食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

糖尿病と関係がある? 「起立性低血圧」について

起立性低血圧を伴う糖尿病患者さんは要注意

中国の首都医科大学で行われた研究では、起立性低血圧を起こしやすい2型糖尿病患者さんは死亡リスクが高く、さらに脳や心臓、血管に関する症状のリスクも高いことが示されました。

この研究では、入院中の2型糖尿病患者さん173人が対象になりました。対象になった患者さんたちを起立性低血圧群61人と起立性低血圧のない群112人にわけた上で、24時間自由行動下血圧測定(ABPM)を行い、退院してから平均で45±10ヶ月間の追跡調査を行いました。

この調査を解析して得られたデータからは、起立性低血圧群の人の死亡率が11.48%であり、起立性低血圧のない群の死亡リスクは2.68%という結果が示されました。

また、起立性低血圧群では心不全や心筋梗塞、脳卒中といった症状の発生率は37.70%、そうではないグループでは8.93%であり、これらの症状の発症リスクにも差があることがわかりました。

さらにこの研究では、起立性低血圧群はそうではない群の人に比べて、夜間に血圧が上昇する「夜間昇圧型(riser型)」の割合が多いこともわかっています。

この研究の結果から、起立性低血圧を伴う2型糖尿病患者さんは血圧の変動パターンがそうではない2型糖尿病患者さんとは異なる傾向が高く、さまざまな重篤症状や死亡のリスクが高いという結論が得られました。この結果によって示されたリスクもまた、糖尿病患者さんが起立性低血圧に注意しなければいけない理由といえるでしょう。

起立性低血圧の根本的な改善方法はまだまだ研究の余地がありますが、充分な睡眠と規則正しい食事、適度な範囲での運動など、生活習慣を改善することである程度は予防できると考えられています。また、高血圧の薬を飲んでいる人は、服用している薬のチェックも必要です。医師に症状を詳しく伝えて、適切な対策を行いましょう。

「立ちくらみ」と聞いて油断する人もいるかもしれませんが、だからといって無関心でいると、深刻な症状を発症してしまうかもしれません。たちくらみが多いと感じる糖尿病患者さんは、かかりつけ医に相談するなどして、早期に対策を行いましょう。

参照・参考
MSDマニュアルプロフェッショナル版│起立性低血圧
Wiley Online Library│Blood pressure circadian rhythms and adverse outcomes in type 2 diabetes patients diagnosed with orthostatic hypotension

Photo

第1回 外食について

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

第1回 外食について

Photo

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

1 2 3

糖尿病の放置はNG! 気をつけたい6大合併症とは?
糖尿病の放置はNG! 気をつけたい6大合併症とは?

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖
×BannerBanner