食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

【医師監修】知っておけば安心!糖尿病の薬物療法や副作用のお話

糖尿病で薬物治療を開始するとなれば、気になるのは副作用ではないでしょうか。最近は糖尿病の新薬も続々と発売されています。

そこで今回は糖尿病の薬物療法とはどんなものなのか、また糖尿病の薬の副作用にはどんなものがあるのかをご紹介します。

糖尿病の薬物療法開始のタイミングは?

2型糖尿病治療の基本は、食事療法と運動療法。しかし、それだけでは血糖コントロールが不十分と医師から判断されたときには、薬物療法が開始されます。

糖尿病の薬物療法は、経口血糖降下薬の服用とインスリン療法の大きく2種類に分けられます。

⑴経口血糖降下薬による薬物療法

糖尿病の薬で血糖値を下げる作用のある飲み薬を「経口血糖降下薬」と呼びます。経口血糖降下薬といってもさまざまな種類があり、膵臓に働きかけたり、小腸において酵素の働きを抑えたりと、薬の作用する部位や効果には少しずつ違いがあるため、患者さん一人一人の病態に合った薬が選択されます。

⑵インスリン注射による薬物療法

インスリンは膵臓で作られるホルモンで、血糖値を下げる働きがあります。糖尿病患者さんは、インスリンの分泌量が少なかったり、インスリンの効き目が悪かったりするため、インスリンを注射で体内に補充することで血糖値を下げます。

昔の薬物療法は、経口血糖降下薬の服用がメインで、糖尿病が悪化した場合にインスリン注射による治療が追加されていましたが、最近では比較的早い段階で経口血糖降下薬と並行してインスリン療法を開始するケースがあります。インスリン療法は、注射を打つことによる患者さんの体の負担や、低血糖などの副作用の問題もありますが、インスリン療法の追加によって効率的に血糖値を下げることができるため、正しく使用することで、インスリンの過剰分泌で疲弊している膵臓を休ませることができ、結果的に膵臓を長持ちさせることができるのです。

経口糖尿病治療薬の種類と副作用

経口血糖降下薬にはたくさんの薬がありますが、作用によって大きく3つに分けることができます。薬の作用別に、薬の種類や副作用について見てみましょう。

(1)インスリン抵抗性を改善する作用のある経口血糖降下薬

代表的な薬の種類:ビグアナイド系薬、チアゾリン系薬

作用:インスリンの効き目(感受性)を改善し、血糖値を抑える

副作用:低血糖、体重増加

これらの薬はインスリンを分泌する作用はないため、SU薬よりも低血糖や体重増加などの副作用は起こりにくいとされていますが、低血糖症状が起こる可能性は否定できないため注意が必要です。

(2)インスリン分泌促進作用のある経口血糖降下薬

■SU薬

作用:膵臓を刺激しインスリン分泌を促し血糖値を下げる

副作用:低血糖、体重増加

SU薬の代表的な副作用として低血糖、体重増加が挙げられます。低血糖症状(動悸、ふるえ、発汗など)が起きる原因は患者さんの状況によりさまざまですが、薬を服用していることに加え、食事量が少なすぎた、運動量が多すぎたなどの原因によるものとされています。また、インスリン分泌促進作用により、効率良くブドウ糖を細胞に取り込むことができるため、副作用として体重が増加することがあります。

■DPP-4阻害薬

作用:インスリンの分泌を促すホルモン(インクレチン)の分解を抑制することで血糖値を下げる

副作用:低血糖

インクレチンが高血糖時にしか分泌されず、インスリンが余分に分泌されることはないため、DPP-4阻害薬はSU薬に比べて、低血糖や体重増加などの副作用が起こりにくいとされています。しかし、SU薬などと併用する場合にはこれらの副作用に注意が必要です。

(3)尿への糖の排泄を促進する経口血糖降下薬

■SGLT2阻害薬

作用:腎臓でのブドウ糖の再吸収を抑制し、尿糖排泄を促進することで血糖値を下げる

副作用:頻尿、多尿、低血糖

SGLT2阻害薬もDPP-4阻害薬と同様にインスリン分泌に直接作用しないで血糖値を下げるため、低血糖の副作用は起こりにくいとされています。

(4)食後高血糖を改善する作用のある経口血糖降下薬

代表的な薬の種類:αグルコシダーゼ阻害薬

作用:消化酵素の働きを抑え、糖の吸収を遅らせることで食後の血糖上昇を抑える

副作用:お腹の張り、下痢、おならの増加

薬の作用によって腸からの吸収が遅れるため、お腹の中で糖が発酵することが原因で起こる副作用です。

これらの経口血糖降下薬をどのように選択し使用するかは、薬の特性や副作用、そして  患者さんの状態によって変わりますので医師の説明や指示をよく守るようにしましょう。

最新ニュースより ~気になる新薬の副作用~

近年、2型糖尿病治療薬として、経口血糖降下薬が新薬として続々と開発されています。効果的に血糖値を下げることができる反面、まだ知られていない副作用もニュースで話題となっていますのでいくつかご紹介しましょう。

⑴SGLT2阻害薬で脱水症状や脳梗塞のリスク

日本糖尿病学会の「SGLT2阻害薬の適正使用に関する委員会」の報告によると、発売後3ヶ月で重度の脱水が15例、脳梗塞が12例報告されています。(SGLT2阻害薬の適正使用に関する委員会より(2014/08/29))

脳梗塞は、脱水が進行したために体液量が減少することなどが原因で起こります。内臓機能の低下している高齢者以外にも起こりうる副作用として注意喚起されています。

⑵DPP-4阻害薬「テネリグリプチン」で肝機能障害や間質性肺炎の副作用

直近3年で肝機能障害と間質性肺炎関連の副作用症例が6例ずつ報告されたことから、医薬品添付文書の「使用上の注意」の改定、追記を行うとしました。(医薬品医療機器総合機構発表(2014/10/21))

近年発売された糖尿病の経口血糖降下薬は、従来品と比較し、低血糖などの副作用が少ないというメリットがあります。しかし、発売したばかりのため、副作用の頻度や程度がはっきりわかっていない部分もありますので、体調の変化など普段と違うと感じた場合はすぐに医師に指示をあおぐようにしましょう。また、高齢者の場合は各臓器の機能が低下しており、副作用が現れやすいため特に注意が必要です。いずれにせよ、治療薬について少しでも疑問があれば、積極的に医師に尋ねるようにしましょう。

副作用についての知識と対処法を身につけよう

糖尿病の治療の基本は食事療法と運動療法。薬物療法を開始したとしても基本の治療はきちんと継続して行う必要があります。薬物療法を開始したときには、用法・用量を守り正しく服用すること、飲み忘れに注意すること、そして薬の副作用の知識やそれに対する対処法(たとえば低血糖に備えてブドウ糖や砂糖を携帯するなど)を知り、備えておくことが大切です。

また、血糖コントロールが上手くいっているからといって自己判断で薬の服用を中止しないようにしましょう。薬の副作用が出た場合も、それ以降の服用を勝手に中断せず、すみやかに医師に相談し、アドバイスを受けるようにしましょう。

参考文献

糖尿病治療ガイド2014−2015(日本糖尿病学会 編・著)

Photo

第1回 外食について

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

第1回 外食について

Photo

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

BannerBanner

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖
×BannerBanner