糖尿病コラム

糖尿病と飲酒 ~お酒との上手な付き合い方と飲み方の工夫~


お酒の代わりに活用したい飲み物や、飲み方の工夫

日本臨床内科医会「糖尿病性神経障害に関する調査研究」(1997年)によると、糖尿病の方のおよそ1/3の人に飲酒の習慣があると言われています。
参考URL:http://www.dm-net.co.jp/calendar/2006/005078.php


糖尿病の方の飲酒量は、1日あたりビールで350ml缶1本程度とされており、毎日の飲酒が習慣となっている人にとっては厳しい制限と感じるかもしれません。
1日の飲酒許容量のお酒では物足りなさやストレスを感じてしまいがちです。
そこで、お酒の代わりになるような飲み物や、飲み方の工夫などをご紹介したいと思います。

① 炭酸の活用

普段ビールやサワーを愛飲している方にとっては、炭酸の爽快感を好まれる方も多いかと思います。
そこで、炭酸水(甘みの無いもの)を取り入れてみてはいかがでしょうか。
たとえば、炭酸水に梅酢を加えたり、レモンを絞って香りや酸味をつけたものなどはとても爽やかな飲み口で、暑くなるこれからの季節にピッタリです。


② ノンアルコールの赤ワイン

赤ワインには高血圧や動脈硬化を予防する働きがあると言われますが、これはアルコールの効果によるものではなく、赤ワインに含まれるポリフェノールという成分によるものです。
アルコール自体は血圧降下の妨げとなるため、赤ワインよりも、ノンアルコールの赤ワインを飲んだ方が、血圧降下作用は大きいと言われています。
参考URL:http://www.dm-net.co.jp/calendar/2012/018859.php


③ 緑茶やコーヒーの飲用

文部科学省が助成する大規模コホート研究(Japan Collaborative Cohort Study)によると、緑茶やコーヒーに含まれるカフェインが、糖尿病の発症リスクを低下させると発表しています。
この他、緑茶に含まれるカテキンの一種や、コーヒーのクロロゲン酸という成分が、インスリン抵抗性を改善するという効果があると期待されています。つまり、緑茶やコーヒーの飲用、カフェインの摂取が糖尿病の発症を減少させる可能性があることを示唆しています。
特に緑茶は焼酎などの割り物としても活躍し、少量のお酒でも楽しむことができます。
参考URL:http://www.aichi-med-u.ac.jp/jacc/reports/iso3/index.html


④ 糖質オフ・カロリーオフのアルコール飲料やノンアルコール飲料

「糖質オフ」「カロリーオフ」「ノンアルコール飲料」などと銘打った飲料が市販されています。
特にビールや発泡酒などはさまざまな種類が販売されています。
肥満やメタボリックシンドロームを気にする方々の増加を受け、これらの飲料の売り上げは年々増加しているようです。
カロリー制限などがある糖尿病患者さんにおいても、このような飲料を活用するのは賢い手と言えます。

しかし、“オフ”や“ゼロ”と表示されていても、全く含まれないということではありません。
健康増進法に基づく基準では、飲料の場合、100mlあたり糖類が0.5g未満ならば「糖類ゼロ(オフ)」と表示ができます。
また、カロリーが20kcal以下ならば「カロリーオフ」と表示ができます。
また「ノンアルコール飲料」も、糖類もカロリーも控えめのものが主流ですが、成分はさまざまです。成分表示をよく確かめることと、気になる場合は医師や管理栄養士に相談するようにしてください。
参考URL:http://www.dm-net.co.jp/calendar/2010/006829.php


糖尿病とお酒、重要なのは自制心!

糖尿病患者さんは、“原則禁酒”と言われています。それは、アルコールやアルコール飲料が、血糖値のコントロールや糖尿病そのものの進行などに及ぼす影響が大きいためです。
適量であれば飲酒の許可が出ることもありますが、これはさまざまな条件や医師の判断の下というのが大前提です。

飲酒の際には「適量をきちんと守る」という自制心が欠かせませんが、日々の食事療法や運動療法などもきちんと行って、好きなお酒をいつまでを楽しめるようにしたいものですね。

1 2 3

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

その他の記事

脳卒中予防に効果あり! アミノ酸「タウリン」のメリットとは?

全国の都道府県の中でも、香川県は脳卒中による死亡率が低い県だといわれています。その理由の1つとして、香川県民が昔から親しんでいる「タコ」が関係あるという説があります。タコには、アミノ酸の1種で ...

腎症を予防するウォーキングのポイントとは?

糖尿病の三大合併症である腎症の予防のポイントのひとつが、運動療法です。特に、ウォーキングをはじめとした有酸素運動は血糖値の上昇を抑制し、糖尿病腎症の予防の効果が期待できます。今回はその ...

血糖コントロールの悪化が皮膚病を招く。梅雨の注意点を紹介します

雨が多く、じめじめとする梅雨の時期には、多くの問題が発生しやすくなります。この時期に増殖するカビもその1つ。カビはさまざまな場所に繁殖するだけではなく、皮膚につくことで感染症を発症してしまう可 ...

足がつるのは糖尿病性神経障害のサイン? フットケアの重要性を紹介します

日常生活の中で、よく足がつってしまうことはないでしょうか。足がつるのは誰にも起こる現象ですが、糖尿病患者さんでその頻度が高い場合は、神経障害の可能性があります。糖尿病の合併症の1つであ ...

肥満防止だけじゃない! 注目の栄養成分「スルフォラファン」の効能とは?

ブロッコリーなどの野菜に含まれている「スルフォラファン」は、肥満防止やインスリン抵抗性の改善をはじめ、健康上のさまざまな効果があることで注目を集めている栄養成分です。 今回は、そんな「スルフォラファ ...

間食でも野菜の栄養を! 味よし、体によし、野菜を使ったヘルシーなおやつ

野菜の摂取は健康を維持するうえで大切ですが、実際に十分な量を食べ続けるのは難しいものです。そんなときは、おやつとして野菜を食べてみるのはいかがでしょうか。今回は、野菜を使ったヘルシーなおやつをご紹介し ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP