糖尿病の症状

糖尿病による「痛み」の治療法、予防法は?

糖尿病の三大合併症の一つ、神経障害。糖尿病で高血糖状態が続くことによって、神経にダメージを与えてしまい、しびれや痛みを起こします。
初期の自覚症状があまりないと言われる糖尿病ですが、他の合併症である糖尿病腎症や糖尿病網膜症と比べて、比較的症状が早い段階で現れるのが神経障害です。

ここでは、糖尿病の神経障害における「痛み」についてフォーカスして見ていきます。


神経障害はなぜ起こる? 症状はさまざま

最初に、神経障害が起こるしくみについて簡単に見ておきましょう。
糖尿病の高血糖によって手足の末端の細い血管の血流が悪くなり、そこにある末梢神経に酸素や栄養が行き渡らず、神経が侵されていきます。末梢神経には、感覚神経、運動神経、自律神経があり、ダメージを受けた神経によってさまざまな症状が起こります。


<神経障害の症状例>

  • 手足のしびれ、痛み
  • 冷え、ほてり
  • 感覚の麻痺
  • 便秘、下痢
  • 味覚異常
  • 発汗異常
  • 立ちくらみ
  • 勃起障害    など

神経障害が悪化すると、次第に感覚がなくなり、小さな傷の痛みなどに気付かず処置が遅れ、最悪の場合壊疽したり、傷から感染症を起こしたりなど、重篤な状態になりかねないので注意が必要です。


神経障害による「痛み」の症状

「痛み」は人によって感じ方がさまざまですが、最初は足の裏や足の指のしびれから始まることが多いようです。
神経障害が進行してくると、靴下や手袋をする範囲にしびれや痛みを感じ、歩くことやシャワーが当たるだけでも痛みが走る状態になってしまうこともあります。
そして次第に感覚自体が鈍くなり、麻痺していってしまいます。

痛みの感じは、「ピリピリ」「ジンジン」「チクチク」「ズキズキ」や、「うずくような痛み」「電気が走るような痛み」「焼けるような痛み」「締め付けられるような痛み」などといった表現をされます。
また、これらの症状は左右の手足対称に起きてくるのが特徴的です。


神経障害の基本治療、予防は「血糖コントロール」

神経障害の痛みやしびれは放っておいて治ることがなく、悪化してしまいます。治療や予防の基本は、糖尿病の基本治療である「血糖コントロール」。

  • 【食事療法】1日の指示エネルギー(摂取カロリー)を守り、栄養バランスのとれた食事を規則正しくとる。
  • 【運動療法】ウォーキング、水泳など全身運動を週3回程度行う。
           ※ただし痛みがある場合には、まず医師に相談するようにしてください。
  • 【薬物療法】インスリン注射、インスリン分泌を促す経口薬など、医師から指示されている通りに行う。

これらに加え、禁酒・禁煙 、規則正しい生活など、生活習慣全般の見直しも大切です。
また、長期間高血糖が続き、治療を始めて急激に血糖値を下げることで痛みが生じる場合もあります(治療後有痛性神経障害)。医師の指示に従い、徐々に血糖値を下げていくなど注意が必要です。
病院では、痛み自体をやわらげる治療や、神経障害の要因に対する治療が行われることもあります。

神経障害は早めの対処で悪化を防ぐことができます。
痛みやしびれを我慢せずに、少しでも異常を感じたら、早めに医師の診察を受けるようにしましょう。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

新着糖尿病レシピ

中華風豆乳鍋

198kcal

5.7g

1g

さつまいものごま団子

99.9kcal

1.5g

0.05g

その他の記事

身長が関係している!? 妊娠高血圧症候群とは

妊娠中の女性が注意すべき症状の一つに、「妊娠高血圧症候群」というものがあります。妊娠高血圧症候群は妊婦さんの20人に1人が発症し、高血圧や肥満体型のかた、さらには糖尿病患者さんに発症しやすい症状とされ ...

糖尿病患者さんが注意するべき「シックデイ」とは?

「シックデイ」という言葉をご存知でしょうか? この症状は、多くの糖尿病患者さんが経験しているにも関わらず、認知が十分に進んでいないことが、問題点の1つとなっています。 糖尿病に向き合いつつ ...

あなたは知っていますか? 隠れた糖尿病の発症リスク「異所性脂肪」とは?

「異所性脂肪」という言葉をご存知でしょうか? これは読んで字のごとく、お腹まわりなどの蓄積しやすい場所とは違う部分についてしまう脂肪のことです。 異所性脂肪の多い人は外見的には肥満に見えにくいと ...

ほてりが糖尿病のサイン!? 異変を見逃さずに早期発見

糖尿病患者さんの中には、突然顔のほてりが現れるといった症状がみられることがあります。 顔のほてりと糖尿病はあまり関係がないようにも思えますが、どうしてこのような症状が起こるのでしょうか? その理 ...

「最近、肌にかゆみが出るようになった」 糖尿病との関係は?

以前には感じなかったかゆみが出るようになったという人はいませんか? それはもしかしたら糖尿病のサインかもしれません。 今回は、糖尿病と肌のかゆみの関係性とともに、かゆみの予防法をご紹介しま ...

2型糖尿病は記憶力が低下する!? 血糖値が脳に与える影響

「記憶力」と「糖尿病」。一見関係性がなさそうですが、近年その意外な関係が注目されています。 今回は、「糖尿病」と「記憶力」についての研究と、記憶力低下を防ぐ方法をご説明します。 2型糖尿病 ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

Q&A

最新記事

PAGETOP