「生活習慣病」と呼ばれる糖尿病。糖尿病は遺伝するの?

今や国民病とも言われるほど患者数の多い糖尿病。
「生活習慣病」の一つなので、糖尿病と聞くと「甘いものばかり食べている」「暴飲暴食している」「全然運動をしていない」とイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?

もちろん糖尿病は生活習慣の乱れに起因しますが、それだけではなく遺伝要因もあると考えられています。今回は、糖尿病と遺伝の関係について考えていきたいと思います。

糖尿病は遺伝病?家族や親せきに糖尿病患者さんがいなければ、絶対ならない?

糖尿病は、完全な遺伝病ではありません。
親や兄弟が糖尿病を発症したからと言って、100%自分も糖尿病になるとは限りません。
しかしながら、家族や親せきに糖尿病患者さんがいる場合は、全く家族歴がない人に比べて糖尿病になりやすくなるということは事実です。

では、全く家族歴がない人は糖尿病の心配はないのでしょうか。
これは、ノー。
確かに遺伝的に「糖尿病になりにくい体質」とは言えるかもしれませんが、家族歴が全くなくても糖尿病を発症する方はいます。

糖尿病の遺伝の確率は?

では、糖尿病の家族歴がある場合は、どのくらいの確率で糖尿病を発症するのでしょうか。

  • 両親ともに糖尿病 約50%
  • 両親どちらかが糖尿病 約30%
  • 兄弟の誰か1人が糖尿病 約15%
  • 一卵性双生児の一方が糖尿病 約80%
  • 二卵性双生児の一方が糖尿病 約20%

もちろんこれは一般的な数値のため一概に言うことはできませんが、やはり糖尿病の家族歴がある人は、遺伝以外の糖尿病の原因となる生活習慣に、より気を付けていく方が良いでしょう。
参考:http://www.to-nyo.com/to-nyo-faq/iden.html

糖尿病は、複合的な原因で発症する。誰にとっても身近な病気

糖尿病は、脾臓から分泌されるインスリンという血糖値を下げるホルモンの分泌量が減ったり、働きが悪くなることで高血糖状態が続いて発症します。
このインスリンの分泌量の低下や機能低下の原因となるものの一つは、遺伝。あとは、食べ過ぎ、運動不足、加齢、肥満、睡眠不足、ストレス・・・などの日常的な生活習慣の乱れなどが複合的に重なって起こります。

このような生活習慣の乱れは、誰もが思い当たることではないでしょうか。
また糖尿病は年配者あるいは太っている人の病気であるというイメージも強いかもしれませんが、若い人や痩せている人でも糖尿病になることもあります。
誰にとっても「全く関係のない病気」ではなく、「身近な病気」なのです。

1型糖尿病は遺伝する?

ここまで述べてきたのは、糖尿病患者さんの9割以上を占める2型糖尿病です。糖尿病にはもう1種類「1型糖尿病」があり、これは生活習慣が原因となって発症するものではありません。

1型糖尿病の原因は、その全容が解明されていないのが現状です。
原因として考えられているのが、自己免疫反応の異常、ウイルス感染、そして遺伝。
しかし、1型糖尿病の原因とされる遺伝子は数多く見つかっていますが、その遺伝子を持っていても発症せずに健康に過ごしている人も大勢います。
さまざまな研究結果において遺伝性は確かに認められていますが、はっきりとしたことは言えないのです。

他人事と考えずに、今日から生活習慣の改善を

1型糖尿病は予防するということは難しいものですが、2型糖尿病は生活習慣を改善することによって予防することができます。
たとえ家族歴がなくても、食べ過ぎない、適度に運動する、ストレスを溜めない、など今日からできる生活習慣の改善を実践していきましょう。

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖