歯周病で糖尿病が悪化!?歯が抜ける前にやっておくべきケア

歯周病と糖尿病の不思議な関係

歯周病は、歯の周りのはぐきや歯を支える骨に慢性的に炎症が起こる病気の総称です。

炎症が起こる原因はさまざまですが、細菌が歯の周りに繁殖して、プラーク(歯垢)として付着することによって引き起こされます。

炎症の初期段階では、はぐきのみが腫れているのですが(歯肉炎)、炎症が進行して歯を支えている骨まで溶かしてしまうと(歯周炎)、歯がグラグラしてしまい、最後には歯が抜け落ちてしまうこともある病気です。

(1)糖尿病が歯周病に及ぼす影響

糖尿病患者さんでは、高血糖状態が続くと、体の防御システムを担っている白血球の働きが弱まってしまいます。白血球が少なくなると、感染症にかかりやすくなるため、細菌感染が原因の歯周病にもかかるリスクが高くなると言われています。

また、高血糖により、はぐきの血管に負担がかかり傷んでしまうことから、歯周病が進行しやすくなることもわかっています。

(2)歯周病が糖尿病に及ぼす影響

一方で、歯周病になることで糖尿病に影響を及ぼすこともあります。

歯周病によって口腔内に慢性的に炎症を起こしている状態が続くと、さまざまな炎症物質が歯肉の毛細血管を通じて血中に入り込み、全身に渡ります。

これらの炎症物質はインスリン阻害物質とも呼ばれており、増えすぎるとインスリンの効きを悪くすることがわかっているため、血糖値が上昇し、糖尿病を誘発したり、糖尿病患者さんの血糖コントロールをますます困難にしてしまいます。

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖