糖尿病患者さんが注意するべき「シックデイ」とは?

シックデイの適切な対処法とは?

シックデイに適切に対処し、そのリスクを最小限に抑えるためには、まず早期の医療機関の受診が大切です。

一般的な医療機関の受診はもちろんのこと、糖尿病患者さんの場合は主治医に連絡して、服用する薬について指導を受けてください。

家で休む時はなるべく安静にして、体力の消耗を防ぐようにしましょう。

また、体温や血糖値などを確認し、病状の把握に努めることも大切です。

風邪などの病気を発症する可能性は誰にでもありますが、糖尿病の患者さんの場合は、それが思いもよらない症状の悪化へとつながってしまう可能性があります。

そのため、シックデイについてしっかりと理解し、病気やケガにはつねに注意を払うことが大切です。

糖尿病の治療を続けるのはもちろんですが、糖尿病以外の症状もつねに意識して、健康に留意して日々を過ごすことが大切です。

参照・参考
糖尿病診療ガイドライン2016|南江堂|日本糖尿病学会

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖