糖尿病コラム

糖尿病の人は、骨粗鬆症になりやすい!?糖尿病と骨粗鬆症の意外な関係

年をとって老化すると、誰でも骨はもろくなる傾向にあり、悪化すると骨粗鬆症(骨粗しょう症)になる恐れがあります。それに加え、糖尿病を患っている場合は、さらに骨粗鬆症を起こしやすくなるということをご存じでしょうか。

ここでは、糖尿病と骨粗鬆症の意外な関係を見ていきましょう。


骨粗鬆症(骨粗しょう症)とは?

まず、骨粗鬆症とはどんな病気なのでしょうか。
健康な人の骨は骨量が多く、密度もしっかりと保たれていて丈夫。一方、骨粗鬆症は何らかの原因によって、骨量が著しく減少して骨がスカスカになってしまう病気です。

この状態では少しの刺激で骨折してしまったり、骨が体の重みでつぶれてしまうこともあります。高齢者が骨折をしてしまうと、寝たきりの原因となり、寿命を縮めてしまうこともあるため、軽視できない病気です。

骨粗鬆症の原因

  • 加齢、遺伝、体質
  • カルシウム・ビタミンD・たんぱく質など骨の形成に関わる栄養素の不足
  • エストロゲン(女性ホルモン)や副甲状腺ホルモンなど、ホルモンのアンバランス
  • 運動不足
  • 原発性副甲状腺機能亢進症やクッシング症候群などの内分泌系の病気
  • 糖尿病、関節リウマチなどの病気

糖尿病患者さんは、骨折リスクが約2倍高い?その原因は?

糖尿病患者さんでは、そうでない人と比べて、骨折リスクが約1.5~2倍ほど高いと言われ、骨粗鬆症にもなりやすいということが分かってきました。
その原因には、次のようなことが挙げられます。


原因1.インスリンの不足

糖尿病は、血糖値を下げるホルモンである「インスリン」の分泌量が低下したり、効きが悪くなることで高血糖状態が続いてしまって起こります。この「インスリン」は、血糖値を下げる働き以外にも、骨を作る「骨芽細胞」を増やすという働きがあります。インスリン分泌が不足している状態では、「骨芽細胞」が増やせず、健康な骨が形成しづらくなるのです。


原因2.骨を形成するミネラルが排出されやすい

糖尿病が進むと尿の量が増えることがありますが、カルシウムやマグネシウム、リンなどのミネラルは尿として排出されやすく、不足がちになります。ミネラルは骨を作ったり、骨にカルシウムを貯蔵する働きがあり、不足すると骨密度が下がり、骨がもろくなりやすくなります。


原因3.「悪玉架橋」が増える

骨のコラーゲンの分子をつなぎ止める「架橋」。「架橋」には「善玉架橋」と「悪玉架橋」があり、糖尿病による高血糖は「悪玉架橋」を増やしてしまいます。「善玉架橋」がコラーゲン繊維を整然とつなぎとめるのに対し、「悪玉架橋」はコラーゲン繊維を無秩序につないでしまいます。その結果、骨が不均等な状態となり、もろく折れやすくなってしまうのです。


大切なことは、血糖コントロール

いかがでしたでしょうか。
意外に知られていない、糖尿病と骨粗鬆症の関係。糖尿病患者さんが骨粗鬆症を防ぐには、まず基本治療である血糖コントロールが肝心です。医師から指導された食事療法や運動療法をきちんと行い、血糖を良好に保ちましょう。



PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

新着糖尿病レシピ

中華風豆乳鍋

198kcal

5.7g

1g

さつまいものごま団子

99.9kcal

1.5g

0.05g

その他の記事

男性糖尿病患者さんは高確率で経験。EDと糖尿病の関係は?

男性特有の病気であるED(勃起障害)は血糖コントロールと関係しており、男性の糖尿病患者さんは特にリスクが高いと考えられています。 NIDDK(米国国立糖尿病・消化器・腎疾患研究所)が行った調査で ...

乾燥シーズンの到来! 糖尿病と皮膚トラブルの関係は?

空気が乾燥する冬は、暖房器具などの影響も加わり皮膚が乾燥しやすいシーズンです。特に糖尿病患者さんの場合皮膚が乾燥しやすく、皮膚トラブルを起こしやすいので注意が必要だといえます。 今回は、糖尿病と ...

糖尿病が危険因子!? 糖尿病とすい臓がんの深い関係

日本人の死亡原因第1位であるがんは、糖尿病患者さんに限らず注意が必要な疾患です。なかでもすい臓がんは自覚症状が現れにくく、早期の発見が難しいがんだとされています。じつは、糖尿病患者さんはすい臓がんを発 ...

糖尿病はインフルエンザのリスクにも影響。予防接種で対策を

冬に流行をみせるインフルエンザは、誰にとっても注意しなければいけない症状です。特に、糖尿病患者さんの場合は、その症状のリスクが高いことが知られており、入念な予防が欠かせません。 ワクチンの予防接 ...

動脈硬化対策にウォーキング。継続するメリットとは?

糖尿病患者さんにとって、大きなリスクである動脈硬化。そのリスクを低減する生活習慣の一つがウォーキングをはじめとする有酸素運動です。   今回は、動脈硬化のリスクをおさらいしつつ、人間の脳や感覚、身 ...

命に関わるCKD。積極的なチェックで対策を

近年、CKD(慢性腎臓病)という疾病概念が新たに提唱され、この対策が急務の課題として位置づけられました。腎臓の病気が以前よりも深刻なものと考えられるようになった背景には、糖尿病の合併症である糖尿病性腎 ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP