糖尿病コラム

糖尿病と飲酒 ~お酒との上手な付き合い方と飲み方の工夫~


糖尿病とアルコールの関係 ~血糖値に及ぼす影響について~

アルコールには血糖値のコントロールを乱す作用があるため、一般的に糖尿病の方にとって飲酒は良くないとされています。


アルコール自体には血糖値を上昇させる作用はありません。
アルコールは1gあたり7kcalと高カロリーであるにも関わらず、体内で、ブドウ糖に戻ることがないため、アルコールのエネルギーに血糖値を上昇させる力はないのです。
しかし、アルコールそのものが、肝臓内のグリコーゲンのブドウ糖への分解を促進させる作用があるため、飲酒後は一過性ではありますが、血糖値を上昇させてしまいます。(※)

※グリコーゲンとアルコールについて
通常、飲食などで摂取された糖質は、ブドウ糖に分解され、肝臓に運ばれます。
その後、血液を介して全身に運ばれ、エネルギー源になりますが、過剰となったブドウ糖は再び肝臓に吸収されて、グリコーゲンという物質になり肝臓に貯蔵されます。
アルコールを摂取すると、グリコーゲンのブドウ糖への分解を促進させるため、ブドウ糖は再び血液を介し体内を流れ、血糖値が上がるのです。


注意すべきは、お酒(アルコール飲料)には糖質も含むものもあるということです。
その場合、お酒を飲むことで糖質も摂取し、血糖値が上がってしまうのです。
 ※糖質を含むお酒・・・ビール、日本酒、梅酒、ワイン、甘いカクテル
  糖質を含まないお酒・・・焼酎類(芋焼酎、米焼酎など)、スピリッツ(ジン、ウイスキー、ウォッカ、ブランデーなど)、糖質を加えないサワー類(ウーロンハイ、緑茶ハイ、ハイボールなど)


その他、糖質を含まないお酒も含め、お酒そのものの作用ではなくても糖尿病患者さんにとって飲酒が良くないとされる理由は以下のものが挙げられます。


  • おつまみを食べるとカロリーや塩分、糖分の過剰摂取となり、肥満・高血糖を助長する。
  • 飲酒するとラーメンが食べたくなるなど言われるように、食欲が増進されてしまうため、日々の食事量が乱れ、食事療法が良好に行われなくなる。
  • お酒(アルコール飲料)は高カロリーで中性脂肪が高くなりやすい(肥満になりやすい)。
  • 肝機能障害を起こしやすい

一方で、アルコールには低血糖を引き起こすこともあります。
食事を摂ってから長時間経過しているなど空腹時にお酒を飲むと、低血糖になる場合があります。さらにインスリン注射や血糖降下薬などによる薬物治療を行っている場合は、より低血糖を起こしやすくなるため特に注意が必要です。


参考URL:http://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-01-013.html
参考URL:http://www.dm-net.co.jp/calendar/2010/006829.php
参考URL:http://www.club-dm.jp/novocare_smile/town10-1.php


適度な飲酒なら大丈夫?~糖尿病の方の飲酒許容について~

一般的に、糖尿病患者さんにおいては “原則禁酒”と言われていますが、全ての糖尿病患者さんが絶対に飲酒してはいけないというわけではありません。


アルコール摂取が許される条件としては下記のような内容が挙げられます。

  • 食事療法や血糖値のコントロールが良好で安定している
  • 体重の管理が出来ている
  • 糖尿病の合併症や、飲酒制限のある病気を併発していない
  • 高血圧、動脈硬化を併発していても軽度のものである
  • 飲酒量の限度を守る自制心がある

参考URL:http://www.dm-net.co.jp/calendar/2010/006829.php


飲酒許可が出た場合、どのくらいであれば飲酒量なら飲んでも良いのでしょうか。
現在、日本の糖尿病のガイドラインには、糖尿病の方のアルコール摂取量についての具体的な数字は挙げられていませんが、1日あたり160kcal程度であれば許容範囲であると言われています。
参考URL:http://www.dm-net.co.jp/seminar/02/index_5.php#chap6sec2
参考URL:http://www.club-dm.jp/novocare_smile/town10-1.php


一般的なアルコール飲料における目安量は以下のようになります。

  • ビール(350ml 1本):141kcal
  • 発泡酒(350ml 1本):159kcal
  • 清酒(140ml 1合弱):152kcal
  • 焼酎(60ml 1杯) :118kcal
  • ワイン(200ml グラス2杯):146kcal
  • ウィスキー(30ml シングル1杯):68kcal
※日本食品標準成分表 2010より


ビールや発泡酒なら350ml缶で1本、ワインならグラスに2杯、ウィスキーならダブル程度であれば許容範囲であると言えます。
日本酒(清酒)については、1合では160kcalを超えてしまいます。1合弱の140ml程度を守るよう心がけましょう。

ここで注意したい点は、上記のような飲酒条件を満たしている場合にもつい飲み過ぎてしまうという点です。
必ず医師の判断の下、指示された量や種類を守ることが重要です。

1 2 3

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

その他の記事

脳卒中予防に効果あり! アミノ酸「タウリン」のメリットとは?

全国の都道府県の中でも、香川県は脳卒中による死亡率が低い県だといわれています。その理由の1つとして、香川県民が昔から親しんでいる「タコ」が関係あるという説があります。タコには、アミノ酸の1種で ...

腎症を予防するウォーキングのポイントとは?

糖尿病の三大合併症である腎症の予防のポイントのひとつが、運動療法です。特に、ウォーキングをはじめとした有酸素運動は血糖値の上昇を抑制し、糖尿病腎症の予防の効果が期待できます。今回はその ...

血糖コントロールの悪化が皮膚病を招く。梅雨の注意点を紹介します

雨が多く、じめじめとする梅雨の時期には、多くの問題が発生しやすくなります。この時期に増殖するカビもその1つ。カビはさまざまな場所に繁殖するだけではなく、皮膚につくことで感染症を発症してしまう可 ...

足がつるのは糖尿病性神経障害のサイン? フットケアの重要性を紹介します

日常生活の中で、よく足がつってしまうことはないでしょうか。足がつるのは誰にも起こる現象ですが、糖尿病患者さんでその頻度が高い場合は、神経障害の可能性があります。糖尿病の合併症の1つであ ...

肥満防止だけじゃない! 注目の栄養成分「スルフォラファン」の効能とは?

ブロッコリーなどの野菜に含まれている「スルフォラファン」は、肥満防止やインスリン抵抗性の改善をはじめ、健康上のさまざまな効果があることで注目を集めている栄養成分です。 今回は、そんな「スルフォラファ ...

間食でも野菜の栄養を! 味よし、体によし、野菜を使ったヘルシーなおやつ

野菜の摂取は健康を維持するうえで大切ですが、実際に十分な量を食べ続けるのは難しいものです。そんなときは、おやつとして野菜を食べてみるのはいかがでしょうか。今回は、野菜を使ったヘルシーなおやつをご紹介し ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP