あなたは大丈夫?糖尿病リスクを上げる「睡眠時無呼吸症候群」

日々体や脳の疲れを癒すのに大切な睡眠。睡眠時間中に呼吸が止まってしまう現象を「睡眠時無呼吸症候群」といいます。「睡眠時無呼吸症候群」は適切な睡眠が取れていないため、日中の眠気や倦怠感などが起こりますが、それだけでなく、糖尿病のリスクも上げてしまうことが最近の研究で分かってきました。

今回は「睡眠時無呼吸症候群」という病気や、糖尿病との関係について見ていきましょう。

「睡眠時無呼吸症候群」ってどんな病気?

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)は、文字通り、睡眠時に呼吸が止まってしまう病気。医学的に「無呼吸」という状態は、気道の空気の流れが10秒以上止まってしまうこと。寝ているときは筋肉が緩み、舌や口蓋垂(のどちんこ)が下側に落ち込みやすく、気道が完全に塞がってしまうと「無呼吸」が起こります。元々の骨格にもよりますが、肥満の場合にのどや首回りに脂肪が付くと気道が狭くなるため、「無呼吸」が起こりやすくなります。

ちなみに、気道の前の喉のあたりが塞がりかけている状態で空気が通り、粘膜などが震えて出る音が「いびき」です。

<睡眠時無呼吸症候群の定義>

「無呼吸」の状態が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、または、1時間あたり5回以上起こること

睡眠時無呼吸症候群と糖尿病の関係。リスク最大3倍に

「睡眠時無呼吸症候群」と糖尿病の関係は全容が解明されているわけではありませんが、そのリスクは最大3倍にもなるという研究報告があります。
無呼吸の状態では、体の酸素量が減り、二酸化炭素量が増えます。体は異常を感じ、アドレナリンなどのストレスホルモンを分泌します。このストレスホルモンは血糖値を下げる働きのあるホルモンであるインスリンの分泌を弱めたり、効きを悪く(インスリン抵抗性)します。そのため血糖値が上がることが、一説として糖尿病発症リスクを高めると考えられているのです。

<睡眠時無呼吸症候群の予防法>

・肥満の場合は減量を
 余分な脂肪で気道が狭くなってしまいます。

・寝る前のお酒は控えめに
 アルコールが入ると筋肉が弛緩しやすく、舌や口蓋垂が下がって気道を塞ぎがちになります。

・鼻の症状がある場合は治療を
 鼻呼吸がしづらく、口呼吸をしていると気道が狭くなりやすくなります。

・横向きで寝る
 仰向け姿勢よりも舌や口蓋垂の落ち込みを改善し、気道の塞がりを防ぐことができます。

自分一人では気付きにくい睡眠時無呼吸症候群。気になる症状があれば、早めに検査を

無呼吸は寝ているときに起こる現象のため、なかなか自分で気付きづらいものです。家族やパートナーからの指摘以外にも、次のような症状にも要注意です。

  • 日中にやたら眠い
  • やたらと疲労感、倦怠感が続く
  • 車の運転中、信号などの停車中に寝てしまう
  • 電車の中や会議中などで椅子に座った状態でもいびきをかく

睡眠時無呼吸症候群は、糖尿病以外にも、高血圧や心臓病とも関係が深いと言われています。
気になる症状がある場合には、早めに検査を受けましょう。
まずは内科や耳鼻科に相談してみるのもおすすめです。

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖