糖尿病の症状の一つ、「足のむくみ」はなぜ起こる?予防・改善策は?

「むくみ(浮腫)」とは?糖尿病では三大合併症の「糖尿病腎症」が原因

「むくみ(浮腫)」とは、全身の血流が悪くなり、細胞間の水分が異常に増加してしまった状態のことをいいます。
特に、立ち仕事やデスクワークなど同じ姿勢を取り続けることによって、全身の血流がスムーズにいかない場合に起こりやすくなります。

糖尿病患者さんでむくみが酷いという場合には、三大合併症である「糖尿病腎症」が疑われます。
「糖尿病腎症」とは、高血糖状態が続くことにより腎臓が酷使され、腎機能が低下してしまう病気。
症状が悪化し腎不全となると、毎日人工透析を受けなければならない状態にもなりかねない怖い病気です。

腎臓の主な働き としてよく知られているのが、血液中の老廃物をろ過し、尿として排せつすること。
しかし腎臓は、他にも体内の水分や電解質(ナトリウムなど)の調節などの重要な働きを担っています。
そのため、腎機能に障害が生じると、体内の水分量がうまく調節できなくなり、むくみが出やすい状態となるのです。

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖