糖尿病コラム

頼りになります!糖尿病専門医をご紹介

糖尿病の治療に欠かせないのが定期的な診察、検査です。
糖尿病を抱える人達にとって、糖尿病の治療をどこでおこなうか?どのドクターにかかりつけ医となってほしいかを選ぶのはとても難しい問題です。


今回は、そんなかかりつけ医選びに役立つ、国内で活躍する糖尿病専門医をご紹介しましょう。


そもそも糖尿病専門医ってどんな医師なのでしょう

現在、糖尿病専門医は全国で4760名。
(平成25年8月現在社団法人日本専門医制評価・認定機構:http://www.japan-senmon-i.jp/data/)


糖尿病専門医は、
1)内科または小児科認定医研修が修了した日本内科学会もしくは日本小児科学会の認定医であること、
2)糖尿病学会が認定する医療機関で3年以上糖尿病臨床研修を行っていることが前提です。
そして、日本糖尿病学会に3年以上連続して入会し、日本糖尿病学会が行う専門医試験にパスした医師だけに与えられる資格が糖尿病専門医です。


日本国内で活躍する糖尿病専門医リスト

日本糖尿病学会のホームページでは、全国各地で従事する糖尿病専門医の検索ができるサービス(http://www.jds.or.jp/modules/senmoni/)をおこなっています 。


数多くの糖尿病専門医の中でもブログなどで日々様々な糖尿病に関する情報を発信しているドクターもいます。
その中でも特におすすめのブログをいくつか紹介いたしましょう。


1) 医療法人社団 天陽会 柳田医院

糖尿病専門医の院長のもと、糖尿病患者同士の交流を深める友の会を主催しています。
糖尿病患者さんのための料理教室や、運動教室などを開催していて、開催レポートが記事として配信されています。


実際に教室に参加できなくても雰囲気がわかります。みなさん熱心にでも楽しみながら取り組まれている様子がわかりますよ。

住所:東京都羽村市


2)AGE牧田クリニック

「糖尿病で死ぬ人、生きる人」など糖尿病治療に関する多くの著書をもつ牧田善二医師が院長を務める、糖尿病を専門とした完全予約制、自由診療制のクリニックです。
長年糖尿病腎症の研究に携わってきた背景から、独自の治療持論をもつ牧田医師。
ブログでも糖尿病に関する強い信念が感じられます。

住所:東京都中央区


3)たけおクリニック

たけおクリニックは糖尿病専門医の院長のもと、糖尿病療養指導士、看護師による糖尿病療養指導・相談に力を入れているクリニックです。
院長のブログでは、糖尿病の最新情報がわかりやすく紹介されています。

住所:東京都世田谷区


病院選びは、自分の目でみて見極めるのが大切

最近では、ここに紹介した様なドクター自ら治療に役立つコラムを執筆するブログをもつ医療機関も増えてきました。
興味をもった病院には直接問い合わせを行うなど、ネットの情報だけでなく自分の目で見極めることが必要です。


自分に合った病院を選び充実した糖尿病ライフを送りましょう。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

新着糖尿病レシピ

中華風豆乳鍋

198kcal

5.7g

1g

さつまいものごま団子

99.9kcal

1.5g

0.05g

その他の記事

男性糖尿病患者さんは高確率で経験。EDと糖尿病の関係は?

男性特有の病気であるED(勃起障害)は血糖コントロールと関係しており、男性の糖尿病患者さんは特にリスクが高いと考えられています。 NIDDK(米国国立糖尿病・消化器・腎疾患研究所)が行った調査で ...

乾燥シーズンの到来! 糖尿病と皮膚トラブルの関係は?

空気が乾燥する冬は、暖房器具などの影響も加わり皮膚が乾燥しやすいシーズンです。特に糖尿病患者さんの場合皮膚が乾燥しやすく、皮膚トラブルを起こしやすいので注意が必要だといえます。 今回は、糖尿病と ...

糖尿病が危険因子!? 糖尿病とすい臓がんの深い関係

日本人の死亡原因第1位であるがんは、糖尿病患者さんに限らず注意が必要な疾患です。なかでもすい臓がんは自覚症状が現れにくく、早期の発見が難しいがんだとされています。じつは、糖尿病患者さんはすい臓がんを発 ...

糖尿病はインフルエンザのリスクにも影響。予防接種で対策を

冬に流行をみせるインフルエンザは、誰にとっても注意しなければいけない症状です。特に、糖尿病患者さんの場合は、その症状のリスクが高いことが知られており、入念な予防が欠かせません。 ワクチンの予防接 ...

動脈硬化対策にウォーキング。継続するメリットとは?

糖尿病患者さんにとって、大きなリスクである動脈硬化。そのリスクを低減する生活習慣の一つがウォーキングをはじめとする有酸素運動です。   今回は、動脈硬化のリスクをおさらいしつつ、人間の脳や感覚、身 ...

命に関わるCKD。積極的なチェックで対策を

近年、CKD(慢性腎臓病)という疾病概念が新たに提唱され、この対策が急務の課題として位置づけられました。腎臓の病気が以前よりも深刻なものと考えられるようになった背景には、糖尿病の合併症である糖尿病性腎 ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP