糖尿病と認知症の意外な関係。通常の「物忘れ」との違いは?

糖尿病の三大合併症といえば、糖尿病腎症・網膜症・神経障害ですが、最近では「認知症」も合併症の一つとして考えられ始めています。

ここでは、糖尿病と認知症の関係と、認知症の物忘れ・生理的な物忘れとの違い、またそのセルフチェック方法をご紹介します。

「アルツハイマー型」「脳血管型」どちらの認知症リスクも高まる

糖尿病患者さんにおける認知症の発症率は、糖尿病である期間が長いほど高いので、高齢者ほど合併して起こりやすくなります。

認知症には大きく分けて「アルツハイマー型」と「脳血管型」があり、高齢の糖尿病患者さんでは、そうでない高齢者と比べて、「アルツハイマー型」「脳血管型」のどちらの認知症も、リスクが約2倍に高まると言われています。

◎「脳血管型」認知症と糖尿病の関係

糖尿病は高血糖状態が続くことにより、血液がドロドロになり、血管にも負担がかかりやすくなります。
そのため、脳の血管や血流に障害が起こると「脳血管型」の認知症を起こしやすくなります。

◎「アルツハイマー型」認知症と糖尿病の関係

アルツハイマー病の患者さんでは、脳に「βアミロイド」という蛋白質が沈着しますが、この物質が血糖値を下げるホルモンであるインスリンの働きを低下させる(インスリン抵抗性を高める)と言われています。
また、インスリンは「βアミロイド」の分解を助ける働きがあるため、糖尿病によってインスリン分泌が低下している状態では、「βアミロイド」が蓄積しやすく、「アルツハイマー型」の認知症の発症リスクを高めると考えられています。

どんな物忘れが認知症のサイン?

誰しも物忘れをすることはありますが、認知症の症状としての物忘れと、通常の生理的な物忘れには違いがあります。

認知症の物忘れの特徴は、「経験(体験)ごと忘れてしまう」「物忘れの自覚がない」といったことがあります。
たとえば、「書類をしまった場所が思い出せない」場合であれば、健康な人の場合は「書類をしまった」こと自体は覚えています。
しかし、認知症の場合には、書類をしまったという経験そのものを思い出せず、時には「書類がなくなった、盗まれた」などと思い違いをしてしまうこともあります。

また、認知症の場合は病気が進行して、物忘れがひどくなり、次第に理解力や判断力にまで影響が及んでくるのも特徴です。

もしかして認知症?セルフチェックをしてみよう

認知症が気になる場合には、下のURLでセルフチェックをしてみましょう。
本人だけではなく、周りの家族の方などが症状を確認するのにも役立ちます。

◎メンタルナビ
http://www.mental-navi.net/ninchisho/check/index.html

糖尿病も認知症も早い段階での治療が肝心!

糖尿病も認知症も、初期症状に乏しく、明らかな症状が出てきたときには病気がすでに進行してしまっているということも多い病気です。
しかし早い段階で見つけることができれば、症状を食い止めたり、進行を遅らせることができます。

定期的な健康診断を欠かさずに受け、気になることがあれば早めに医師に相談するようにしましょう。

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖