食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

【医師監修】「糖尿病かもしれない!」と思ったらすぐに実践するべき3つの行動

その1.まずは受診! ~どんな病院へ行くべきか~

糖尿病かもしれないと不安に思ったら、まず病院へ行って医師に相談しましょう。
かかりつけの病院があれば、そこに行って相談するのも一つの方法です。
しかし大人になると、もう何年も病院に通っていないという人も多く、何科を受診すれば良いのかということから迷うのではないでしょうか。

糖尿病の場合、診療科目は内科になります。
かかりつけの病院に内科があれば、そこで診察を受け、医師の判断により紹介状をもらって総合病院の内科を受診するのが良いでしょう。

特に、すでに気になる自覚症状が出ている場合には、糖尿病が進行している可能性が高いので、糖尿病専門医のいる内科の病院を選ぶようにしましょう。
これは、検査によって糖尿病と診断された場合に、病院を移ることなく、スムーズに糖尿病専門医が自分の担当医となってくれるためです。

では、一般の内科と糖尿病専門医のいる内科では何が違うのでしょうか。

医師は、医師国家試験に合格し、厚生労働省に医師の登録をすれば診療科目にかかわらず診察をすることができます。つまり、医師であれば誰でも内科医を名乗ることができます。

一方、糖尿病専門医は、日本糖尿病学会が実施する専門医試験に合格した医師にのみ与えられる資格です。
また、専門医試験の受験資格にも糖尿病に関する論文の実績、糖尿病診療への十分な知識と経験を有することなど厳格な規定があります。
このような条件をクリアした医師が糖尿病専門医となるので、より専門的で適切な診断や治療を受けることができるのです。
(参考:円山公園内科HPより「糖尿病専門医について」

糖尿病専門医のいる病院は、日本糖尿病学会のホームページ(http://www.jds.or.jp/modules/senmoni/)で探すことができます。

その2.検査を受ける ~どんな検査を受けるのか~

病院を受診したら、どんな検査を受けるのでしょうか。
まず、血糖値関連の検査を行います。その結果、糖尿病が疑われる場合には、さらに詳しく検査を進めていくことになります。

◆糖尿病診断時(初診時)に行われる主な検査項目
<尿糖検査>

血液中にブドウ糖が多いと、尿にもブドウ糖が排泄されるようになりますので、尿を検査することで血糖値が高いかどうかを間接的に知ることができます。

しかし、最近は、血糖値を測定すればより確実に糖尿病の診断ができるため、尿糖検査を重視しない傾向にあります。ですが採血をせずに検査できるため、病院によっては実施される場合もあります。
(参考:http://nara.med.or.jp/kenkou_ikaga/kenkou_ikaga934.html)

<血糖値関連の検査>

「糖尿病」は1度の検査だけでは診断できません。以下の検査結果で、基準値を超えている場合を「糖尿病型」といい、複数の検査結果、もしくは多飲、多尿、体重減少など糖尿病の典型的症状などを組み合わせて考慮した上で、「糖尿病」と診断されます。

・空腹時血糖
前日夜から10時間以上絶食した状態の血糖値を測ります。126mg/dl以上で「糖尿病型」とされます。

・随時血糖
食事や時間に関係なく測定した血糖値。200mg/dl以上で「糖尿病型」とされます。また、食後何時間経っているかを見ることで、食後血糖値の推移がわかります。

・ヘモグロビンA1c(HbA1c)検査
血液中にある赤血球の成分であるヘモグロビンにブドウ糖が結合したものをヘモグロビンA1cといいます。
赤血球にブドウ糖が一度くっつくと、赤血球の寿命(約120日間)が来るまでブドウ糖は離れません。
その性質を利用して、血液中の総ヘモグロビン量に対するHbA1cの割合を見ることで、過去1〜2ヶ月の血糖値の平均を知ることができる検査です。
NGSP値(国際基準値)で6.5%以上、JDS値(日本糖尿病学会の基準値)で6.1%以上であれば「糖尿病型」とされます。

・経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)
75gのブドウ糖を水に溶かしたものを飲み、30分後、1時間後、2時間後と血糖値を測定し、変動を調べる検査です。この検査で、食後の血糖値を厳密に調べることができます。
2時間後の血糖値200mg/dl以上で「糖尿病型」とされます。

上記5項目の検査値で異常値が出た場合や、総合的に判断し糖尿病と診断された場合は、さらに以下のような詳しい検査を行いながら、治療をスタートすることになります。

  • グリコアルブミン(GA)検査
  • フルクトサミン(FRA)検査
  • C−ペプチド検査
  • 1.5アンヒドログルシトール(1.5AG)検査
  • ケトン体検査
  • 血圧、血清脂質の測定
  • 視力検査、眼底検査など合併症に関する検査

各検査の詳細は下記のページをご覧ください。
MSD HPより「糖尿病の検査・診断」
http://www.msd.co.jp/healthcare/lifestyle-diseases/diabetes/diagnostic-tests/Pages/home.aspx

Photo

第1回 外食について

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

第1回 外食について

Photo

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

1 2 3

BannerBanner
糖尿病の放置はNG! 気をつけたい6大合併症とは?
糖尿病の放置はNG! 気をつけたい6大合併症とは?

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖
×BannerBanner