起きている時間帯が発症リスクに影響。糖尿病予防に関係が深い睡眠の重要性とは

起きている時間帯は人によってさまざまです。仕事であったり趣味であったりと理由はさまざまですが、夜遅くまで起きている「夜型」と呼ばれる生活を送っている人もいます。

しかし、過去に発表された研究の結果によって、起きている時間帯が肥満や糖尿病の発症リスクに影響する可能性があることが指摘されています。

糖尿病を発症する可能性を下げるためには、睡眠の習慣に注意をはらうことも大切です。生活を改善するきっかけとして、ご紹介いたします。

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖