食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

【医師監修】糖尿病で起こりやすい「頻尿」。糖尿病と頻尿の関係とは?

年をとると、夜中にトイレに起きるようになるなど、いわゆる「頻尿」の症状を訴える人が増えてきます。
加齢による頻尿は、ホルモン分泌の乱れや、膀胱の機能の低下などによって起こります。

しかし、加齢とは別に、糖尿病が原因で起こる頻尿もあります。

ここでは、糖尿病と頻尿について見ていきたいと思います。

一般的には、1日8回以上の排尿が「頻尿」。

「頻尿」とは、おしっこが近い、おしっこの回数が多いことをいいます。
日本泌尿器科学会によると、一般的に、起床から就寝までの排尿回数が8回以上で頻尿とされています。
しかし、排尿回数は個人差があるため、8回以下だと頻尿ではないとも言い切れず、本人がおしっこの回数が増えていると感じれば頻尿といえます。

糖尿病で頻尿が起こる2つの理由。

糖尿病になると、血糖値が高い状態が続いて、血液がネバネバの状態になります。
私たちの体はこの状態を改善しようと反応し、血液を薄めるべく体内の水分を使うため、やたらと喉が渇くようになります。
そのため水分を大量に摂取し、その結果、頻尿が起こるのです。
これが糖尿病によって頻尿が起こる1つ目の理由です。

2つ目の理由は、糖尿病が進行すると神経にも障害が及びますが、排尿をコントロールしている末梢神経が障害されて、排尿機能が正常に働かなくなることによるものです。
これは「神経因性膀胱」と呼び、頻尿や残尿感といった症状が起こります。

糖尿病における頻尿の予防と治療

糖尿病が原因で起こる頻尿の予防や治療は、いずれの理由にしても「血糖コントロール」です。
糖尿病治療の基本である食事療法や運動療法を続けながら、必要であれば薬物療法も行うこともあります。
糖尿病患者さんで頻尿の症状を感じる場合は、自己判断での治療は避け、まずはかかりつけの医師に相談するようにしましょう。

頻尿は糖尿病のサインかも?!気になる場合は早めに受診を

頻尿の原因はさまざまなものがあり、必ずしも重篤な病気であるとも限りませんが、明らかにおしっこの回数が増えた、水分を過剰摂取しているなどの状態が続く場合には早めに医師の診察を受けるようにしましょう。

糖尿病は「サイレントディジーズ(静かなる病気)」と呼ばれるほど、初期には症状が分かりづらく、気づいたときには進行してしまっていることも多い病気です。
頻尿の他にも、疲労感やのどの渇きなどの症状があれば糖尿病のサインかもしれません。
ささいな体の変化も見逃さないようにしたいものですね。

Photo

第1回 外食について

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

第1回 外食について

Photo

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

BannerBanner

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖
×BannerBanner