食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

糖尿病で鼻血が出る?血管がもろくなっているかも!

鼻血が出た時の応急処置

糖尿病患者さんが注意したい、なんの前触れもなくおこる鼻血。
慌てずに落ち着いて、以下の対処をしましょう。

(1)体勢は下向き

目線を下に向けて、前かがみになります。
慌てて上を向くというのはついついやりがちではありますが、血液がのどの奥に流れて、吐き気や嘔吐の原因となってしまこともあるので、やめましょう。のどに流れてきた血液は、必ず吐き出します。

(2)脱脂綿を詰める

鼻の穴の大きさに合わせて丸めた脱脂綿に、ワセリンや軟膏を塗り、出血した鼻に詰めます。脱脂綿を何度も取り替えるなどすると、出血部位を刺激してしまうことになるため、1時間程度は詰めたままにします。

ティッシュペーパーを使用する際は、取り出す時に破片がこびりついて、再出血の原因となるため、応急的使用にとどめ、なるべく脱脂綿で止血するようにしましょう。

(3)圧迫する

小鼻の柔らかい所(ギーゼルバッハ部位)を強くつまんで、10~15分程度圧迫し、止血します。

(4)強く鼻をかまない

止血後しばらくは、出血しやすい状態にあるため、5~6時間は強く鼻をかまないようにしましょう。

(5)避けたほうが良いこと

辛い物やチョコレート、コーヒーなど刺激物は避けるようにしましょう。
また、入浴や飲酒も再出血しやすくなるので、控えたほうが良いでしょう。

鼻血は深刻な病気のサインにも

その他の要因としては、糖尿病と直接の関係はありませんが、白血病、血小板減少症、上顎がんなどの鼻周辺部の重大な病気によっても、鼻血の出ることがあります。
小鼻を圧迫しても鼻血が止まらなかったり、頻繁に繰り返すようであれば、医師の診断を受けましょう。

さまざまな原因で生じる鼻血。糖尿病患者さんにとっては、体調管理のうえで注意すべきサインとなることもあります。
医師への相談とともに、血糖値や血圧、コレステロールなどのコントロールがおろそかになっていないか、鼻血をきっかけに生活習慣を見直してみましょう。

1 2 3

糖尿病の放置はNG! 気をつけたい6大合併症とは?
糖尿病の放置はNG! 気をつけたい6大合併症とは?

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖
×BannerBanner