糖尿病の症状

糖尿病患者さんが注意するべき「シックデイ」とは?


シックデイの適切な対処法とは?

シックデイに適切に対処し、そのリスクを最小限に抑えるためには、まず早期の医療機関の受診が大切です。

一般的な医療機関の受診はもちろんのこと、糖尿病患者さんの場合は主治医に連絡して、服用する薬について指導を受けてください。

家で休む時はなるべく安静にして、体力の消耗を防ぐようにしましょう。

また、体温や血糖値、尿ケトン体のチェックを数時間おきに行い、病状の把握に努めることも大切です。

風邪などの病気を発症する可能性は誰にでもありますが、糖尿病の患者さんの場合は、それが思いもよらない症状の悪化へとつながってしまう可能性があります。

そのため、シックデイについてしっかりと理解し、病気やケガにはつねに注意を払うことが大切です。

糖尿病の治療を続けるのはもちろんですが、糖尿病以外の症状もつねに意識して、健康に留意して日々を過ごすことが大切です。

参照・参考
糖尿病ネットワーク│12. 病気になった時の対策シックデイ・ルール
糖尿病ネットワーク│糖尿病患者さんの6割がシックデイを経験するも、認知低い

1 2 3

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

その他の記事

あなたは知っていますか? 隠れた糖尿病の発症リスク「異所性脂肪」とは?

「異所性脂肪」という言葉をご存知でしょうか? これは読んで字のごとく、お腹まわりなどの蓄積しやすい場所とは違う部分についてしまう脂肪のことです。 異所性脂肪の多い人は外見的には肥満に見えにくいと ...

ほてりが糖尿病のサイン!? 異変を見逃さずに早期発見

糖尿病患者さんの中には、突然顔のほてりが現れるといった症状がみられることがあります。 顔のほてりと糖尿病はあまり関係がないようにも思えますが、どうしてこのような症状が起こるのでしょうか? その理 ...

「最近、肌にかゆみが出るようになった」 糖尿病との関係は?

以前には感じなかったかゆみが出るようになったという人はいませんか? それはもしかしたら糖尿病のサインかもしれません。 今回は、糖尿病と肌のかゆみの関係性とともに、かゆみの予防法をご紹介しま ...

2型糖尿病は記憶力が低下する!? 血糖値が脳に与える影響

「記憶力」と「糖尿病」。一見関係性がなさそうですが、近年その意外な関係が注目されています。 今回は、「糖尿病」と「記憶力」についての研究と、記憶力低下を防ぐ方法をご説明します。 2型糖尿病 ...

食後の血糖値は大丈夫? 食後高血糖のリスクと対策

糖尿病患者さんや糖尿病予備群の方が気になる「高血糖」。近年は、糖尿病の診断がなくても食後に高血糖となる「食後高血糖」も報告されています。国際糖尿病連合の「食後血糖値の管理に関するガイドライン」(200 ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

Q&A

最新記事

PAGETOP