糖尿病コラム

あなたは大丈夫?糖尿病リスクを上げる「睡眠時無呼吸症候群」

日々体や脳の疲れを癒すのに大切な睡眠。睡眠時間中に呼吸が止まってしまう現象を「睡眠時無呼吸症候群」といいます。「睡眠時無呼吸症候群」は適切な睡眠が取れていないため、日中の眠気や倦怠感などが起こりますが、それだけでなく、糖尿病のリスクも上げてしまうことが最近の研究で分かってきました。

今回は「睡眠時無呼吸症候群」という病気や、糖尿病との関係について見ていきましょう。


「睡眠時無呼吸症候群」ってどんな病気?

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)は、文字通り、睡眠時に呼吸が止まってしまう病気。医学的に「無呼吸」という状態は、気道の空気の流れが10秒以上止まってしまうこと。寝ているときは筋肉が緩み、舌や口蓋垂(のどちんこ)が下側に落ち込みやすく、気道が完全に塞がってしまうと「無呼吸」が起こります。元々の骨格にもよりますが、肥満の場合にのどや首回りに脂肪が付くと気道が狭くなるため、「無呼吸」が起こりやすくなります。

ちなみに、気道の前の喉のあたりが塞がりかけている状態で空気が通り、粘膜などが震えて出る音が「いびき」です。


<睡眠時無呼吸症候群の定義>

「無呼吸」の状態が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、または、1時間あたり5回以上起こること


睡眠時無呼吸症候群と糖尿病の関係。リスク最大3倍に

「睡眠時無呼吸症候群」と糖尿病の関係は全容が解明されているわけではありませんが、そのリスクは最大3倍にもなるという研究報告があります。
無呼吸の状態では、体の酸素量が減り、二酸化炭素量が増えます。体は異常を感じ、アドレナリンなどのストレスホルモンを分泌します。このストレスホルモンは血糖値を下げる働きのあるホルモンであるインスリンの分泌を弱めたり、効きを悪く(インスリン抵抗性)します。そのため血糖値が上がることが、一説として糖尿病発症リスクを高めると考えられているのです。


<睡眠時無呼吸症候群の予防法>

・肥満の場合は減量を
 余分な脂肪で気道が狭くなってしまいます。

・寝る前のお酒は控えめに
 アルコールが入ると筋肉が弛緩しやすく、舌や口蓋垂が下がって気道を塞ぎがちになります。

・鼻の症状がある場合は治療を
 鼻呼吸がしづらく、口呼吸をしていると気道が狭くなりやすくなります。

・横向きで寝る
 仰向け姿勢よりも舌や口蓋垂の落ち込みを改善し、気道の塞がりを防ぐことができます。


自分一人では気付きにくい睡眠時無呼吸症候群。気になる症状があれば、早めに検査を

無呼吸は寝ているときに起こる現象のため、なかなか自分で気付きづらいものです。家族やパートナーからの指摘以外にも、次のような症状にも要注意です。


  • 日中にやたら眠い
  • やたらと疲労感、倦怠感が続く
  • 車の運転中、信号などの停車中に寝てしまう
  • 電車の中や会議中などで椅子に座った状態でもいびきをかく

睡眠時無呼吸症候群は、糖尿病以外にも、高血圧や心臓病とも関係が深いと言われています。
気になる症状がある場合には、早めに検査を受けましょう。
まずは内科や耳鼻科に相談してみるのもおすすめです。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

新着糖尿病レシピ

中華風豆乳鍋

198kcal

5.7g

1g

さつまいものごま団子

99.9kcal

1.5g

0.05g

その他の記事

男性糖尿病患者さんは高確率で経験。EDと糖尿病の関係は?

男性特有の病気であるED(勃起障害)は血糖コントロールと関係しており、男性の糖尿病患者さんは特にリスクが高いと考えられています。 NIDDK(米国国立糖尿病・消化器・腎疾患研究所)が行った調査で ...

乾燥シーズンの到来! 糖尿病と皮膚トラブルの関係は?

空気が乾燥する冬は、暖房器具などの影響も加わり皮膚が乾燥しやすいシーズンです。特に糖尿病患者さんの場合皮膚が乾燥しやすく、皮膚トラブルを起こしやすいので注意が必要だといえます。 今回は、糖尿病と ...

糖尿病が危険因子!? 糖尿病とすい臓がんの深い関係

日本人の死亡原因第1位であるがんは、糖尿病患者さんに限らず注意が必要な疾患です。なかでもすい臓がんは自覚症状が現れにくく、早期の発見が難しいがんだとされています。じつは、糖尿病患者さんはすい臓がんを発 ...

糖尿病はインフルエンザのリスクにも影響。予防接種で対策を

冬に流行をみせるインフルエンザは、誰にとっても注意しなければいけない症状です。特に、糖尿病患者さんの場合は、その症状のリスクが高いことが知られており、入念な予防が欠かせません。 ワクチンの予防接 ...

動脈硬化対策にウォーキング。継続するメリットとは?

糖尿病患者さんにとって、大きなリスクである動脈硬化。そのリスクを低減する生活習慣の一つがウォーキングをはじめとする有酸素運動です。   今回は、動脈硬化のリスクをおさらいしつつ、人間の脳や感覚、身 ...

命に関わるCKD。積極的なチェックで対策を

近年、CKD(慢性腎臓病)という疾病概念が新たに提唱され、この対策が急務の課題として位置づけられました。腎臓の病気が以前よりも深刻なものと考えられるようになった背景には、糖尿病の合併症である糖尿病性腎 ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP