糖尿病の人は、骨粗鬆症になりやすい!?糖尿病と骨粗鬆症の意外な関係

年をとって老化すると、誰でも骨はもろくなる傾向にあり、悪化すると骨粗鬆症(骨粗しょう症)になる恐れがあります。それに加え、糖尿病を患っている場合は、さらに骨粗鬆症を起こしやすくなるということをご存じでしょうか。

ここでは、糖尿病と骨粗鬆症の意外な関係を見ていきましょう。

骨粗鬆症(骨粗しょう症)とは?

まず、骨粗鬆症とはどんな病気なのでしょうか。
健康な人の骨は骨量が多く、密度もしっかりと保たれていて丈夫。一方、骨粗鬆症は何らかの原因によって、骨量が著しく減少して骨がスカスカになってしまう病気です。

この状態では少しの刺激で骨折してしまったり、骨が体の重みでつぶれてしまうこともあります。高齢者が骨折をしてしまうと、寝たきりの原因となり、寿命を縮めてしまうこともあるため、軽視できない病気です。

骨粗鬆症の原因

  • 加齢、遺伝、体質
  • カルシウム・ビタミンD・たんぱく質など骨の形成に関わる栄養素の不足
  • エストロゲン(女性ホルモン)や副甲状腺ホルモンなど、ホルモンのアンバランス
  • 運動不足
  • 原発性副甲状腺機能亢進症やクッシング症候群などの内分泌系の病気
  • 糖尿病、関節リウマチなどの病気

糖尿病患者さんは、骨折リスクが約2倍高い?その原因は?

糖尿病患者さんでは、そうでない人と比べて、骨折リスクが約1.5~2倍ほど高いと言われ、骨粗鬆症にもなりやすいということが分かってきました。
その原因には、次のようなことが挙げられます。

原因1.インスリンの不足

糖尿病は、血糖値を下げるホルモンである「インスリン」の分泌量が低下したり、効きが悪くなることで高血糖状態が続いてしまって起こります。この「インスリン」は、血糖値を下げる働き以外にも、骨を作る「骨芽細胞」を増やすという働きがあります。インスリン分泌が不足している状態では、「骨芽細胞」が増やせず、健康な骨が形成しづらくなるのです。

原因2.骨を形成するミネラルが排出されやすい

糖尿病が進むと尿の量が増えることがありますが、カルシウムやマグネシウム、リンなどのミネラルは尿として排出されやすく、不足がちになります。ミネラルは骨を作ったり、骨にカルシウムを貯蔵する働きがあり、不足すると骨密度が下がり、骨がもろくなりやすくなります。

原因3.「悪玉架橋」が増える

骨のコラーゲンの分子をつなぎ止める「架橋」。「架橋」には「善玉架橋」と「悪玉架橋」があり、糖尿病による高血糖は「悪玉架橋」を増やしてしまいます。「善玉架橋」がコラーゲン繊維を整然とつなぎとめるのに対し、「悪玉架橋」はコラーゲン繊維を無秩序につないでしまいます。その結果、骨が不均等な状態となり、もろく折れやすくなってしまうのです。

大切なことは、血糖コントロール

いかがでしたでしょうか。
意外に知られていない、糖尿病と骨粗鬆症の関係。糖尿病患者さんが骨粗鬆症を防ぐには、まず基本治療である血糖コントロールが肝心です。医師から指導された食事療法や運動療法をきちんと行い、血糖を良好に保ちましょう。

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖