糖尿病による「痛み」の治療法、予防法は?

糖尿病の三大合併症の一つ、神経障害。糖尿病で高血糖状態が続くことによって、神経にダメージを与えてしまい、しびれや痛みを起こします。
初期の自覚症状があまりないと言われる糖尿病ですが、他の合併症である糖尿病腎症や糖尿病網膜症と比べて、比較的症状が早い段階で現れるのが神経障害です。

ここでは、糖尿病の神経障害における「痛み」についてフォーカスして見ていきます。

神経障害はなぜ起こる? 症状はさまざま

最初に、神経障害が起こるしくみについて簡単に見ておきましょう。
糖尿病の高血糖によって手足の末端の細い血管の血流が悪くなり、そこにある末梢神経に酸素や栄養が行き渡らず、神経が侵されていきます。末梢神経には、感覚神経、運動神経、自律神経があり、ダメージを受けた神経によってさまざまな症状が起こります。

<神経障害の症状例>

  • 手足のしびれ、痛み
  • 冷え、ほてり
  • 感覚の麻痺
  • 便秘、下痢
  • 味覚異常
  • 発汗異常
  • 立ちくらみ
  • 勃起障害    など

神経障害が悪化すると、次第に感覚がなくなり、小さな傷の痛みなどに気付かず処置が遅れ、最悪の場合壊疽したり、傷から感染症を起こしたりなど、重篤な状態になりかねないので注意が必要です。

神経障害による「痛み」の症状

「痛み」は人によって感じ方がさまざまですが、最初は足の裏や足の指のしびれから始まることが多いようです。
神経障害が進行してくると、靴下や手袋をする範囲にしびれや痛みを感じ、歩くことやシャワーが当たるだけでも痛みが走る状態になってしまうこともあります。
そして次第に感覚自体が鈍くなり、麻痺していってしまいます。

痛みの感じは、「ピリピリ」「ジンジン」「チクチク」「ズキズキ」や、「うずくような痛み」「電気が走るような痛み」「焼けるような痛み」「締め付けられるような痛み」などといった表現をされます。
また、これらの症状は左右の手足対称に起きてくるのが特徴的です。

神経障害の基本治療、予防は「血糖コントロール」

神経障害の痛みやしびれは放っておいて治ることがなく、悪化してしまいます。治療や予防の基本は、糖尿病の基本治療である「血糖コントロール」。

  • 【食事療法】1日の指示エネルギー(摂取カロリー)を守り、栄養バランスのとれた食事を規則正しくとる。
  • 【運動療法】ウォーキング、水泳など全身運動を週3回程度行う。
           ※ただし痛みがある場合には、まず医師に相談するようにしてください。
  • 【薬物療法】インスリン注射、インスリン分泌を促す経口薬など、医師から指示されている通りに行う。

これらに加え、禁酒・禁煙 、規則正しい生活など、生活習慣全般の見直しも大切です。
また、長期間高血糖が続き、治療を始めて急激に血糖値を下げることで痛みが生じる場合もあります(治療後有痛性神経障害)。医師の指示に従い、徐々に血糖値を下げていくなど注意が必要です。
病院では、痛み自体をやわらげる治療や、神経障害の要因に対する治療が行われることもあります。

神経障害は早めの対処で悪化を防ぐことができます。
痛みやしびれを我慢せずに、少しでも異常を感じたら、早めに医師の診察を受けるようにしましょう。

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖