糖尿病でも食べられる!ドライフルーツの選び方

フルーツジュースより未加工の果物

ドライフルーツについて説明する前に、「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」誌(2013年8月29日)で発表された、果物と糖尿病リスクについての研究結果をご紹介します。これによると、フルーツジュースの代わりにプルーンなど未加工の果物を摂取することで、8%~18%ほど糖尿病リスクの低減が期待されるのだそうです。

その理由としては、フルーツジュースは糖分がたっぷりあるうえに、食物繊維が取り除かれていることが挙げられます。
そのため、ジュースを飲むよりも加工していない果物そのものを食べたほうがビタミンや食物繊維をしっかりと摂取することができるのです。

とはいえ、生の果物は傷みやすく日持ちしないので、毎日食べるのは少し大変かもしれません。一方、保存に適したドライフルーツなら、比較的取り入れやすいといえます。

では、ドライフルーツは生の果物と同じように食べてもよいのでしょうか?

おすすめは「砂糖不使用の天日干し」

ドライフルーツといっても、全部のドライフルーツが同じ製法で作られているわけではありません。
ドライフルーツは4つのタイプに分かれます。

(1)砂糖漬けタイプ

砂糖に漬けることで、浸透圧により果物の水分を放出し、乾燥させます。

(2)油脂使用タイプ

油で揚げることで乾燥させます。果物チップスや野菜チップスなども含まれます。

(3)フリーズドライタイプ

果物を冷凍し、真空状態にして水分を気化させ、乾燥させたものです。

(4)天日干し・砂糖不使用タイプ

天日干しすることで水分を放出し、乾燥させています。

砂糖漬けタイプや油脂使用タイプは、糖分や油分が加わっており、カロリーが高くなってしまいがちです。

そこで糖尿病患者さんにおすすめなのは、「天日干しにした砂糖不使用のドライフルーツ」です。砂糖漬けタイプよりも甘さは控えめになりますが、果物本来の酸味と甘みを楽しむことができます。

ドライフルーツを選ぶときには、原材料名や栄養成分をチェックして、砂糖不使用のタイプを選ぶとよいでしょう。

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖