特に作業しながら食べてしまうと、無意識に食べてしまうため「数日分買っておいたのに、一日で食べちゃった」なんてことが起きるかもしれません。

また、同じ職場内で「おやつ」の好きな人や、「おやつ」をくれる人がいる場合も要注意です。

近くに「おやつ」があることに慣れてしまったことで、「おやつ」を食べること、すなわち「間食」依存の可能性があります。


Q.コンビニやカフェ、喫茶店へよく行きますか?

ふらっと立ち寄って何でも手に入る「コンビニ」。新商品のお菓子から定番のアイス、スナックまで、「間食」するにはもってこいのお店です。

また、カフェや喫茶店では、ケーキセットや、甘いドリンクのメニューが豊富にそろっています。

コンビニでの衝動買いや、甘いドリンクについて身に覚えがありますか?
もしあるなら、知らぬ間に依存してしまっているかもしれません。


Q.「これぐらいならいいかな」と思う瞬間はよくありますか?

「食べ物を残すのがもったいない」、「一口くらい食べても変わらない」など、食べる前に自分を許してしまうことはありませんか?

「まあ、いいかな」とそのまま食べてしまうことで、「間食」が習慣化してしまっている可能性があります。


1 2 3

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

新着糖尿病レシピ

イカの中華炒め

149kcal

5.5g

1.9g

その他の記事

糖尿病と関係がある? 「起立性低血圧」について

「起立性低血圧」という症状をご存知でしょうか? 「立ちくらみ」というと、多くの方がイメージできるのではないかと思います。起立性低血圧は多くの人にとって関係のある症状ですが、起こる原因の一つには糖 ...

新制度も施行。あらためて知っておきたい、フットケアの重要性

2016年から、透析患者さんを対象にした足病のチェックと専門の医療機関への紹介が、新たに診療報酬に加算されることになりました。 こうした医療制度の変更は、入念なフットケアが重要な課題であることを ...

覚えておいてほしい、糖尿病と爪の関係

足の爪は足先を保護する大切な存在ですが、時には爪のトラブルが原因で病気を発症してしまうケースがあります。さらに糖尿病患者さんの場合は、発症した病気が重症化し、深刻な状態となってしまう可能性があります。 ...

糖尿病患者さんは要注意。便秘を予防する工夫とは?

排便が困難、もしくは頻度が少なくなってしまう「便秘」は、多くの人が悩んでいる症状です。 あまり知られていないかもしれませんが、糖尿病の合併症である神経障害は、便秘になってしまう原因の1つです。つまり ...

糖尿病患者さんは要注意! 夏場の熱中症対策を忘れずに

暑い日が続く夏は、熱中症への注意が必要なシーズンです。特に、高齢の方や糖尿病などの慢性疾患のある方は、熱中症になりやすいとされています。また、屋外だけでなく屋内でも熱中症を発症してしまう可能性はあり、 ...

夏は睡眠時間が短くなりやすい! 糖尿病と睡眠の関係性

寝苦しい夜が続く夏は、睡眠不足に陥りやすい季節。厚生労働省が公表している「健康づくりのための睡眠指針2014」では、日の長い季節の睡眠時間は短くなる傾向にあり、反対に日の短い季節では睡眠時間が長くなる ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

セルフチェック

最新記事

PAGETOP