糖尿病コラム

糖尿病と足のトラブルは切っても切り離せない問題

足は身体の末端にあり、糖尿病による血行不良、神経障害などの合併症を引き起こしやすい部位。
そのため足の皮膚トラブルは糖尿病患者にとって壊死など重篤なリスクに繋がる恐れもあります。
また、巻き爪やたこが原因で糖尿病に治療に不可欠な運動療法が行えない患者さんも少なくありません。
そのため、糖尿病を抱える方は健常者以上に足のケア(フットケア)を大切にしたいところです。

今回はそんな糖尿病のためのフットケアグッズを紹介しましょう。


フットケアにおすすめのグッズを一挙公開!

糖尿病と上手に付き合っていくためには、足をケアするフットケア用品にも気を使いたいものです。
ですが、糖尿病用のフットケア用品はまだまだ品数が少ないのが現状。
そこで、今回は糖尿病におすすめのフットケア用品をいくつかご紹介しましょう。

1) 質実剛健。保湿剤なら「白色ワセリン」

保湿剤として知られるワセリンには、その純度の高い順に「プロペト」「サンホワイト」、「白色ワセリン」、「黄色ワセリン」に分けられ、糖尿病のフットケアには白色ワセリンがおすすめです。
白色ワセリンは「日本薬局方」の基準を満たした第3類医薬品扱いの商品で、酸化防止剤や香料など皮膚の刺激になる物質は一切配合されておらず、デリケートな糖尿病のフットケアに最適。
また、値段が安価なのも毎日のケアに躊躇なく使えるのが嬉しいところです。


2) 靴から足を守る靴下はこれがおすすめ

PROTECT iTソックス

http://solve-online.jp/SHOP/PIS_DP.html

足の形と動きを研究し開発された高機能ソックス。
靴ずれの原因となる足と靴の摩擦や刺激を防ぎ、特殊な素材により通気性をよく、足の感染の原因となる細菌やカビの繁殖を防ぎ、足の様々な障害を防ぐための靴下です。



3) 靴ずれ防止に一役

靴ずれは糖尿病にとって極力避けたい皮膚トラブルのひとつ。
そこでおすすめなのが、靴ずれ防止テープの『ハイドロヒール』です。

http://solve-online.jp/SHOP/HH1.html

ハイドロコロイドでつくられた、靴ずれ防止のためのテープです。
ハイドロコロイドとはゼリー状で粘着性・弾力性が高い成分。
そのため皮膚にピッタリ吸着し、靴との摩れ防止に高い効果を発揮します。


4) 爪切りには糖尿病用ニッパーを使おう

マル靴店
糖尿病用ニッパー

http://www.ashiok.co.jp/index.html


糖尿病やリウマチなど、足のトラブルを避けたい方に最適のニッパー。
通常の爪切りよりも簡単に巻爪や固くなった爪をカットする事ができるほか、刃先が丸くなっているので爪の切りすぎを防ぎ、刃先による傷を与えないつくりになっています。


糖尿病と共に生きるためのフットケア用品選び

糖尿病の治療に合わせ、毎日の習慣にとりいれる事が推奨されているフットケア。
近年、糖尿病認定看護師によるフットケアを行う病院も増えてきました。
足の性質や爪の形は千差万別。
自分に合ったフットケア用品を選ぶためには、まず主治医や糖尿病認定看護師などの専門家にご相談される事をおすすめします。
その上で今回ご紹介したフットケア用品をお試しになってみてはいかがでしょうか?

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

新着糖尿病レシピ

中華風豆乳鍋

198kcal

5.7g

1g

さつまいものごま団子

99.9kcal

1.5g

0.05g

その他の記事

男性糖尿病患者さんは高確率で経験。EDと糖尿病の関係は?

男性特有の病気であるED(勃起障害)は血糖コントロールと関係しており、男性の糖尿病患者さんは特にリスクが高いと考えられています。 NIDDK(米国国立糖尿病・消化器・腎疾患研究所)が行った調査で ...

乾燥シーズンの到来! 糖尿病と皮膚トラブルの関係は?

空気が乾燥する冬は、暖房器具などの影響も加わり皮膚が乾燥しやすいシーズンです。特に糖尿病患者さんの場合皮膚が乾燥しやすく、皮膚トラブルを起こしやすいので注意が必要だといえます。 今回は、糖尿病と ...

糖尿病が危険因子!? 糖尿病とすい臓がんの深い関係

日本人の死亡原因第1位であるがんは、糖尿病患者さんに限らず注意が必要な疾患です。なかでもすい臓がんは自覚症状が現れにくく、早期の発見が難しいがんだとされています。じつは、糖尿病患者さんはすい臓がんを発 ...

糖尿病はインフルエンザのリスクにも影響。予防接種で対策を

冬に流行をみせるインフルエンザは、誰にとっても注意しなければいけない症状です。特に、糖尿病患者さんの場合は、その症状のリスクが高いことが知られており、入念な予防が欠かせません。 ワクチンの予防接 ...

動脈硬化対策にウォーキング。継続するメリットとは?

糖尿病患者さんにとって、大きなリスクである動脈硬化。そのリスクを低減する生活習慣の一つがウォーキングをはじめとする有酸素運動です。   今回は、動脈硬化のリスクをおさらいしつつ、人間の脳や感覚、身 ...

命に関わるCKD。積極的なチェックで対策を

近年、CKD(慢性腎臓病)という疾病概念が新たに提唱され、この対策が急務の課題として位置づけられました。腎臓の病気が以前よりも深刻なものと考えられるようになった背景には、糖尿病の合併症である糖尿病性腎 ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP