糖尿病コラム

もしかしたら糖尿病?!糖尿病の検査はどんなもの?

太り気味、暴飲暴食を続けている、親が糖尿病など、もしかすると自分も糖尿病かも…と心配になることもあるかもしれません。

糖尿病は、主に血液検査で血糖値を計って判定されます。
では、具体的にどのような検査があるのでしょうか。


糖尿病の主な検査は、3種類の血糖値検査

糖尿病は血糖値が高い状態が続き、血管や神経などに徐々にダメージを与えていく病気。
そのため、判定には血糖値が重要となります。血糖値は食事によって変動するため、通常次の3つのタイミングで血糖値検査が行われます。


随時血糖検査

 食事から時間を空けて採血。普段の血糖値を測定します。
 糖尿病型 → 200mg/dL以上
 

早朝空腹時血糖検査

 

検査日の朝食を抜き、空腹状態で採血、血糖値を測定します。
 糖尿病型 → 126mg/dL以上
 正常型  → 110mg/dL未満
 ※「糖尿病型」「正常型」の中間は「境界型」といいます。


75gOGTT(75g経口ブドウ糖負荷試験)

 

検査当日の朝まで10時間以上絶食した空腹のまま採血、血糖値を測定。その後、ブドウ糖液を飲み、30分/1時間/2時間後に分けて血糖値を測定します。
 糖尿病型 → 2時間値200mg/dL以上
 正常型  → 2時間値140mg/dL未満
 ※「糖尿病型」「正常型」の中間は「境界型」といいます。


この3種類の検査で1つでも異常値があれば「糖尿病型」と診断されます。
「糖尿病型」となった場合には、別の日にもう一度検査を行い、また異常値が出れば「糖尿病」と確定的に判定されます。


他にも<HbA1c(ヘモグロビンエイワンシー)検査>といって、過去1~2か月間の血糖値の指標を診る検査もあり、この値が6.1%(JIS値)以上、かつ上の3つの検査に1つでも当てはまる場合は「糖尿病」と診断されます。


「境界型」なら安心?「境界型」も今日から生活習慣の見直しを

先ほど見たように、「糖尿病型」と「正常型」の中間の数値は「境界型」と呼ばれています。
「境界型」は、今は糖尿病ではないものの、「正常型」に比べて将来糖尿病になるリスクが高い状態にあると言えます。

「境界型」と診断されたら、まずは食事、運動、睡眠などの生活習慣を見直し、できるところから改善を図りましょう。

また糖尿病ではないけれど、高血圧、高脂血症などがある場合にはきちんと治療を受けましょう。
これらの病気は糖尿病とも密接な関係があるため。
きちんと対処すれば糖尿病になるリスクも大幅に減らすことができます。


健康診断からわかる糖尿病リスク

このように糖尿病の判定は血糖値検査で行われますが、定期的に受ける健康診断でも糖尿病のリスクを知ることができます。
標準体重に比較して体重が重い、また内臓脂肪の蓄積具合などから「メタボリックシンドローム」の状態にあると、将来糖尿病の発病リスクが高くなります。
BMIは疫学調査により、「22」に近い数値ほど病気になりにくいという結果が出ていますが、「27」以上になると糖尿病リスクは2倍にもなると言われています。


◆標準体重の算出方法
  標準体重=身長(m)の2乗×22
◆BMI(ボディ・マス・インデックス=体格指数)
  BMI=体重(kg)÷身長(m)の2乗
   ※「25」以上が肥満

健診を欠かさず受けて、早い段階で予防と治療を

糖尿病は初期の自覚症状が乏しいため発見されづらい病気ですが、早期に見つけ、早期に血糖コントロールを始めることで、糖尿病の進行や合併症の発症などを防ぐことができます。そのためには、定期的な健診が欠かせません。

40歳以上の人は、特定健診(40歳以上の公的医療保険加入者全員が対象)を受けることができます。
特定健診は通称「メタボ診断」と呼ばれ、糖尿病の検査も含まれています。
日頃の生活習慣の見直しと定期的な健診で、糖尿病を予防、また早めの治療を行っていきましょう。



参考サイト:
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/seikatu/tounyou/inspection.html
http://www.dm-town.com/oneself/shindan02.html
http://www.myclinic.ne.jp/imobile/contents/medicalinfo/top_naika/sanwa_naika_01/mdcl_info.html

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

新着糖尿病レシピ

中華風豆乳鍋

198kcal

5.7g

1g

さつまいものごま団子

99.9kcal

1.5g

0.05g

その他の記事

男性糖尿病患者さんは高確率で経験。EDと糖尿病の関係は?

男性特有の病気であるED(勃起障害)は血糖コントロールと関係しており、男性の糖尿病患者さんは特にリスクが高いと考えられています。 NIDDK(米国国立糖尿病・消化器・腎疾患研究所)が行った調査で ...

乾燥シーズンの到来! 糖尿病と皮膚トラブルの関係は?

空気が乾燥する冬は、暖房器具などの影響も加わり皮膚が乾燥しやすいシーズンです。特に糖尿病患者さんの場合皮膚が乾燥しやすく、皮膚トラブルを起こしやすいので注意が必要だといえます。 今回は、糖尿病と ...

糖尿病が危険因子!? 糖尿病とすい臓がんの深い関係

日本人の死亡原因第1位であるがんは、糖尿病患者さんに限らず注意が必要な疾患です。なかでもすい臓がんは自覚症状が現れにくく、早期の発見が難しいがんだとされています。じつは、糖尿病患者さんはすい臓がんを発 ...

糖尿病はインフルエンザのリスクにも影響。予防接種で対策を

冬に流行をみせるインフルエンザは、誰にとっても注意しなければいけない症状です。特に、糖尿病患者さんの場合は、その症状のリスクが高いことが知られており、入念な予防が欠かせません。 ワクチンの予防接 ...

動脈硬化対策にウォーキング。継続するメリットとは?

糖尿病患者さんにとって、大きなリスクである動脈硬化。そのリスクを低減する生活習慣の一つがウォーキングをはじめとする有酸素運動です。   今回は、動脈硬化のリスクをおさらいしつつ、人間の脳や感覚、身 ...

命に関わるCKD。積極的なチェックで対策を

近年、CKD(慢性腎臓病)という疾病概念が新たに提唱され、この対策が急務の課題として位置づけられました。腎臓の病気が以前よりも深刻なものと考えられるようになった背景には、糖尿病の合併症である糖尿病性腎 ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP