糖尿病コラム

うそ?ほんと?糖尿病の根拠なきウワサ その1

今や「国民病」とも言われる糖尿病。
他人事とはいえない病気の一つですが、そんな糖尿病にまつわる、医学的な根拠が何もなく一人歩きしてしまっているウワサもあるようです。


今回はそんなウワサをいくつか取り上げていきます。
根拠のないウワサに惑わされず、正しい知識を身に付けていきましょう。


家族や親せきに糖尿病の人はいないので、肥満だけれど糖尿病になることはない?!

間違いです。


糖尿病は、確かに遺伝により罹患率は高まると言われていますが、家族歴がなくても糖尿病になる人はたくさんいます。
肥満や食生活の乱れなども(2型)糖尿病の大きな原因の一つです。


誰でも糖尿病になる可能性はあるので、定期的に健康診断を受けたり、正しい食生活などを心がけることが必要です。


若い人や子どもは、糖尿病にならない?!

間違いです。


糖尿病は年配者の病気のように思われがちですが、若い人や子どもでも生活習慣に起因する2型糖尿病になる可能性はあります。


特に、「ペットボトル症候群」という言葉があるほど、砂糖のたくさん入った清涼飲料水の飲み過ぎなどは、若くても糖尿病の原因に十分なり得るので注意する必要があります。


ちなみに1型糖尿病は、その原因はまだはっきりと分かっていませんが、生活習慣に起因せず、子どもや若い年代での発症が多い病気です。


痩せているので、糖尿病は関係ない?!

間違いです。


自分は痩せているから糖尿病とは関係ない、と思っている方も多いのではないでしょうか。
確かに肥満は糖尿病の原因ですが、痩せている人でも糖尿病にかかることもあります。
痩せていても、内臓脂肪が多かったり、糖尿病の家族歴があるなどのことで糖尿病のリスクは高まります。


また、日本人は欧米人に比べて、インスリンの分泌量が少なく、肥満でなくても糖尿病になりやすいとも言われています。
痩せているので大丈夫とは思わず、定期的な健康診断は欠かさず、普段から食生活になど生活習慣に気を配っていくことが大切です。


甘党ではないから糖尿病にはならない?!

「糖尿病」という言葉の通り、甘いものの摂り過ぎで「尿に糖が出る」ことを糖尿病だと思っている人も多いようですが、それは症状の一つに過ぎず、糖尿病は血糖値が高い状態が続くことによって全身の血管や神経に悪影響を及ぼしていく病気です。


またこの「糖」のことを「砂糖」と勘違いしているケースも多くあるようですが、「糖」は砂糖に限らず、体内でブドウ糖に変わる炭水化物を指します。
あまいお菓子の他にも、ごはん、パン、パスタ、くだもの、いもなどにも多くの炭水化物が含まれています。
またもちろん、せんべいなどの塩辛いお菓子も炭水化物が多く、「甘党だから糖尿病にはならない」というのは完全なる間違いです。


「甘いもの」の限らず、炭水化物の摂り過ぎには注意しましょう。


正しい知識を身に付けて、糖尿病を予防しよう

今回見てきたように、糖尿病は誰にでもかかる可能性のある病気で、特に食生活などの生活習慣がその原因として大きく関わっています。


「家族に糖尿病の人はいないから、若いから、痩せているから、甘党ではないから」自分は大丈夫と思わず、普段から食生活に気を付け、定期的な健康診断をきちんと受けるようにしましょう。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

新着糖尿病レシピ

中華風豆乳鍋

198kcal

5.7g

1g

さつまいものごま団子

99.9kcal

1.5g

0.05g

その他の記事

男性糖尿病患者さんは高確率で経験。EDと糖尿病の関係は?

男性特有の病気であるED(勃起障害)は血糖コントロールと関係しており、男性の糖尿病患者さんは特にリスクが高いと考えられています。 NIDDK(米国国立糖尿病・消化器・腎疾患研究所)が行った調査で ...

乾燥シーズンの到来! 糖尿病と皮膚トラブルの関係は?

空気が乾燥する冬は、暖房器具などの影響も加わり皮膚が乾燥しやすいシーズンです。特に糖尿病患者さんの場合皮膚が乾燥しやすく、皮膚トラブルを起こしやすいので注意が必要だといえます。 今回は、糖尿病と ...

糖尿病が危険因子!? 糖尿病とすい臓がんの深い関係

日本人の死亡原因第1位であるがんは、糖尿病患者さんに限らず注意が必要な疾患です。なかでもすい臓がんは自覚症状が現れにくく、早期の発見が難しいがんだとされています。じつは、糖尿病患者さんはすい臓がんを発 ...

糖尿病はインフルエンザのリスクにも影響。予防接種で対策を

冬に流行をみせるインフルエンザは、誰にとっても注意しなければいけない症状です。特に、糖尿病患者さんの場合は、その症状のリスクが高いことが知られており、入念な予防が欠かせません。 ワクチンの予防接 ...

動脈硬化対策にウォーキング。継続するメリットとは?

糖尿病患者さんにとって、大きなリスクである動脈硬化。そのリスクを低減する生活習慣の一つがウォーキングをはじめとする有酸素運動です。   今回は、動脈硬化のリスクをおさらいしつつ、人間の脳や感覚、身 ...

命に関わるCKD。積極的なチェックで対策を

近年、CKD(慢性腎臓病)という疾病概念が新たに提唱され、この対策が急務の課題として位置づけられました。腎臓の病気が以前よりも深刻なものと考えられるようになった背景には、糖尿病の合併症である糖尿病性腎 ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP